TOP > 薬物依存

薬物依存に陥る前に

あまり日本では話題になりませんが、アメリカなどではよく自助グループなどもあるくらい、薬物依存というのはメジャーなものとなっています。

薬物依存は一部の人だけという思いがあったかもしれませんが、身近なところに危険性は潜んでいます。

・日常に潜む落とし穴
薬物依存症は市販薬でもなり得る…最も注意したい薬は?

薬物依存とは

薬物依存もしくは薬物依存症と言われるものは何らかの薬物を摂取し、その薬物の効果が切れた際に薬物を更に欲しくなるというような症状を起こすものを指します。

薬物依存になってしまえば、最初に摂取した薬物以上に摂取をしないと効能が得られないなど、耐性ができてしまいます。

そうして必要以上に摂取すると薬物依存が原因で、死に至ることもあります。致死量以上の薬物を投与してしまうこともあるため、非常に危険な症状です。

アメリカやロシアなどでは社会問題としても取り上げられていますが日本では比較的表立った動きはありません。

ですが現在では脱法ハーブを始めとして、たくさんの類似薬物というものが手に入りやすい状況になっています。

インターネットで買えたり、町中で簡単に手に入ったりするのです。これらの脱法ハーブなど、昔に比べると非常に薬物依存は身近になっているといえるでしょう。

薬物依存から社会復帰

薬物依存になってしまえば自分自身の力だけでは社会復帰することは難しいでしょう。

またいきなり薬物を断ってしまえば、それで復帰できるようなものではありません。医師の指導の下、適切に薬物依存から復帰していく必要があります。

また同じように薬物依存だった人たちと会話を交わすことで、自分自身を見つめなおすことが出来ます。

自助グループと呼ばれるもので、これはアメリカではよく使われている手法です。日本にはまだ少ないですが活用していくといいでしょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る