TOP > > 手術が必要になる場合も?その症状は眼瞼下垂かどうかチェックしよう

手術が必要になる場合も?その症状は眼瞼下垂かどうかチェックしよう

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

眼瞼下垂という、まぶたの病気があります。数年前に外国の大統領がこの病気の治療のため二重まぶたにする手術を受けたというニュースを記憶しておられる方もいるかと思います。

眼瞼下垂というのは先天的な理由、または後天的な理由によってまぶたの筋肉がゆるみ、まぶたが垂れ下がって来る病気です。目を覆うので物が見えにくくなる、目つきが悪いように見られる、といった症状が起こるようになります。

また、目だけの問題でなく体にも影響を与える病気です。症状が重い場合には手術での治療も必要となり、気付いたら早めの受診がのぞましいです。

眼瞼下垂のセルフチェック

眼瞼下垂は原因によって片側、両方のまぶたに起こります。片側に起こった場合には発見しやすいのですが、両方のまぶたに軽い眼瞼下垂が起こった場合には気付きにくい事もあります。セルフチェックによって眼瞼下垂の可能性がないか調べてみましょう。

  • まぶたが下がってきた(黒目が隠れる)
  • 目が細くなる
  • まぶたが重く感じる
  • 目を見開くと額にしわができる
  • 頭痛・肩こり
  • 不眠症
  • うつ
  • 自律神経失調症
  • 腰痛

眼瞼下垂になると眉毛を上げて無理矢理目を開こうとする力が筋肉に加わり、顔からつながっている頭、肩、腰などの筋肉にも負担をかけてしまいます。また自律神経のバランスを崩すので、うつや自律神経失調症など心身の症状も引き起こす事があるのです。

目を開ける時に重さを感じたり額に力が入る、眉毛の下のまぶたを軽く持ち上げると肩こりが楽になる、といった人も眼瞼下垂の疑いがあります。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因には先天的な理由と、次のような後天的な理由があげられます。

  • 加齢による筋力低下
  • 目の病気(白内障・緑内障など)
  • 目の手術
  • 神経の異常(脳の病気など)
  • 生活習慣の影響

眼瞼下垂は加齢で起こりやすい病気ですが、近年は生活習慣の原因によって若い人にも増えています。最も多いのがコンタクトレンズの長期使用です。また、パソコンを長時間使用する人、まぶたをよくこする人、アイメイクをする人も眼瞼下垂を起こしやすくなります。

眼瞼下垂が疑われる場合には

眼瞼下垂が疑われる場合には眼科を受診して検査を受けてください。眼瞼下垂の原因はたくさんあるので、まず原因を発見して必要に応じてその原因を取り除く治療を行います。

眼瞼下垂が重症になると視野が狭くなったり視力に影響が出るために、物にぶつかったり転びやすくなるなど生活に支障が出るようになります。治療が必要な場合にはまぶたを切開する、引き上げるなどの手術が行われます。

これから眼瞼下垂にならないようにするには?

若い人がこれから眼瞼下垂にならないようにするにはどのような事に気をつけたら良いのでしょうか。

眼瞼下垂は、まぶたの裏にあるミュラー筋という筋肉がダメージを受ける事で起こります。ミュラー筋が弱くなってしまうとまぶたがたるんでしまうのです。

ミュラー筋のダメージの原因になるのがまぶたの負担です。日常生活ではまぶたに負担をかけないように気をつける事が大切です。特にコンタクトレンズやパソコンを長時間使う人は、まぶたをこすらないように気をつけます。

上向きに物を見るとまぶたに負担がかかります。パソコンや手作業をする時はあごをひいて目線を下げるようにします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る