TOP > > 雑穀がもたらす驚くべき健康効果とは?雑穀をすすめる理由

雑穀がもたらす驚くべき健康効果とは?雑穀をすすめる理由

もしも今目の前に、雑穀米と白米があったら、あなたはどちらを選びますか?イメージとしては白米は高級で、雑穀は言葉は悪いですが貧乏臭いと感じる人も多いと思います。昔は白米と言えば今よりも高級品でしたから、白米を食べられるのはごく一部の人だけでした。

一般家庭の人は入手しやすい、粟、キビ、ハトムギ、ひえ、大麦、玄米を普通に食べていました。これらは雑穀と呼ばれるのであまりいいイメージではありませんが、実は白米よりも栄養価が高く、栄養バランスにも優れているのをご存知でしたか?

雑穀米が持つ驚くべき効果

白米は玄米を精米しているものです。精米した後には糠ができますが、糠にはビタミンやミネラルが豊富なので捨ててしまうのはもったいないのです。これを使ってぬか漬けを考えた人は本当にすごいと思います。

白米は味だけで考えると食べやすくて美味しいのですが、栄養という点で考えるとほとんど栄養はありません。最近は、美容や健康にいいことが分かってきたので、あえて白米ではなく玄米を食べる人も増えていますね。

玄米にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますし、食物繊維も豊富です。ただし若干硬く食べにくさがあるので、白米と混ぜて炊くのも人気です。玄米100%でもいいのですが、よく噛む必要があります。

しっかり噛むと甘味が出てくるので、玄米本来の美味しさも味わえます。たくさん噛むので満腹中枢も適度に刺激され食べ過ぎを防げるので、ダイエットに玄米を取り入れるのも人気となっています。

玄米も雑穀の一種ですが、他にも粟、キビ、ハトムギ、ひえ、大麦などをブレンドした雑穀米にすると、さらに栄養価も高くなりますし、風味も豊かになります。さまざまな雑穀をブレンドする事で、鉄分やカルシウムなど女性に不足しがちな成分も補えます。

今はお米屋さんでオリジナルブレンドの雑穀米を販売したり、自分で好みのブレンドを作れるところなども増えています。雑穀は種類によって色も微妙に違いますので、ブレンドする事で色彩も豊かになります。

野菜のように赤や緑といった鮮やかな色ではありませんが、混ぜご飯のように見た目も楽しめます。このように様々なメリットがあるので、今粗食が注目されているのです。

雑穀を美味しく食べる方法

今まで白米を食べていた人が急に雑穀米に切り替えてしまうと、消化が悪くお腹を壊すこともあります。最初は白米を7くらいにして、残りの3割を雑穀米というように混ぜて炊くのがおすすめです。

いろいろな割合を試しながら自分の好みを見つけてもいいですし、最終的に100%雑穀米にしてもいいですね。最初は噛みにくい、硬いと感じると思いますが、噛めば噛むほど甘味が出てくるので、意識して噛んでみましょう。

今まで白米だけを食べていた人は、雑穀米の甘味や風味を強く感じられるのでご飯だけでも美味しく感じるはずです。白米よりも雑穀米の方は、栄養価も栄養バランスも優れていますが、ここにトロロをプラスすると食べやすくなりますし、ヘルシーなのにスタミナも付きますし、生活習慣病予防など嬉しい健康効果もアップします。

雑穀にも種類があると言いましたが、黒米や赤米にはポリフェノールやアントシアニンも豊富に含まれるので、黒米や赤米が入っている雑穀米もオススメです。アンチエイジング作用や、骨を丈夫にする作用など美容にも健康維持にも役立つので、女性には特にオススメです。

米ぬかで漬けた漬物とも相性抜群ですし、旨味成分豊富なシイタケやごぼう、ビタミンBが豊富な豚肉などを入れた炊き込みご飯も美味しいですよ。硬さに抵抗がある人は、雑炊やお粥にしてもいいですね。雑穀米にもいろいろな食べ方があるので、自分好みの食べ方を見つけてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る