TOP > > 2ヶ月間お試しを…ヨーグルトが血圧を下げる理由と選び方

2ヶ月間お試しを…ヨーグルトが血圧を下げる理由と選び方

おいしくて健康のために良いヨーグルト。その健康効果については「お腹の調子を整える」ことがよく知られていますが、生活習慣病を防ぐ効果があることも分かってきました。高血圧対策にもヨーグルトがおすすめです。なぜヨーグルトが高血圧に良いのか、またどんな種類のヨーグルトを食べれば効果が出るのかについて説明したいと思います。

血圧を下げるプロバイオテクス

米国心臓病学会が、プロバイオテクスを継続して摂取すると、血圧を下げる効果が得られることを発表しました。プロバイオテクスとは、腸内細菌叢(腸内にすみつく腸内細菌のかたまり、腸内フローラとも言う)のバランスを改善する微生物のこと。

つまり私達の体を健康にしてくれる善玉菌です。今回の発表では、高血圧の人達がプロバイオテクスを継続して摂取したところ、最高血圧と最低血圧の数値が低くなるという結果が公開されました。また8週間以上継続して摂取することで効果が得られ、1種類より複数の製品を摂取したほうが効果の高いことも発表されました。

プロバイオテクスは発酵食品に含まれている乳酸菌で、たくさんの種類が存在しています。特にヨーグルトにプロバイオテクスが多く使われています。私達が高血圧対策のためにプロバイオテクスを摂取するならば、プロバイオテクス入りのヨーグルトなどを2ヶ月間以上食べてみると良いということですね。

またその際にはパッケージの表示を見て、プロバイオテクスの種類が複数摂取できるように、ヨーグルトを選んでいくのが効果的だといえます。血圧を下げる効果を実証するにはさらに詳しい研究が必要な段階のようですが、ヨーグルトを食べるだけで良いなら気軽に試してみたいですよね。

プロバイオテクスが血圧を下げる理由

ではなぜプロバイオテクスに血圧を下げる作用があるのでしょう。これはプロバイオテクスに、ステロイドホルモンや副腎皮質ホルモンのバランスを調整する効果があるためとされています。また血管を収縮させて血圧を上げるアンジオテンシンというホルモンを抑制する作用によって、血圧が上がるのを防いでいるとも考えられています。

効率良く腸内細菌叢のバランスを改善するには

早速スーパーに行って、プロバイオテクス入りのヨーグルトや乳製品をチェックしてみましょう。効率良く腸内細菌叢のバランスを改善することが、血圧を下げる効果を高めます。プロバイオテクスは漬物や納豆にも含まれているので、ヨーグルトや乳製品と併せて毎日食べ続けると、複数のプロバイオテクスが摂取でき、血圧下げる効果が高まるでしょう。

また善玉菌のエサはオリゴ糖や食物繊維なので、ごぼう、大豆、ハチミツ、きのこ類、タマネギなどを摂取すると、善玉菌が増えて腸内細菌叢のバランスが良くなります。ちなみにどんなヨーグルトでも良いわけではありません。中にはプロバイオテクスが入っていない製品もあるので、店頭でよく確認して選ぶようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る