TOP > > 米ではトランス脂肪酸が使用禁止に!日本ではマーガリンを食べて大丈夫?

米ではトランス脂肪酸が使用禁止に!日本ではマーガリンを食べて大丈夫?

トランス脂肪酸とは?

脂肪と聞いただけで体に良くないというイメージを持つ人が多いかもしれません。食べ過ぎると肥満になるからでしょう。しかし食品に含まれる脂肪は生命の維持に欠かせない成分でもあり、体に必要な量は補給しなければなりません。また、種類によってはむしろ積極的に摂りたいものもあります。

体に良くないとして世間でかなり悪者扱いされているのが「トランス脂肪酸」です。トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で、悪玉コレステロールを増やすとされています。

マーガリン、ショートニング、一部の揚げ油などに多く含まれています。牛やヤギの肉や乳にも少量含まれています。

日本人は食べても大丈夫?

日本でもここ数年でトランス脂肪酸の使用を低減している食品メーカーも増えてきましたが、海外では厳しい規制をもうけている国もいくつかあります。アメリカでは使用禁止になっている州もあります。

マーガリンは私達の食卓に非常になじみの深い食品ですし、ショートニングはお菓子やパンの材料に使われます。通常の生活で市販の加工食品を食べている私達は、トランス脂肪酸を少しずつ取り込んでいる事も予想されます。

外国では規制されているのに、日本人の私達はトランス脂肪酸を食べてしまっても大丈夫なのでしょうか?

食べ過ぎなければ、日本人があまり神経質にトランス脂肪酸を避ける必要はないと考えられています。欧米でトランス脂肪酸が規制されるのは、動脈硬化などによる虚血性心疾患のリスクを高めるとされているからです。

ただし発症にはトランス脂肪酸だけが犯人というわけではなく、人種、全体の食生活といった要因も絡みます。欧米人とは体質や食文化の異なる日本人の場合、トランス脂肪酸を摂取してもリスクはそれほど高くないという事が分かっています。

しかし、トランス脂肪酸が体に良くない事には変わりがありません。どのような食品に含まれており、何を食べれば安全なのかという事は理解しておくのがのぞましいでしょう。

なぜトランス脂肪酸が使われるの?

マーガリン、ショートニングは、天然の植物油を原料に水素を添加して固形化させた「硬化油」にあたります。パン、お菓子を製造する際には液体の油ではなく固形の油脂が必要となるので、バター、ラード、硬化油が材料に用いられます。

硬化油を用いて製造すると、サクサクとした軽い食感が生まれたり、油っぽさが感じられにくくなるメリットがあります。おいしいパンやお菓子を製造するためには硬化油の存在が欠かせなかったのです。

また、揚げ油に硬化油を混ぜるとフライがカリッと揚がり、時間が経ってもサクサク感を保つ作用があるために、ファーストフードでも使われてきました。

おいしさを求めるにはトランス脂肪酸が必要・・・だったのかもしれません。ですが最近は企業の努力でトランス脂肪酸の含有量はかなり低減されてきたようです。

どのような食品を選べば良いのか

ちなみにWHOではトランス脂肪酸の1日あたりの摂取を摂取カロリーの1%以下に推奨していますが、欧米人の食生活では軽く1%を超えているのに対し、日本人は1%以下をクリアしています。

ですからトランス脂肪酸が含まれているかどうかばかりを追究するのではなく、栄養バランスがとれていて日本人に合った食事を摂るようにするのが良いと考えます。

家庭の食卓では

  • マーガリンの使用をやめてバターやオリーブオイルを使う
  • ファーストフード、スナック菓子、スイーツを食べ過ぎない
  • トランス脂肪酸が気になるようなら食品メーカーの情報開示を調べて、安心できるメーカーの製品を選ぶようにする

といった工夫を加えれば安心なのではないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る