TOP > > 毎食にたまねぎを加えて血液さらさらに!簡単たまねぎ活用術

毎食にたまねぎを加えて血液さらさらに!簡単たまねぎ活用術

たまねぎにはどんな効果があるの?

普段口にすることがおおい「たまねぎ」こらからの季節バーベキューなどでも欠かせない食材になっています。ではたまねぎにはどんな効果があるのでしょう?

まず一つ目に血液をサラサラにしてくれる効果があります。これにはたまねぎが持つ硫化アリルという成分が働いてくれます。この硫化アリルは血液が固まるのを抑えてくれたり、悪玉コレステロールを減らす効果があるといわれています。

二つ目にダイエットの効果があります。たまねぎには硫化アリルのほかに脂肪を燃焼させやすくしてくれるケルセチンと言う成分が含まれています。このケルセチンは体の中の悪いものと結合し燃焼させてくれたり、酵素に働きかけるといった効果があります。

このようにたまねぎには血液サラサラ効果、ダイエット効果など様々な利点がありますので毎日摂ることをおすすめします。

たまねぎの効果的な食べ方

本来は生のまま食べると成分が流失せずに摂取できるのですが、流石に生では辛くて食べられません。水につける事で辛味は抑えられますが、効率のよいたまねぎの摂取方法はやはり加熱処理です。普通に加熱してもいいのですが出来るのであればなるべく火を通しすぎないことがベストです。

加熱をしすぎることで成分が無くなり効果が薄れてしまう事があります。出来る限り辛味が無くなったらすぐに火を止めてください。加減としてはあまり「しなしな」にならない程度、たまねぎのシャリシャリの感じが少し残るぐらいが丁度良いでしょう。

1日どのくらい食べればいいの?

たまねぎの摂取量の目安は1日1個ほどです。昼のお弁当に入れたり、夕食に野菜炒めに使えば食べられない量ではないと思います。たまねぎはみじん切りにしたり、ミキサーで細かくしてドレッシングに使ったりと幅広く」扱えるのでいろいろな方法で摂取してみてはいかがですか?

1日1個はあくまで目安ですので半分でもいいと思いますが、毎日続けることが大事になってきます。皆さんも1日1個のたまねぎで血液サラサラになりませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る