TOP > > 正月太りは言い訳?肥満を防ぐ年末年始の過ごし方のポイント

正月太りは言い訳?肥満を防ぐ年末年始の過ごし方のポイント

正月太りという嬉しくないオマケ

一年をおさめ、気持ちも新たに次の年を迎える年末年始というのは、一年の中で最も特別な思いを持って過ごす時期といえます。家族や親戚で集まり、お正月には年明けをお祝いしてご馳走を食べたり飲んだりすることが多いでしょうか。お正月というのは良いものですね。

楽しいお正月が終わっていつもの日常生活に戻る頃、体重を測ると増えていたり、ウェストのベルトがきつくなっていてショック!といった経験がありませんか。俗に言う「正月太り」ですね。

年末年始の過ごし方を振り返ってみると、太るような過ごし方をしてしまったことはおそらく想像がつくはずです。食べ過ぎ、飲み過ぎ、寝正月・・・よくあるお正月の過ごし方かもしれません。

「正月とはこういうものだ」「正月くらいいいだろう」「付き合いだから」といった理由から正月太りは避けて通れないと思う人が多いのではないでしょうか。

実はちょっと工夫すれば正月太りを防ぎながら楽しく過ごすことも可能になるのです。こころも体もスッキリした一年をスタートさせるために、どうすれば正月太りしないのか考えてみませんか。

正月太りの原因

正月太りというのは、いくつかの太りやすい原因が積み重なっているために起こりやすいことが分かります。

ご馳走を食べる機会が多い

年末年始は食事会や飲み会の機会が増える時期で、カロリーもオーバーしがちです。付き合いのために、食べたくなくても食べなくてはならない時もあります。

ご馳走を食べ過ぎてしまう

年末年始のご馳走で多いのがオードブル、おせち料理、鍋、焼き肉、寿司などです。普段食べないようなご馳走が出されると食べないわけにはいきませんよね。

飲み過ぎてしまう

親戚の集まりや飲み会でアルコールを飲む機会が多くなります。新年でおめでたいからとついついお酒の勢いがつきがちです。アルコールはカロリーの高いものが多いので飲み過ぎると太ります。

おせちに飽きたらカレー?

おせちや餅を食べ続けていると飽きて別のものが食べたくなることがあります。たいていカレーライスやハンバーガーといった高カロリーな食べ物。おせちの反動で高カロリーなものを衝動食いしてしまったら太ってしまいます。

寝正月

普段多忙なので正月休みくらいは自宅でゆっくり過ごしたいという人も多いようです。テレビを見ながら一日中家でゴロゴロするのは気持ちがいいものですが、運動不足になってしまいます。

寒いので外出しない

寒いので外出するのが億劫になる時期です。温かい部屋にこもってじっとして過ごすほうが楽ですが、カロリー消費できません。

忙しいので運動できない

正月は帰省や正月行事などでいつもの生活パターンと異なる過ごし方をしなければなりません。普段は毎日運動をしていた人でも、年末年始は運動する暇がなくなり太る場合があります。

肥満を防ぐ年末年始の過ごし方のポイント

それでは年末年始はどのようなことに気をつけて過ごせば正月太りを防ぐことができるのでしょうか。肥満というのは摂取カロリーが消費カロリーを上回るために起こるので、食事と過ごし方を工夫する必要があります。

おせちの食べ方

おせちの中ではカロリーや脂肪分が低いものを食べるようにしたいものです。例えばなます、田作り、かまぼこ、酢レンコン、かずのこは低カロリーです。逆にぶりの照り焼き、煮しめ、栗きんとんは意外に高カロリーです。

餅を食べ過ぎない

餅は食べやすいので一度に何個でも食べられますが、そのカロリーは餅1個=茶碗1杯のごはん相当なので、炭水化物の摂り過ぎになってしまいます。一度に2個くらいまでにして、野菜や汁のおかずを増やすとよいでしょう。

お酒のつまみを選ぶ

飲み会や親戚の集まりでアルコールを飲む時、一緒に出されるおつまみには高カロリーなものが多いので注意する必要があります。揚げ物は衣の油吸収率が高いために高カロリーです。揚げ物以外のおつまみを選ぶようにしましょう。

なるべくこまめに体を動かす

どうしても正月休みはダラダラしがちです。日常生活の動作をきびきびすることでこまめに脂肪を燃焼させていきます。ちょっとした家事や用事を作ってなるべく体を動かすようにしましょう。

休みを利用してお出かけを

せっかくのお休みなのでどこかにお出かけするのも家でゴロゴロを防ぎます。初詣やデパートの初売りはお正月ならではのイベントです。お正月を楽しみましょう。

夜更かしをしない

年末年始はどうしても夜更かししがちです。夜更かしはダラダラ食いのもとで太りやすくなります。特別な時期でも規則正しい生活を送りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る