TOP > > 秋は何故お腹が減るの?食欲に隠された驚きの体のメカニズム!

秋は何故お腹が減るの?食欲に隠された驚きの体のメカニズム!

秋は食欲が増す季節

秋と言えば、皆さんはどんな季節だと思いますか?読書の秋や芸術の秋など、趣味に関するものを挙げていく人も多いですが、一番平均して多いといえば、ある事に関わってきます。

それは『食欲の秋』ですね。食欲というのはどんな人間にも共通して存在していますが、秋はこれが特に強くなると言われています。実際、秋になって食欲が増してしまい、ついつい太ってしまった・・・と悩む人がとても多いです。

しかし不思議なのは「何故季節によって食欲が変わるの?」という事ですよね。秋という季節は過ごしやすい季節ではありますが、それだけでは食欲に繋がるメカニズム解析には至らないと思います。

そこで何故人間は秋になると食欲が増すのか、体の働きから調べてみました。食欲というのは健康維持の為のバロメーターなので、気になる方は是非とも参考にしてみて下さい。

実は気温が食欲を操作している?

最初に気温だけでは・・・と書きましたが、実はその気温も食欲に関係しています。ただ単に気温というだけでは説明にならないのですが、その細かい体の働きを見てみると、非常に興味深い仕組みがあったのです。

まず人間の体というのは、寒い方が基礎代謝がアップするようになっています。一見して汗をかく夏の方が代謝が強そうに見えるのですが、それは逆だったのです。

熱を生み出すにはエネルギーが必要になるのは力学の観点からも通ずるものがあるのですが、人間の体もそれは同じでして、生きる為の体温を保持する為にはエネルギーが必要になります。そして寒い方が外気温の関係で熱が下がる為により多くのエネルギーが必須となり、基礎代謝が上がっていくというわけです。

代謝が上がると必要なエネルギーが増えますし、人間のエネルギーの源と言えば食事です。気温が下がりだす秋にたくさん食べるのは、自然な現象かもしれませんね。

夏バテの反動が食欲になる?

年々温暖化が進む中、夏という季節の特徴がどんどん強くなっています。そんな夏が生み出す状態の一つとしては、食欲不振があるでしょう。いわゆる夏バテですね。

先ほどの話と通ずるのですが、人間というのは暑いと基礎代謝が下がっていきます。そうなると消化器官というのも働きが鈍ってしまい、消化器官が弱っていると食欲が湧かないのは仕方がありません。

しかし、涼しくなる秋だと逆の働きをするのは容易に想像でき、実際秋には消化器官というのは活発になります。特に秋は夏バテ直後という事で今まで体に足りなかった栄養素を欲しており、その反応として私達は食欲を感じると思います。

そう、食欲の秋というのは直前の季節、食欲不振の夏の反動とも言えます。足りない栄養があると体は自然と補おうと指令を出しますので、夏でも食欲が維持出来ていたという人は、食欲の秋という風には感じないかもしれませんね。

冬眠本能が食欲を呼び覚ましている?

人間というのは原則として春夏秋冬全て活動可能ですが、野生の動物はそうではありません。冬というのは食料が見つかりにくく、基礎代謝もあって消耗が激しい季節ですので、この季節に活動するのは効率が悪いですね。

なのでクマや蛇といった一部の動物は、冬の間はずっと寝ている状態・・・冬眠をしています。可能な限り体の器官を動かさない事により、余計な消耗を防ぐ為ですね。

人間には幸い安定した食料がありますので冬眠は必要ありません。ただ、冬眠の本能が一切ないわけでは無く、人間にもその本能が残っているとされています。そして冬眠前に行う事・・・と考えて、ピンときた人も多いでしょう。

そう、冬眠中に死亡しない程度の栄養を蓄えておく必要があります。野生の動物は秋となると木の実などが豊富な為に、この季節に出来るだけ食事をしておき、体内にエネルギーを蓄えておきます。人間はそこまでしなくてよいものの、それでも本能は『寒くなるから今のうちに栄養を摂っておこう』と指令を出すわけですね。

人間も狩猟民族だった頃は安定した食事も難しく、冬は獲物も少ないので冬眠の必要があったとされています。私達の本能には大昔のものが残っているとされますが、冬眠本能もその一つかもしれませんね。

食欲の秋はコントロール出来る

以上のことから、全体的には『寒くなるからエネルギーが必要になる』というのが食欲の秋に繋がっていると言えます。これを見ると仕方がなさそうな反面で、意外とコントロールは出来そうです。

何故かと言いますと、人間には優れた空調がある為に、これらを駆使すれば気温を常に一定に保てるからなのです。夏は冷房、冬は暖房を入れる事により、擬似的に気温を操作可能なのです。

実際空調設備が充実してから、食欲の秋と感じる人は減っています。どうしても食欲を抑えたい人は、気温を工夫してみるのも良いかもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る