TOP > > 夏におすすめなのは身体を冷やす食べ物と温める食べ物さてどっち

夏におすすめなのは身体を冷やす食べ物と温める食べ物さてどっち

食欲が減退する夏は冷たい食べ物に偏りがち

暑くなると食欲が減退してどうしても冷たいもの、のど越しの良いものに偏りがち。冷やし中華やそうめんに、かき氷。だけど暑い夏を乗り切る身体づくりには本当にこんな食事でいいのでしょうか?

事実、暑い夏に冷たいものを食べるとその時は、さっぱり清涼感もあり涼しい感覚で満足を得られますが、いざ体内に入ると胃腸の血管が冷やされ収縮し消化活動する力も減退してしまい冷たい物を摂り過ぎる事で、これが原因でお腹を壊すのです。

暑くて食欲も減退している上に、お腹を壊してしまったら食事その物が出来ず夏バテまっしぐらと言う事にもなりかねません。そこで、ここからはそんな夏におススメの食べ物を一緒に考えていきましょう。

夏に『旬』の食べ物たち

【野菜】きゅうり・トマト・なす・かぼちゃ・ピーマン・ゴーヤ・オクラ・枝豆・ししとう・ミョウガ 等
【果物】桃・スイカ・パイナップル・すもも・さくらんぼ・うめ 等
【魚介類】うなぎ・あじ・鮎・鱧・イサキ・太刀魚・ドジョウ・あわび 等

ここに上げた夏に旬を迎える食材は、夏バテ防止効果の直ぐれた物がとても多いのが特徴です。特に野菜でおすすめなのは体温調整に必要な汗をかいて不足するビタミン・ミネラル補給の出来るピーマン・トマト・枝豆。

ビタミンCの含有量が最高の赤・黄のパプリカと緑のピーマンを使って細切り肉と一緒に濃い目の味付けでスタミナチンジャオロース丼はどうですか?

食欲増進には香辛料を上手く使って脳を目覚めさせて食欲を取り戻すのも良いですよね。特におススメしたいのは夏野菜をたっぷり入れたカレーは如何でしょうか?

カレーに使われている香辛料はその香りで食欲増進効果がある以上に、唐辛子等の辛み成分を取り入れる事で身体の中から発汗作用を促し体温調節しやすい身体づくりが出来ます。

スパイシーな食べ物は、食べた時は暑いと感じますが、食後は余分な体温が発汗で下げられ実は清涼感が得られるのです。

もう一つ、夏に絶対忘れてはいけない食材は枝豆です。ビタミンA、ビタミンB1等を多く含み塩茹でした枝豆を摂る事により汗で不足したナトリウムの補給が出来るスーパー食材です。

熱中症には冷たい物も必要になります

今までは発汗、消化を考え冷たいものでは無く、温かいた食べ物をすすめてきましたが、日本の夏はただ暑いだけではなく湿度が高いため、かいた汗が蒸発しづらく体温が上手く下がらなくて熱中症になってしまう事もあります。

この熱中症を防ぐには実は、水分の多いもの・塩分・適度な冷たさのある物が効果を発揮します。そこで日中、おすすめの飲物は塩分を含むスポーツドリンク。これをいっぺんにゴクゴク飲むのではなくこまめに摂ります。

冷たい味噌汁や冷製スープもおすすめです。夏野菜の水分たっぷりの冷たいきゅうりやトマト、また冷たいスイカに少量の塩を振って食べるのも実は熱中症対策にはピッタリの食べ方なのです。

汗をかきやすい日中を考えてお昼ごはんは、冷たいそうめんもやはり理にかなった食べ物ですよね。この場合おすすめは、是非お腹を温める効果のある生姜や旬のミョウガ・紫蘇等の夏野菜の薬味をたっぷり入れて冷たく美味しく召し上がって下さい。

最初に書いた通り、どうしても夏は偏りがちな食事になってしまいますが、ここで取り上げた事を是非参考に暑さに負けない身体づくりは食事からという事で、美味しく元気にモリモリ食べましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る