TOP > > 女の子では聞き辛いかも!スッポンの健康&美容効果を探る

女の子では聞き辛いかも!スッポンの健康&美容効果を探る

なんとなく昔から健康に良いとされている食べ物ってグロテスクなイメージがありますね。「まむし」は蛇だし、「スッポン」は亀、「サンショウウオ」はもう水中にいるトカゲみたいな意味不明な生物ですよね。

しかし、これらの生物は全て「滋養強壮」に良いとされており、健康を保つ働きがあるそうです。そして日本古来から知られている効能は現在においても人気があり、ドリンクや錠剤としても販売されています。

スッポンは「爬虫綱カメ目スッポン科」に属する亀であり、柔らかい甲羅をもつことが特徴になります。スッポンは健康を維持する滋養強壮として有名でしたが、現在では女性の美容効果もあることが解っています。

スッポンは中年男性が元気をつけるものと言うイメージがあり、女性には近寄りにくいものかも知れません。このスッポンの効果を調べてみましょう。

スッポンによる健康効果の秘密を探れ

スッポンは古代中国においても健康を維持するための漢方として使用されてきました。身だけではなく「頭、甲羅、血、卵、肝」など全てが漢方として使用されており、様々な症状に対応しています。古くから言われているスッポンの効能を紹介します。

・滋養強壮効果

いわゆる元気にする作用ですね。慢性的な疲労や虚脱感を回復させることは、現在で例えればタウリン入りのドリンク剤みたいなものかも知れません。

・貧血予防効果

女性に多い貧血を予防します。スッポンには鉄分が多く含まれており、貧血の予防に効果があります。またスッポンに含まれている鉄分はヘム鉄であり、吸収が早いのも効果的な要素になります。

・血液をサラサラにする効果

昔からスッポンは血液を綺麗にする作用があると言われています。これはスッポンの成分により解毒作用が働くことによります。

・美容効果

スッポンに含まれているコラーゲンが美容効果をもたらします。コラーゲンは様々な食物にも含まれていますが、スッポンに含まれるコラーゲンは吸収作用などで優れています。

このように様々な効能が上げられますが、特に最近では美容効果について若い女性からも感心を持たれているようです。

女性には特に嬉しい美容効果の凄さを探れ

スッポンの美容効果で有名なのは、やはりコラーゲンになります。コラーゲンは美肌を作るための作用が強く、保湿や弾力に優れた肌を構築します。スッポンのコラーゲンは甲羅の部分に多く含まれており、特にエンペラに集中してます。

スッポンのコラーゲンは肌をみずみずしく保ち、老化予防にも効果が期待できます。またスッポンに含まれているコラーゲンは熱に強く、吸収作用も良いことが特徴であり、効率よく吸収されることも人気の秘密です。

スッポンはアミノ酸を多く含んでいることでも知られており、必須アミノ酸(人間が必要なアミノ酸)のほとんど全てが含まれています。スッポンのアミノ酸はバランス良く含まれているので、美容に必要な健康的な身体を保つ作用が期待できます。

そしてスッポンの脂肪には、細胞の老化を抑制する不飽和脂肪酸(オレイン酸、リノール酸など)が多く含まれています。オレイン酸やリノール酸は、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減少させる作用があり、生活習慣病の予防にも効果があります。

特にアンチエイジング(細胞の老化現象予防)にも効果が期待できるため、若々しい肌を保持する効果もありそうですね。このように女性の美容に大きな効果が期待できるスッポン。どのように利用したらいいのでしょうか?

女性にはなかなか分からないスッポンの摂取方法を探れ

それではどのようにしてスッポンを利用したらいいのでしょうか?

スッポン料理で摂取する方法

スッポン鍋やから揚げが有名です。またスッポンのスープなどもレトルトで販売されているので、利用するのも良いでしょう。

粉末で摂取する方法]

スッポンなどの専門薬局で乾燥したスッポンを粉末に砕いてくれます。粉末を薬の要領で服用します。(女性にはちょっと勇気がいるかな?)

サプリメントで摂取する方法]

スッポンのサプリメントは数多く販売されています。ビタミンやアミノ酸を強化したサプリメントもありますので、自分に合った商品を選んで下さい。

毎日毎日、スッポン鍋を食べることは不可能に近いので、やはり粉末かサプリメントが良いでしょう。粉末は頭もついたそのままの状態で乾燥したスッポンを、丸ごと粉砕機で粉末にしたものです。ちょっとグロテスクな感じもありますが、そのままのスッポンなので安心感はあります。

それでも抵抗のある人はやはりサプリメントが良いでしょう。スッポンは男性だけではなく、女性にも大きな利益をもたらしてくれますので、恥ずかしがらないで利用して下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る