TOP > > 実は水道水は健康に良い?水道水のメリット・デメリットとは

実は水道水は健康に良い?水道水のメリット・デメリットとは

日本は安全な水が飲める国

水道といえば、施設、公園、私達の家庭など、私達の身の周りのどこにでも必ず設置されていて、蛇口をひねれば当たり前のように水が出ていつでも不自由することなく使い放題…そういったイメージがあります。私達にとって水道は珍しいものではありません。

しかし世界の中には、水道設備が整っておらず飲料水や生活用水の確保に苦労している地域もいまだ残っていますし、国によっては水道設備があってもその水が飲用に適していない場合もあります。

日本の水道水は衛生的で味も良く安心な水と考えられます。日本で水道設備が普及されるようになったのは明治20年です。それまでは川や井戸の水が使われていたのですが、鎖国が廃止になって外国からチフスなどの感染症が入ってくるようになり水道の衛生的な給水が求められるようになりました。

昔は大腸菌やバクテリアの感染により病気になったり命を落とす人もいましたが殺菌された水が全国で供給されるようになってからは感染症予防に大きな効果をあげ、飲み水で感染症になるといったことは現在ではまず考えられなくなりました。

それというのも日本では水道法の厳しい水質基準の設定により、水道水の水質を高品質に保つよう浄水処理を徹底しなければならないからです。ですが、このように安全で優れている反面、飲み水としては「くさい」「まずい」「安全なの?」と、不評になることもあります。

水道水がまずい理由

これは主に、水道水に含まれる塩素が原因とされています。塩素は大腸菌やバクテリアを殺菌する為に蛇口地点で0.1mg/リットル以上含まれていなければならないという基準があります。塩素自体は体に害がありませんが、においは「カルキ臭」と呼ばれて敬遠されてしまいます。

塩素は時期や原水の状態によって量も変動しますが、昔に比べると浄水技術が進歩しており、オゾン殺菌や活性炭ろ過なども行うことで塩素の量を最低限に減らす努力がされています。家庭では水道水を煮沸させたり汲み置きして塩素を抜けばカルキ臭のない水道水を飲むことが可能です。

しかし、水道局がいくら品質の良い水道水を供給しても建物の水道設備自体に問題があると蛇口から出てくる水道水にはにおいや変な味がつくことがあります。これは劣化した水道管や集合住宅の貯水槽内の汚れといった原因があげられます。

これは建物の水道設備自体の問題を改善しない限り、水質は良くなりません。中には改善が難しい場合もありますので、個人で蛇口に浄水器をつけるなどの対策を取るしかないようです。

「うちの水道の水はまずいから市販の水を買って飲んでいる」という家庭はひょっとすると、設備面での問題ということも多いのではないでしょうか。では市販のミネラルウォーターのほうが安全でおいしい水なのでしょうか。

ミネラルウォーターにもデメリットはある?

塩素と有機化合物が反応することで発生する発がん性物質トリハロメタン、放射性物質汚染といった問題から、水道水を飲むことに不安を感じる人が増えています。そのために市販のミネラルウォーターを購入するという人も少なくありません。

ミネラルウォーターというのは、特定された水源から採水した天然水を殺菌してボトルに充填したものです。汚染の心配のないきれいな水源から採水し、徹底した衛生管理に基づいて製品化されているので品質の良い安心な水といえます。

名前の通りミネラルを含む水になるので体に良いというイメージも高いです。日本の水源は軟水(ミネラル分が少ない)なので水道水も軟水なのですが、ミネラルウォーターの場合は産地によってはミネラル分が多く含まれている製品もあり、ミネラル補給を兼ねてミネラルウォーターを買う人もいます。

ただし国産のミネラルウォーターは軟水なのでミネラルを補給するという目的には適しておらず「日本人の口に合うおいしい水」といった目的で選ぶのが妥当でしょう。料理や赤ちゃんの粉ミルクつくりにも適しています。

ミネラル補給のために硬水を飲むなら外国産のミネラルウォーターが適していますが、味にくせがあり日本人にはやや抵抗があるかもしれません。また、豊富なミネラル分は内臓に負担を与えるので、内臓の機能が未熟な赤ちゃんや子どもには適していません。

また、市販の水は水道水に比べるとコストパフォーマンスも悪く、毎日使う水を買い続けるとなると家計を圧迫します。ミネラルウォーターより経済的なウォーターサーバーやスーパーのろ過水などを併用することもおすすめです。

どの水にもメリット、デメリットはあります。水道水とミネラルウォーターなどをシーンに応じて上手に使い分けるのがよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る