TOP > > すぐき漬けがインフルエンザを防止!他にはこの発酵食品が効果的

すぐき漬けがインフルエンザを防止!他にはこの発酵食品が効果的

「すぐき漬け」は京都の三大漬物のひとつ。すぐき漬けに含まれる乳酸菌「ラブレ菌」の健康効果が注目を集めました。ラブレ菌にはインフルエンザ感染を防ぐ効果も期待されています。ラブレ菌をはじめ日本には、ほかにも乳酸菌の健康効果が期待できる発酵食品があるのです。今回は植物性乳酸菌を含む食品のパワーを紹介したいと思います。

すぐき漬けとラブレ菌

すぐき漬けとは、カブに似た京野菜「酸茎菜(スグキナ)」を塩で漬けた伝統的な漬物です。すぐき漬けの発酵を薦めているのは樽などに付着している乳酸菌。この乳酸菌が酸味のきいたおいしい漬物を作っているのです。

この乳酸菌は、1993年に発見されたばかりのラブレ菌と名付けられた新しい微生物です。乳酸菌が私達の体に良い効果をもらたすことは良く知られていましたが、このラブレ菌はさらにすごいパワーを持つことが分かりました。

また、食品メーカーの実験によって、マウスのインフルエンザ感染を防御する効果のあったことが発表され、ヒトのインフルエンザ感染防止にも効果が期待されています。

ラブレ菌が含まれている食品はすぐき漬けのみですが、残念ながら京都以外の地域では入手が難しいかもしれません。ですがラブレ菌を配合した乳酸菌飲料が全国のスーパーでも販売されているので、毎日摂取するならそちらを利用するのが手軽でしょう。

ラブレ菌の特徴

ラブレ菌には次のような特徴があります。

「生きたまま腸まで届く」

ほとんどの乳酸菌は胃酸で死滅してしまいますが、ラブレ菌は塩分・酸に強いため生きたまま腸まで届き、腸内ではたらくことができます。

「腸内環境を整える効果が高い」

腸内に溜まり、糖や食物繊維をエサに乳酸を増やし続けます。そのため善玉菌が増え腸内環境を整える効果が高いのです。

「免疫力を高める」

ラブレ菌はナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化させ、免疫力を高めて体内に入ってきたウイルスや癌化した細胞を強力に除去します。よってインフルエンザや癌などの病気を防ぐことができるのです。

腸内環境を整えることで便秘予防や美肌効果が、免疫力を高めることでアレルギー改善や感染症・癌の予防効果も期待できるようになります。

ラブレ菌をはじめとする植物性乳酸菌

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。牛乳からヨーグルトを作るのは動物性乳酸菌、野菜を発酵させるラブレ菌は植物性乳酸菌です。そして動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌のほうが強くて健康効果も高いとされています。

また「植物性乳酸菌」なら、ラブレ菌と種類は違っても同じように乳酸菌の健康効果を得ることが可能です。例えば、植物性乳酸菌を使った発酵食品には次のようなものがあります。

  • ぬか漬け
  • 野沢菜
  • 味噌
  • 醤油
  • 納豆
  • 日本酒

など

これらは和食にとてもなじみの深いものばかりで、実は日本人が昔から当たり前のように植物性乳酸菌を取り込んできたことに気づきますね。ただし現代の食生活は和食が減ってきているため、植物性乳酸菌をあまり摂取できていない人も増えてきています。ラブレ菌に併せて、上記で挙げた発酵食品の良さも見直し、和食を積極的に食べるようにしたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る