TOP > > 肝臓を守る効果、その他にも優れたところがあるしじみを大解剖

肝臓を守る効果、その他にも優れたところがあるしじみを大解剖

シジミは昔から貴重な栄養、特にタンパク源として知られており、黄疸の治療にも用いられてきたようです。シジミという食材は薬の効果かと思われるほどに優れたものであることを証明していきます。

シジミが肝臓に良いとされる理由

アルコールなどの暴飲暴食によって破壊された肝細胞を逸早く修復、再生するには良質なタンパク質の補給が重要です。良質なタンパク質とは8種の必須アミノ酸がバランスよく揃うことが第一条件です。

シジミは完全栄誉食品と言われる鶏卵に匹敵するほど良好な必須アミノ酸のバランスを持っています。そして、低脂肪で消化吸収がよく、肝臓への負担が少なくてすむというところに肝臓に良い理由があります。

ビタミンB群、カルシウム、鉄も豊富です

シジミはビタミンB12がレバーと同じぐらい入っています。ビタミンB12は赤血球中のヘモグロビン生成に関係があり、貧血を予防する効果があります。鉄、カルシウムも豊富で、それらが相乗効果で肝臓に働きかけます。

貝の旨味成分タウリンは、肝臓にも欠かせない物質

肝臓の重要な働きの一つに胆汁の産生があります。アミノ酸であるタウリンは胆汁の主成分である胆汁酸の分泌を促進する他、肝細胞の再生を促したり、細胞膜を安定化させたりすることで、肝臓の解毒作用を活発にします。

コレステロールを体外に排出させる働き

胆汁酸にはコレステロールを排出させる働きがあるので、タウリンの摂取で血中コレステロールを下げることも可能です。タウリンを過剰に投与しても、血中コレステロールを正常値以下に低下させることがなかったことから、非常に安全性の高いものとして捉えられています、

タウリンはLDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを上げる作用があるので、動脈硬化の予防にも最適とされています。

高血圧の改善

タウリンが持つ交感神経抑制作用が、食塩摂取に由来する高血圧を改善する効果が明らかになっています。

即効性の高いエネルギー源

シジミの糖質はアサリよりも多く即効性の高いエネルギー源であるグリコーゲンが主体なので、肝臓を始め、各器官の疲労回復を早めてくれます。シジミが二日酔いに効果があると言われるのはこのような肝臓の働きを活発にする働きがあるからです。

土用シジミ、寒シジミ

シジミの旬は夏と冬です。「土用シジミは原薬」と昔から言われていますが、夏バテで弱った肝臓にシジミが効くということから来た言葉です。シジミを煮出した汁の独得の旨味はコハク酸によるものです。

シジミの旬の時期にはコハク酸が増え、旨味が増してくるのです。コハク酸も又、胆汁の分泌を促進させる作用があります。シジミは煮ると、シジミの中のビタミンB群が汁のほうに移行するので、シジミの旨味と成分を残すことなく摂るには味噌汁が効果的です。身も残さずに食べましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る