TOP > > 野菜ジュースには本当に必要な栄養が入っているの?

野菜ジュースには本当に必要な栄養が入っているの?

健康を気にして毎日飲んでいるその野菜ジュースの事ちゃんと解ってますか?

日々の忙しい生活の中で、健康に気を付けるという考え方の中に、沢山の野菜を取り入れるという認識は皆さんあると思います。しかし1日に必要な量の野菜を摂るのはなかなか難しいのが現実です。

そんな生活の中で意外と重宝するのが野菜ジュース。忙しい朝やランチのお伴として手軽に愛飲している人も多いのでは?しかし、ミキサー等で作った自家製の野菜ジュースではなく、市販されている一般的な野菜ジュースに栄養効果はあるのでしょうか?

市販のジュースの表示にある野菜100%や果汁100%。しかし実際に野菜汁や果汁だけで作られている物は殆ど無く、一般的な100%ジュースは濃縮還元のものが多いのです。

この濃縮還元と言う製法に問題があり、実は絞った果汁や野菜汁から水分を飛ばして4~6倍程度に濃縮して冷凍し保存します。これを製品として使用する際に水を加え元々の濃度に戻してパック詰めしています。

これが一般的な100%濃縮還元ジュースです。ここで問題は100%の果汁や野菜汁であったとしても濃縮する段階で加熱処理がなされ、栄養素が変化してしまっている事です。

特にビタミンC等の栄養素は過熱によって破壊されている可能性が高いという事と、また、果糖ではなく砂糖や水あめ等の甘味を使い防腐効果を出している場合があるので、必要以上に糖度が高い物もあるのです。

不足している栄養素を補うならパッケージの表示もちゃんと見よう

実際は、パッケージに表記されている栄養価の成分表示で内容を確認してみると安心できるのではないでしょうか。使用している野菜でも当然、栄養素が違うので自分の取り入れたい栄養素を選んで購入する事も大事だと思います。また、ビタミンC等は製造過程で破壊されているので後から添加されている物も多いと思います。

そうは言っても、市販の野菜ジュースで日々の野菜の摂取を済まそうとは考えず、あくまでもサプリメント的な発想の元、野菜料理としてではなくおやつとして考えた方が良さそうです。

食事から摂れる栄養は、食物に含まれている栄養素をその食品を咀嚼(噛む)ことで消化吸収効果が高まる訳ですので、やはり食品としての野菜料理を食べた方がはるかに栄養価値は高いのです。

日本人に必要な野菜摂取量は1日350gと言われます。某メーカーの野菜ジュースにはこの野菜350gをぎゅっと詰めた事が書かれているイメージデザインの商品もあります。

あくまでも350g分の野菜から作った濃縮還元野菜ジュースと言う意味であり、350g分の栄養成分ではない事を念頭に是非パッケージを過大解釈しないようにしましょう。

しかし、食物繊維などの整腸作用や便秘の改善を考えて取り入れるのであればそこは身体に良い事は事実だと思います。とにかく野菜ジュースでは生野菜サラダ替わりは務まりません。楽をして充実した結果はやはり得られないという事かもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る