TOP > > 酸化防止剤が健康に与える影響について

酸化防止剤が健康に与える影響について

酸化と酸化防止

酸化防止剤とは物質が酸化するのを防ぐ働きがあり、我々の身の回りにあるさまざまなものに用いられています。酸化とは物質が化学反応により酸素と合わさることを指します。

身近な現象でいいますと鉄に錆びが生じる、紙が燃える等が酸化です。錆び止め加工された鉄製品などは酸化防止剤が施されているのです。

このように生活に深く関わりのある酸化防止剤は健康にどのような影響があるのでしょうか。ここでは直接体内に取り込まれる、食べ物に使用される酸化防止剤にスポットをあててみましょう。食品添加物の一種である酸化防止剤は食べ物が酸化するのを防ぐために使われます。

食品に含まれた酸化防止剤が、その食品のかわりに酸化していくことで、食品自体の酸化を防ぐというしくみになっています。食品の酸化防止は昔から世界中で工夫されています。

例えばりんごを剥いて時間が経つと茶色に変色してしまい、大変見栄えが悪くなりますね。味は変わらないし、腐っていなくてもなんとなく食べたくなくなってしまう印象があるのでは。

それでもまだ食べられるのに捨てたくはない、そんな思いをする前に剥いたりんごを塩水に浸けたり、レモン果汁をふりかけたりと、酸化防止を施します。人は、食に対して味はもとよりその見た目も重要視する為、このような先人の知恵が生まれたのですね。

酸化防止剤の種類と人体への影響

酸化防止剤には天然酸化防止剤と合成酸化防止剤があります。天然酸化防止剤はもともと自然界に存在するものであったり、そこから抽出された天然由来のものであり、合成酸化防止剤は科学的に合成されたものです。

天然酸化防止剤

ビタミンC

アスコルビン酸との表記もあります。ブドウ糖から作られます。過剰に摂取すると嘔吐や下痢の症状がみられる場合も。

ビタミンE

トコフェロールとの表記もあります。多くの植物に含まれていて用途によって色々なものから抽出されます。人体にはほとんど無害です。

エリソルビン酸ナトリウム

アスコルビン酸と同じ成分で作られている物質です。抗酸化剤としての働きのほか、酸化による抗がん剤物質の生成も防いでくれます。

亜硫酸ナトリウム

硫黄が燃えるときに発生する物質です。一般的にワインに使用されています。健康な人には問題ありませんが、気管の弱い方の過剰摂取は喘息を引き起こす可能性が。

クロロゲン酸

コーヒー豆抽出物。人体にはほとんど無害です

カテキン

茶抽出物。人体にはほとんど無害です。

没食子酸プロピル

植物性で五倍子タンニンから抽出される物質です。非常に高い抗酸化作用があります。弱毒性があるといわれています。現在は食品への直接の使用度は低く、製造の過程で使用されることが多いようです。

合成酸化防止剤

BHT

ブチルヒドロキシトルエンとの表記もあります。高い抗酸化作用がありますが、発がん性物質が含まれているといわれています。

BHA

ブチルヒドロキシアニソールとの表記もあります。BHTと同様。

酸化防止のメリット

酸化を防ぐということは、自然の摂理に逆らうことでもありますが、技術を持つ人類は有効に活用します。まず、食品の酸化が緩やかになる事によって日持ちがしますのでもったいない精神の文化を持つ日本人にとってはありがたいですね。

そして、ただ日持ちするだけではなく、色、形、味が損なわれる事がありません。日にちを置いてしまった食品をもったいないと食べてしまいおなかを壊してしまい苦しい思いをしなくて済むというわけですね。確かに酸化防止剤自体は健康に良いと言えませんが、酸化を防ぐおかげで得られる健康もあるといえます。

食文化に密着し続ける酸化防止剤

酸化防止剤を使用せずに劣化した食品を気づかずに食べてしまった場合と、酸化防止剤が含まれてはいるが食品そのものの劣化はしていない食品を食べた場合。天秤にかけると、果たしてどちらのほうが健康に害を被るのでしょう。

いずれにしても、食品に含まれる食品添加物の類は決められた範囲内の含有量であるのが前提ですので、過剰反応するのは食を楽しむ観点からするとつまらないものです。

自分のからだの免疫が著しく低下していると感じている時は避けるようにするくらいの心持でいたいですね。食品添加物を気にするあまり、栄養が偏ってしまったり、精神的に参ってしまい心因性の病気になってしまっては元も子もありません。正しい判断で食を楽しみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る