TOP > > 乳酸菌の効能は種類によって違う!自分に合った菌を見つけよう

乳酸菌の効能は種類によって違う!自分に合った菌を見つけよう

乳酸菌は腸内にいる善玉菌のすべてのことで、じつに500以上の種類があります。腸内の環境は人それぞれであり、またその時の身体の状態によっても違ってきます。

ですからテレビやネットで話題の乳酸菌をためしても自分には効果が感じられないこともあるわけです。まずは色々な乳酸菌をためして自分にぴったりなものを見つけましょう。

乳酸菌との相性がピッタリ合えば効果抜群!

乳酸菌は確かに人それぞれ相性がありますが、合わないからといって効能が全くないわけではありません。しかしどうせ飲むのなら自分にピッタリ合ったものを飲んで抜群の効果を得たいですよね!そうすればすぐに不調を正すことができますし気持ち的にも安心感がもてます。

腸は健康の要です。乳酸菌を上手に利用することができれば強い味方になってくれるでしょう!

どの状態の時にどの乳酸菌が効いたのかを記録していく

どのような症状を改善したくて乳酸菌を飲みたいのかが重要なポイントです。便秘や下痢の改善、アトピーの改善や美肌効果、免疫強化、コレステロール値の改善などなど・・改善したい症状は人それぞれですよね。

しかしたとえ人と同じ症状でも自分が同じ乳酸菌が合うとは限りません。たとえば他の人がアトピーの改善に効果が合ったのと同じ乳酸菌をためしてみても自分にはいまいちということもあるわけです。

まずは色々な乳酸菌をためすことから始めましょう。乳酸菌の効能はその時々の体調によって変わってきます。「便秘の時にはこの乳酸菌がよく効いた」「肌荒れにはこの乳酸菌がよく効いた」と試した種類ごとに記録をしていきます。

このようにして自分の体調の変化に合わせてもっともよく効いた乳酸菌をチョイスしながらその都度とるようにすれば不調がより早く改善するでしょう。

乳酸菌のトライアル期間でためす

乳酸菌はスーパーに売っているヨーグルトだけではなく、たくさんのサプリメントとしても発売されています。乳酸菌の特徴として人によって合う合わないがあるのでほとんどの商品にはトライアル期間があります。

たとえば1ヶ月おためし期間として定価よりもグンと安く購入できるものがありますよね。それらのサプリメントを実際に試していきましょう。どの乳酸菌が自分に効くのかはやはり試していかなければわかりません。

おススメは動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌!

ひとくちに乳酸菌といってもヨーグルトなどの動物の乳からできている動物性乳酸菌と、納豆や味噌などの植物性乳酸菌とに分かれます。

動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌は過酷な環境でも生育していくため力強い乳酸菌です。サプリメントでさまざまな乳酸菌を確かめるのと同時にこれら植物性乳酸菌が豊富に摂取できる和食中心の食事にしてみましょう。

植物性乳酸菌を多く含む食品としてとくに素晴らしいのがぬか漬け。しかしぬか漬けは管理に少し手間がかかるので、面倒だという場合はシンプルに野菜を塩漬けにしちゃいましょう。

塩に漬けておくだけでも発酵していき、グングンと乳酸菌が育っていきます。しかし漬ける時は精製された食塩でなくミネラルが入った天然塩を使ってくださいね。

ほかにも納豆や味噌、しょうゆなど昔ながらの食品を積極的に利用しましょう。また何も和食だけではなくキムチやサワークラウトなど外国由来の食べ物でも植物性乳酸菌が含まれているものはたくさんあります。

ただ、注意しなければならないのが「熱に弱い」ということです。食べる時は熱を通さずにそのままでいただきましょう。

乳酸菌で腸が元気に!そして身体全体も元気に!

乳酸菌は3~4日ほどで体外に排出されてしまいます。だから毎日こまめに継続して摂ることがとても大切。手軽に摂取できるという点ではサプリメントがとても効果的だといえるでしょう。またヨーグルトは味覚的に美味しいですから毎日続けられますよね。

このように、まずは色んな乳酸菌をためして自分の体調に合うものを上手にチョイスしていきながら、毎日の食事を和食中心に変えてみましょう。そうすれば乳酸菌パワーを最大限に生かして腸を元気に!そして身体全体を元気にすることができるでしょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る