TOP > > 朝の一杯の水が整腸作用に!水があなたの体を変える

朝の一杯の水が整腸作用に!水があなたの体を変える

体は水で出来ている

皆さんの体は何から出来ていると思いますか?ご存知の方も多いと思いますが体を構成しているものの70%ぐらいは水分だと言われています。よくコマーシャルなどで水分補給は大事だ、なんていっていますよね?

確かに体の70%も水分で出来ているので「水」はとても大事なのです。体を動かしているのも水分ですし、脳内にも水分が含まれています。動くにも考えるにも水分は切っても切れない存在なのです。

どんな水を選べばいいの?

地方に行くと水道水をがぶがぶ飲んでいるところもあります。基本的に消毒をする塩素の量が少なく、水に臭みが無いからです。山間地の水は元々きれいなのです。

しかし都会に住んでいるとそういうわけにはいきませんよね?ミネラルウォーターを買うことがほとんどだと思います。健康に気を使っている人は○○の湧き水や○○の深層水というものを高いお金で買っている人もいます。

ここで1つ注意なのですが、実はペットボトルで売られている水は水道水よりも衛生的な基準が低いということです。ペットボトルは安心だと思って買っていませんか?確かに一本一本丁寧に水が入れられきれいな水ですが、何ヶ月も同じ味をキープします。

なぜだか分かりますか?1つは密閉状態だからです。これは当たり前ですね。菌が中に入りにくいということですね。そして2つ目は菌を殺しています。これに関してはピンと来ない方も多いかと思います。

いくら密閉にしても元々いた菌は死なないですよね?だから殺菌しないといけないのです。このために塩素というものが使われるんですね。水道水よりもペットボトルのほうが塩素が濃いこともあるようです。

聞いた話ですが、海外ではペットボトルの水でお腹を下してしまう人もいるようですので見たこと無い水は特に気をつけたほうがいいです。

このようなことを踏まえて水は国産の信頼できるものがよいと言えるでしょう。もしスーパーで水を買うのであればどこの場所でいつ採水されたのか分かるようなものがいいです。

水はいつ飲めばいいのか?

水は体の大部分を構成しています。1日2000ml摂る事をおすすめしますが、正直きついですよね?ですから朝に1000ml飲んでしまいましょう。

夜は寝ながら発汗しています。ですから体は朝にはカラカラになっているのです。少し苦しいかもしれませんが朝起きてすぐに500mlを飲み、朝食を摂りながらもう半分の500mlを摂りましょう。最初は大変ですが、本来は体が欲しているので吸収は早いです。残りの1000mlは日中にこまめに摂ればすぐに飲んでしまいます。

飲み方ですが、一気飲みはやめてください、水も食べ物同様、「噛みながら」飲むと吸収が早くなり、体温を急激に冷やすことも避けてくれます。毎日続けると腸をきれいに洗い流してくれるので整腸効果や尿結石予防等にも効果があります。皆さんも目覚めの水はいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る