TOP > > 豆も食べ過ぎると病気になる?正しく豆を取り入れる方法とは?

豆も食べ過ぎると病気になる?正しく豆を取り入れる方法とは?

豆と聞いたとき皆さんはどんな豆を思い浮かべますか?豆にもいろいろ種類がありますが、健康にもいいと言われていることから、毎日のように豆を取り入れる人も増えています。

健康のために食べる豆というとやはり大豆がポピュラーですね。日本にも大豆を使った食品がたくさんありますし、どれも安価なので毎日の食事にも取り入れやすいことから、多くの家庭でも食卓に並んでいることと思います。

大豆から作られるのは、味噌、醤油、豆腐、納豆などですね。最近では日本の伝統食品がとてもヘルシーなことから、海外でも大豆を加工した日本の食材がブームとなっています。

しかしこの大豆などの豆も、食べ方次第では毒になってしまうというのを知っていましたか?

なぜ豆が毒になるのか?

毒になるといっても全ての大豆製品ではなく、一部のものです。味噌や醤油、納豆などは大豆を発酵させて作る発酵食品ですね。この発酵という過程が重要になります。

味噌、醤油、納豆のように発酵させているものは特に問題ありませんし、健康と美容のためにも毎日でも食べたいところです。

毒になるのは発酵させていない大豆のことです。大豆には女性ホルモンによく似たイソフラボンも豊富に含まれるので、大豆を買ってきて煮物にしたりすりつぶして使ったりといろいろな使い方もできます。

しかしこれらの発酵させていない大豆は、大量に食べてしまうと毒になると言われているので、食べる量には注意が必要です。

どのくらいの量を食べると毒になるのかについてですが、付け合わせ程度なら特に問題ありません。例えばダイエットのために大豆を主食にしたり、豆を絞ってそのまま飲む豆乳などを大量に飲む場合はちょっと量を考えた方がいいかもしれません。

あまり意識していない人が多いと思いますが、大豆を発酵させずにそのまま食べる場合は植物性化学物質という成分が含まれているので、アレルギーなどの原因になることもあります。

大豆自体は噛みごたえがあって美味しいのですが、硬いため消化にも時間がかかるので一度にたくさん食べてしまうと消化不良を起こすこともあります。これは消化酵素阻害物質が含まれているからです。

消化不良を起こせば体調も悪くなりますし、免疫力も低下してしまいます。畑のお肉と言われているくらい良質なタンパク質を含んでいますし、栄養も豊富ですが、食べ過ぎてしまうと毒になるということを覚えておきましょう。

おすすめの豆の取り入れ方

先程も触れましたが、大豆などの豆を取り入れる場合は発酵させたものを取り入れるのがおすすめです。といっても和食中心の食事をしている人なら味噌、醤油、納豆などは意識しなくても普通に食べているかもしれませんね。

発酵させていない豆もおかずの1品として取り入れる程度なら問題ないので、煮豆やひじきに入れたりするのはいいと思います。毒になるというのは食べ過ぎたときのことなので、あまり神経質にならず、栄養バランスを考えて取り入れてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る