TOP > > 香辛料の知られざる中毒症状!気をつけたい香辛料とその症状とは?

香辛料の知られざる中毒症状!気をつけたい香辛料とその症状とは?

いつも食べている香辛料が実は危険?!香辛料が引き起こす中毒症状

日本では昔からあまり使われてこなかった香辛料。胡椒、シソ、ワサビ、七味などが香り付けや辛みとしてよく使われていますが、そんなに数は多くありません。

しかし近年欧米の文化が積極的に入ってきて、更にカレーブームなどの影響か、多種多様な香辛料が日本でも知られるようになりました。今ではスーパーに本当に数多くのスパイスが並んでいるので、家庭でも楽しめる味に変わりつつありますね。

料理に少量加えるだけで味にメリハリがつき、とても美味しくなるスパイスですが、実は使い方や量を間違えたり、食べる人の体質によっては、人体に影響を与えることがあるんです。

香辛料は西洋で言えばハーブ、東洋で言えば漢方に使われる植物もあり、特異な効能を示すものがあります。普段何気なく香辛料を使っていると、ただの美味しい食べ物・香りが良い食品と思いがちですが、昔は薬として使われてきたものもあるんですね。

そのため、持病がある方や体が反応しやすい方は体調不良を起こしたり、薬との飲み合わせで薬の効果が薄れたり、健康被害が出たりと、危険な側面も持っています。特に持病がある方は事前に医師から説明があるかとは思いますが、相談してから使用した方が良いでしょう。

また、大量摂取で死に至るほどの強力な副作用を示す香辛料も存在します。その他、加工の仕方によって毒性を示すスパイスも…。香辛料の製造元が正しい形で管理加工しているので口にする分には安全ですが、度を越した使いすぎには気をつけてくださいね。スパイスは香りが強いので、使いすぎると味も最悪です。

それではどのような香辛料に、どんなリスクが具体的にあるのかは、下記の項目でご紹介します。

体調不良が出るリスクのある香辛料の種類は?

本項目では、ご家庭でも使う可能性が高い香辛料の中から、体調不良が起きる可能性のある香辛料とその症状についてご紹介していきます。ここでピックアップした香辛料たちも、自分の病気や体調を考慮して、適切に使えば全く問題はありません。心配はご無用です。一つの知識として捉えて頂ければと思います。

・ナツメグ

日本でもハンバーグなど肉料理によく使われる香辛料です。ナツメグの中毒症状は有名で、多量摂取で幻覚や興奮といった精神症状と動悸、嘔吐、震えなどの身体症状が出ると言われています。ナツメグには脳内物質の分泌系統をいじる作用があり、精神や神経を刺激してしまうようです。

加工されていれば採りたてのナツメグを摂取するより症状が出にくいようですが、食べる際は加減を見て適切に使ってくださいね。ナツメグで亡くなってしまった人もいますし、日本でもインターネットにて市販のナツメグの健康被害を報告している方もいます。使用には注意が必要です。

・ローズマリー

肉料理やクッキーなどのお菓子にも使われるスパイス。日本では頻繁に使うことはないかもしれませんが、香辛料の中ではとても有名なものです。

ローズマリーは沢山使用すると炎症を起こしたり光過敏になったり、妊婦さんへ影響を及ぼすことがあります。また、覚醒系の作用も持っているので、パニック障害などの精神疾患を持っている場合、過敏に反応して発作に繋がることもあります。使用には注意しましょう。

・サフラン

スペイン料理のパエリアに使われることで有名ですね。妊婦さんに悪影響を及ぼすことがあり、お腹の子どもの命が危険に晒されることもあると言われています。授乳中も避けた方が良いという説も。また、大量の摂取が死に至ることもある香辛料です。

・シナモン

菓子パンやデザート、ドリンクによく含まれています。日本でも砂糖と合わせたシナモンシュガーが人気ですね。シナモンは香り付け程度では問題ありませんが、摂取しすぎると肝障害に繋がる恐れがあります。

・ウコン

ターメリックという名称もあり、カレーにも使われるポピュラーなスパイスです。日本ではお酒を飲む前に摂取すると酔いにくいとされていますね。

しかしウコンは肝臓へマイナスの影響を及ぼすことがあり、肝障害や肝炎を引き起こすケースがあります。多量摂取はもちろんのこと、肝臓が悪い人は気をつけた方が良いかもしれません。死亡ケースもあるので注意しましょう。

・香辛料全般のアレルギー

通常、料理に入れる香辛料は少量ですが、食品アレルギーは極少量でも起こります。誰にでも起こる可能性のある中毒症状がこのアレルギー症状です。

何に反応するかはその人によって分からないですが、胡椒や唐辛子などに反応する方が多いとか。香辛料は一つの料理で何種類か使われることが多く、特定に時間を要する傾向にあるようです。症状は口腔内炎症や皮膚炎症、蕁麻疹、下痢などが主です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る