TOP > > 月一回で体が蘇る!体リセット「断食」

月一回で体が蘇る!体リセット「断食」

断食って何するものなの?

そもそも断食とはなんなんでしょうか?私たちのイメージとして修行する人がやるもの、そんなイメージを持っている人も多いんではないでしょうか?確かに修行の中で物を食べず、食べ物の大切さを考えるということもしているようです。

しかし断食は普段休むことの出来ない内臓を休ませるという事ではとても健康にいいといえます。もちろん断食後は食べ物のありがたみが分かり、普段当たり前に食べているものに感謝する機会にもなります。

断食ってどうやればいいの?

一言で断食といっても期間は3日や長ければ1週間といったものもあります。しかし、流石に3日間もご飯を食べないと思考能力が弱くなり、仕事に集中できなかったり、イライラしたりと厳しい部分もあります。

今回紹介する断食は1日間です。たった1日でも最初はきついと感じるかも知れません。しかし慣れてくると毎月1回の断食が楽しみになってきますのでまずは続けてやってみることが大切です。

始めに断食をする日を決めます。なるべく飲み会や食事会など夜に食べなくてはいけないという日を避けます。月初め10日など区切りのいい日が覚えやすくていいと思います。

断食をする2日前あたりから徐々に食事の量を減らし、肉や脂物は食べないようにしてください。そして断食当日は何も口にしません。暑い日や乾燥している日は水だけにしましょう。量も極力抑えるのがベストです。

ただし脱水症状にならない様に適度に補給してください。初めてのときは頭がポーッとしたりするかもしれませんが日中を乗り越えれば後は大丈夫です。丸1日食べずに過ごせたら断食成功です。しかし開放的になり一気に食べるのはやめてください。

急激に食べると内臓がびっくりしてしまい腹痛の原因になる可能性があります。断食終了の朝はおかゆやゼリー状の健康食品など消化のいいものにしてください。昼からは少し少なめの食事を2日間ほど続けてください。この流れで月に1回断食をしていきます。

断食成功の朝はとても不思議な感覚があると思います。365日働いていた内臓がしっかりと休まるためエネルギーが他に使われるためです。気分爽快で体も軽く感じられるでしょう。

また前後の4日間ほども食事量が減らせるため自分の必要な食事量を把握することも出来ます。しっかり物を味わい、必要な量だけを食べるため肥満気味の方やお酒を飲む方にも大変有効なダイエット方法ではないかと思います。無理なく始められる「1日断食」皆さんも始めてみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る