TOP > > 夏こそキムチだ!カプサイシンの効能と効果的な摂り方

夏こそキムチだ!カプサイシンの効能と効果的な摂り方

カプサイシンという名前は聞いたことがあるかと思いますが、このカプサイシンは健康に様々なメリットがあるとして知られています。このカプサイシンは夏場にも非常にいい効果を期待できますので、食物やサプリメントなどで効果的に摂取していきたいところです。

では、カプサイシンとはどのようなもので私たちの身体にどのような健康効果を及ぼすのでしょうか?カプサイシンの効能と健康的な摂り方について考えていきたいと思います。

唐辛子に含まれる辛み成分

カプサイシンは、唐辛子に多く含まれる成分で、唐辛子特有の辛みを出す栄養素です。カプサイシンには様々な健康効果があり、健康に欠かせない栄養素です。とくにこの暑い夏にはより積極的にカプサイシンを摂っていくことで夏バテ予防や夏風邪予防などの様々な効果を期待できます。

夏だからこそ辛いものや熱いものを避けたくなる気持ちもわかりますが、一方で暑い日にはカレーを食べたくなったり、インドではその暑い気候から香辛料の強いものをよく食べる習慣などがあることからも、夏にはもってこいの栄養成分です。

唐辛子には塩分を減らしても特有の辛みからしっかりとした味付けができるため、塩分を減らして健康的な味付けの食事ができます。

血行を促進して高血圧を防ぐ

カプサイシンの第一の効果としては、血行を促進すると言う健康効果があります。キムチや辛いものを食べると汗が良く出るのはこのカプサイシンによる効果で、胃腸の機能を高めて消化を促す効果もあります。

また、胃の血行が良くなって機能性が高まることによって胃潰瘍になる確率も極めて少なくなります。ストレスによって胃潰瘍を引き起こす可能性が高まりますので、ストレスを多く抱えている方はカプサイシンを摂るといいでしょう。

カプサイシンは、血行を良くする反面、血圧の上昇を防ぐ効果もありますので高血圧などの現代習慣病にも効果的です。

殺菌効果があり免疫力を高めたり風邪予防に

唐辛子をはじめとする辛い食べ物に多く含まれるカプサイシンは、殺菌効果があり、免疫力を高めるのにも一役買っています。そのため、冬場にチゲ鍋などの辛い料理を多く食べるのは、免疫力を高める効果があってとてもいいのと同時に、夏バテや夏風邪などのリスクがある夏場にも是非食べたい栄養素です。

とくに、夏場にはあえて火の通った鍋料理が最適と言われています。それは、夏場にしっかりとした栄養素を摂るには食材の品数が多く、煮汁も一緒に摂ることのできる鍋料理は最適だからです。その鍋料理にプラスαでキムチ系の味付けをして食べるとより効果的です。

ダイエットにも効果的

また、カプサイシンには新陳代謝を高めたり、脂肪の分解を促す効果がありますので、ダイエットにも効果的だと言われています。唐辛子料理と毎日の運動をセットにしていくことでより健康的にダイエットができるのではないかと思います。ダイエットで最もやってはいけないのは断食です。

食べ物を食べないと言うダイエット法では、じゅうぶんな栄養素が取れずに健康を害してしまいますし、動物には食物の栄養素を脂肪にして蓄えておくという本能があり、それがより強い人ほど太りやすいと言えますが、断食ダイエットをしてはこの本能をより引き出してしまうことになるため逆効果になります。

食べ物を抑制するストレスでリバウンドしてしまうこともありますので、必須栄養素はしっかりと摂りつつ、新陳代謝を高めるカプサイシンと適度な運動で健康的に痩せましょう。

寝入りを良くする効果がある

また、カプサイシンが多く含まれる唐辛子は刺激物ですが、寝入りを良くする効果もあります。刺激の強いものなのでなかなか結びつかないかもしれませんが、カプサイシンによって血行が促進されることで体温が上昇します。

これは冷え性などにも効果的なのですが、それだけではなく、体温が急激に上昇することによって今度は体温を下げようと身体が反応し始めます。

人が眠りに入る時には体温が急激に下がりますから、カプサイシンによって急激に体温が上昇して、その後急激に下がることによって心地よい眠気が襲ってきます。だいたい眠りにつく2時間ほど前までにカプサイシンを摂っておくと眠りにつきやすくなります。

さらに、入浴も同様に体温を上げてその後の体温が低下してきたあたりで眠くなる効果がありますから、2時間前にカプサイシンを摂って、1時間前に風呂に入れば快適に眠りにつけるはずです。夏場の寝苦しい夜でも快適に眠りにつければいいのではないでしょうか。

このように、カプサイシンには様々な健康効果が期待でき、なかなか唐辛子料理が摂れないという方には、キムチの素を購入してサラダにかけて食べるとか、サプリメントで効果的に摂取するのがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る