TOP > > カフェインは身体に良いの?悪いの?

カフェインは身体に良いの?悪いの?

カフェインって何者?

カフェインはその効果から、様々な薬にも使用されている物ですが、日常的にはコーヒーがその代名詞のように使われています。ところが、実はカフェインを一番多く含んでいるのは、抹茶です。その含有量はコーヒーの比ではありません。

コーヒーにはカフェイン以外に、ポリフェノールなども含まれており、カフェインの良し悪し=コーヒーの良し悪しとは言えない気がしますが、カフェインを直接摂るというのは、普通の生活ではあまりないので、コーヒーを例にして説明したほうがわかりやすいと思います。

カフェインには、覚醒作用、血管拡張作用、基礎代謝の促進、胃酸分泌促進作用、利尿作用などがあります。コーヒーやお茶を飲むとトイレが近くなるというのは、最後の利尿作用が関係しています。

覚醒作用は、御存知の通り、眠気覚ましにコーヒーを飲むとか、逆に夜コーヒーを飲むと眠れなくなると言われる所以です。胃酸分泌を促進するから、食後にコーヒーを飲む習慣があるのも頷けます。その他の作用は、わかりやすく言えば、疲れをとったり、緊張感を緩和したり、脳をスッキリさせたりといった働きがあるようです。

カフェインは、耐性がつきやすいとも言われ、最初は1杯のコーヒーで目が覚めたり、眠れなかったりしても、数日続けると、1杯では効かないという状態になったりして、次第に飲む量が増える場合もあります。

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ですし、良いからといってコーヒーの多飲はいいとは言えません。胃酸分泌を促進することからも、できれば1日3杯位を限度に、楽しんで飲むようにするのがいいと思います。

コーヒーの上手な飲み方

上記で説明したように、コーヒー(カフェイン)には、良い点も多々あるのですが、飲み過ぎると良くないということと、コーヒーを飲む時に砂糖や合成のミルクなどを毎回たくさん入れてしまうと、糖質のとり過ぎになり、糖の吸収を高めることにもなりますので、要注意です。

眠気覚ましにカフェイン摂取目的でコーヒーを飲む場合は、コーヒーの杯数を増やすのではなく、たまに抹茶を飲むなどして、身体が慣れてしまわないようにしましょう。また、どうしても飲む杯数が多い場合は、薄めにしてブラックでお茶代わりに飲むなど工夫しましょう。

抹茶や煎茶と同じ茶葉である紅茶にもカフェインは含まれています。カフェインを摂りたくない場合は、健康茶などでカフェインを含まないものもあるので、購入時にお店の人に確認して、自分の体質にあったものを選ぶのもいいと思います。

コーヒーにはカフェインの持つ利尿作用が有りますが、体内の水分を取り出して、体外に排出してしまうということですから、コーヒーを飲む時は、水も一緒に飲んで、脱水症状にならないようにすることも大事です。コーヒーを飲むことが、水分補給にはならないということを認識しておきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る