TOP > > なぜ飲酒後にラーメンを食べたくなるのか?その理由と我慢する方法

なぜ飲酒後にラーメンを食べたくなるのか?その理由と我慢する方法

お酒のシメはやっぱりラーメン!ですが・・・

お酒の後のシメと言えばラーメンですよね。なぜかむしょうにラーメンが食べたくなります。でもラーメンってカロリーが高いので、後で食べたことを後悔することがありませんか?

実は、飲酒後にラーメンが食べたくなるのには理由がありました。アルコールとラーメンには関係があったのです。

アルコールと糖質の関係

お酒を飲むと胃から吸収されたアルコールは肝臓へ運ばれます。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されてから、さらに二酸化炭素と水に分解されて排出されていきます。

アルコールが分解される過程には糖質が必要なため、血糖(血液中の糖質)も消費されていきます。すると血糖値が下がって体が糖質を求めるようになります。そのためにラーメンのような糖質の多い食事が欲しくなってしまうのです。

なぜラーメン?

糖質の多い食事なら、ご飯、パン、パスタなどほかにもありますよね。なぜラーメンなのでしょうか。街にはラーメン屋さんが多いのでお酒を飲んだ後に誘惑にかられてしまう、ということもありますが、やっぱり体がラーメンを欲しがるのは理にかなっているのですね。

飲酒後はアルコールの利尿作用で尿と一緒にナトリウムが排出されます。そのため体がナトリウム(塩分)を求めることがあります。ラーメンのスープは塩分が多く含まれているので食べたくなるのです。

そのほかにもアルコールが分解される段階で使われて不足するアミノ酸が、旨み成分としてラーメンのだしに使われているため、という説もあります。

飲酒後の体が本能的に求める数々の成分はラーメンにバッチリ入っていた・・・だからラーメンを食べると体が喜び、やけに美味しく感じられるんですね。

ラーメンを我慢するには

じゃあラーメン食べていいんだよね!と思いたいところですが、ラーメンは400~800kcalと軽く食事1食分に相当するカロリーがあるのでカロリーオーバーが気になります。シメのラーメンを繰り返していると簡単に太ってしまいます。

そこで、シメにラーメンを食べないように我慢することも大切だと思います。こんな工夫でラーメンを我慢しましょう。

ラーメン屋に行かない

ラーメン屋に行きたくなったり、仲間に誘われたりすることは多いと思うのですが、ラーメン屋に行かないことが一番です。

飲酒後はラーメンを食べに行くのではなく、お茶をしに行くのがヘルシーです。カフェ、ファミリーレストランなどに行くようにしましょう。ここでカロリーの高い物や甘い物を選ばないようにしてください。

水分をたくさんとる

飲酒中にアルコール量を増やさないために、お酒の合間にチェイサー(水やソフトとドリンク)を飲むようにします。また、飲酒後にも水分をたくさんとるようにします。

しじみの味噌汁

しじみにはアルコールが分解される段階で消費されるアミノ酸や亜鉛が豊富に含まれます。また味噌汁にもアミノ酸が含まれており、水分補給にもなります。

ラーメンからではなくヘルシーなしじみから栄養を補給してください。しじみの味噌汁はアルコールの分解を促進させるので二日酔い防止にも効果があります。

ビタミンたっぷりのフルーツを

アルコールを飲むとビタミンも消耗します。ビタミンをたっぷり含み低カロリーなフルーツで代替えを。糖分も補給できます。

ラーメンは脂肪や塩分も多く、食べ過ぎは生活習慣病のリスクを高めます。また夜に食べると翌朝の胃もたれの原因になるので、飲酒後に何か食べるならヘルシーで消化の良い物にしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る