TOP > > 好きなものばかり食べていてはダメ!偏食は体を不健康にする?

好きなものばかり食べていてはダメ!偏食は体を不健康にする?

食事は人が生きていくために欠かせないものですが、とりあえずお腹がいっぱいになれば満足できますし幸せだと思えますね。しかし食事は食べればいいというわけではなく、栄養バランスなども重要です。

味覚、好みなどは多少個人差もありますね。特に子供の頃は誰もが通る道と言っていいほど、好き嫌いも多くなってしまいます。子供が嫌いなのは、ピーマン・にんじん・セロリ・ネギ・玉ねぎなどクセが強く苦味などもある食材です。

子供の頃はある程度仕方ない部分はありますが、この場合は母親が細かく刻んだりほかの香りで誤魔化したりと工夫してなんとか食べさせようとします。

しかし子供の頃あんなに大嫌いで、どんなに細かく刻んであってもすぐにわかってしまうので丁寧に嫌いな食材だけをより分け残すなんてことも珍しくなかったのに、大人になると不思議と食べられるようになることも多いですね。これは味覚が変わるのも理由の一つです。

なぜ好き嫌いができてしまうのか?

偏食=好き嫌いと言ってもいいでしょう。でもなぜ偏食になってしまうのでしょうか?子供でも好き嫌いなくなんでも美味しいと食べる子もいます。これはおそらく調理方法にも問題があると予想できます。

例えば子供が嫌いなピーマンですが、多少苦味がありますので初めて食べるときには苦味を感じないように工夫すればいいのです。野菜には繊維などもあるので野菜の切り方一つでも味が変わってきます。

野菜によって繊維の方向が違いますが、ピーマンの場合は縦に切ると苦味が出にくくなります。また加熱することで苦味が抑えられることもあるので、電子レンジでまるごとチンするか、油通しをすれば苦味が和らぐので、子供にも食べさせることができます。

香りや苦味などクセの強い食材は、調理法を工夫すればそれをカバーできるので、好き嫌いも減らすことができます。

偏食を続けるとどうなるか?

栄養バランスというのは私たちが考えている以上にとても重要です。偏食といっても個人差はありますが、中には同じものばかりを毎日食べ続ける人もいます。食事をしていればある程度栄養は摂取できますが、人には生きていく上で最低限必要な栄養素というのもあります。

三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)は、体を作るためにも欠かせない栄養素です。ほかにもビタミン&ミネラル、酵素、食物繊維、乳酸菌など毎日でも摂取したい成分もあります。

例えば栄養バランスが偏ってしまうと、食べたものを消化しそれをエネルギーに変えるという、最も基本的なことすら満足に行われなくなるので、食べたものが全て脂肪になりやがて肥満につながります。老廃物もたまりやすくなるので、体の中に毒素も増えガンや生活習慣病へと発展する可能性もあります。

健康というと体だけを意識しますが、髪や爪・骨、皮膚などにもそれぞれに必要な栄養素があります。偏食で栄養バランスが偏れば必要な栄養が常に不足した状態なので、髪がパサパサになる、抜け毛が増える、爪や骨も折れやすくなる、肌が乾燥して肌トラブルを起こすなど様々なところにも支障が出てきます。

規則正しい食生活を意識する

栄養バランスが偏ると人の体に元々備わっている、病気に対する抵抗力や免疫力も低下していきます。ちょっとしたことですぐに風邪を引きそれがなかなか治らないということもあります。

このように偏食は生きていくというとこにも影響しかねないので、できるだけ早いうちに偏食を克服することも大切です。偏食の場合は食わず嫌いということもありますね。もしもアレルギーなどで重篤な症状が出るのであればその食材は避けたほうが無難です。

しかし単なる食わず嫌いの場合は、試しに食べてみると意外と美味しく感じることもあります。子供の偏食をなくすための調理法は大人の好き嫌いにも活用できます。

健康で生き生きとした毎日を過ごすためにも、食事はとても大切なものです。好きなものだけ食べていれば幸せですが、若いうちは良くても年を重ねるにつれて確実に偏食のしわ寄せが出てきます。

1日に必要な栄養素というのは実はすごくたくさんあります。例えば野菜なら1日に350gは必要だと言われていますが、実際に毎日350gの野菜を食べるのは無理があります。こういう時は野菜ジュースや青汁などでも代用できます。

どうしても苦手な食材はサプリメントでも代用できますが、基本は食事です。食事を工夫して偏食をなくし、どうしても無理なものはサプリメントで代用してもいいですね。可能な限りでいいので、規則正しい食生活を意識してみましょう

キャラクター紹介
ページ上部に戻る