TOP > > ごぼうの栄養アルクチゲニンでがん予防!食事にスプラウトを

ごぼうの栄養アルクチゲニンでがん予防!食事にスプラウトを

ごぼうのきんぴら

今回はごぼうのお話です。ごぼうにはさまざまな健康効果があることが知られていますが、今回お話しするのはがん予防を中心にした効果で、その有効成分を含めて研究されたデータからご紹介します。

その他、女性ホルモンのような働きが期待できたり、近縁種にも同じ効果が期待できるかもしれないなど、将来に向けての楽しみも感じさせてくれる内容でした。

ごぼうに含まれるアルクチゲニンはセサミンの仲間

セサミンと言えばサントリーの健康食品が有名ですね。ごまの健康成分を研究し、独自の分離技術をもって製品化したそうです。

今回話題のごぼうの成分アルクチゲニンとごまのセサミンは、どちらもリグナンと言う物質グループに属します。

このリグナンは植物性ですが、腸内細菌によって代謝され哺乳類リグナンになります。この哺乳類リグナンにはさまざまな薬効が期待されて研究が進められています。セサミンもアルクチゲニンも、どちらもこの哺乳類リグナンに代謝される物質なんですよ。

アルクチゲニンはフィトエストロゲンに代謝される物質

大豆イソフラボンに代表されるフィトエストロゲン(植物由来の女性ホルモンに似た物質)は、例えば家族に乳がんの人がいる女性や乳がん患者は注意したほうが良いと呼びかけられています。

国立健康栄養研究所の研究データベースにも、そうした情報が危険性情報として掲載されています。

一方で、国立がん研究所の大規模研究によると、乳がんは大豆イソフラボンをとった人の方が罹患しにくいというデータが得られているのです。

これは、フィトエストロゲンが本物のエストロゲンと競合するため、本物のエストロゲンによって引き起こされる病気にかかりにくくしているからではないかと考えられています。

今回話題のアルクチゲニンも、食べ物として腸に届いた後、腸内細菌によってエンテロラクトンと言うフィトエストロゲンに代謝されるのです。

アルクチゲニンにはがん予防作用が認められた

アルクチゲニンの研究は、様々な病気に対してどのような効果があるのかと言うことを中心に進められてきました。その中でやはり注目されたのはがんを抑制する効果です。

がんの抑制には二つの方向があります。一つはがんを発生させないとか、検査ではまだ見つからないレベルの微小ながんを成長させないとかの「がん予防効果」です。

もう一つは発生したがんをアポトーシス(細胞死)に導くとか、がん化した細胞を正常細胞に戻すとかの「がん治療効果」ですね。アルクチゲニンはこの両方を持つ場合があることが研究から判っています。

免疫力のアップや男性ではEDにも効果があるとされています。

ごぼうにはこんなに優秀な栄養がつまっていたんですよ~。

アルクチゲニンをがん予防や治療に利用する研究が始まっている

アルクチゲニンには抗がん作用があることがわかっていますが、がんと言うものはさまざまな原因で様々な部位に発生します。ですから、何か特定のお薬で全部に効くとか、いい食べ物で全部を予防するとか言うことは難しい部分があります。

このアルクチゲニンにも得手不得手はあるようですが、予防効果については広く期待できそうですし、治療については他の治療法と組み合わせることで高い効果を発揮できそうだと判ってきました。

単体では効果がなくても組み合わせると強みを発揮する

アルクチゲニンには骨髄性白血病の細胞を正常化する働きがあることが見つかっています。一方で、アルクチゲニン単体では前立腺がんや子宮がんに対する抗がん作用は見つかりませんでした。

しかし、面白い抗がん効果が見つかっています。通常、がん細胞は正常細胞に比べて熱に弱いという特徴があります。それを利用した、がんの温熱療法と言う治療法も存在します。

ところが、温熱療法を繰り返すとがんが熱に強くなるという「熱耐性の獲得」と言う問題がありました。

これはがん細胞が自分を守るために作り出すたんぱく質のせいで、一度温熱療法を行うと3日くらいは次の治療を行っても効果がないという現象として表れています。

そこで、温熱療法に並行してアクルチゲニンを投与したところ、がん細胞の熱応答を抑制し、熱耐性の獲得を阻害したという研究があります。つまり、研究が進めば連続して温熱療法を行い、完治を目指せる可能性が出てきたということなんです。

平たく言えば、アルクチゲニンが温熱療法の効果をアップさせると言うことですね。

新型の抗がん剤の一部として利用できる可能性もある

がん細胞は栄養が少なかったり酸素が少なかったりしても、生存増殖できる強力な細胞です。そこで、この飢餓などに対応する能力を失わせてやろうと言う抗がん剤の研究が進んでいます。

もし、こうした能力を弱められれば、もともと血管が不足しやすく低栄養・低酸素の状態にあるがん組織は、放っておいても死んでくれることになります。

【ちょっと予備知識】がんと癌の違いを知ってますか?

癌と言う漢字が難しいから「がん」と書いているという訳ではありません。実は漢字で書く「癌」に白血病や骨肉腫は含まれません。癌とは、皮膚や粘膜、分泌腺や実質臓器(肝臓細胞など)にできる上皮細胞由来の悪性腫瘍を指します。

一方、骨や軟骨、血管、脂肪組織、筋肉などにできる悪性腫瘍を「肉腫」と呼んでいます。それ以外に白血病や悪性リンパ腫のような「血液のがん」も悪性腫瘍として扱われます。

そして、癌と肉腫、血液のがんを合わせて「がん」と呼んでいるのです。ですので、特に上皮細胞由来であることを強調する必要があるときや、読む人に対して利便性を図る時以外は、広い意味で使える「がん」を使うことが多いのです。

英語では癌のことを”cancer”、肉腫のことを”sarcoma”と呼び分けていて、白血病などはそれぞれ固有の呼び方をしています。がん全体についてはまとめた呼び方がありますが、これは措きましょう。

興味深いことに、癌と言う漢字もcancerと言う英語もどちらも最初は「乳がん」のことを指していたんですね。華岡青洲師が世界で初めての全身麻酔手術を行ったのも乳がんの手術でした。

乳がんと言うのは、もしかすると医学の進歩の中でも特殊な位置づけにある運命なのかもしれませんね。

他にも、アルクチゲニンはがん細胞の飢餓や低酸素状態に対応する能力を阻害することがいくつかの研究から報告されています。

今後の発展が楽しみですね!

アルクチゲニンはどんな食べ物に含まれているのか

さて、こうした効果が期待できるなら、がん予防を視野に入れて食事に取り入れたいものですね。最初にごぼうが挙げられていましたが、他にはどんな食べ物に含まれているのでしょうか。

また、同じ食べるなら効率よく摂りたいと思います。どのように食べるのがアルクチゲニンをたくさん摂取できるのでしょうか?

アルクチゲニンはごぼうの他いくつかの食用食物にも含まれる

それほど多く含まれているわけではありませんが、

  • 軟質小麦(薄力粉や中力粉になる小麦)
  • アマランサス
  • くるみ
  • ベニバナ

アルクチゲニンを含んでいます。ベニバナについては紅花油からも検出されているようですね。

また、日本ではあまり売っていませんが、

  • カルドン
  • アーティチョーク

にも含まれています。これらはゴボウと同じキク科アザミ連ですので性質が近いのでしょう。そのほかサツマイモや空芯菜からも見つかっています。

それでも、私たちが普段目にする食べ物の中で最も多く含んでいるのはごぼうです。その中でもごぼうの種が最も含有量が多いのですが、ごぼうの種って食べませんよね。

そこで注目されているのがごぼうスプラウトです。かいわれごぼうとして売られていることもあります。スプラウトには結構種の状態での栄養がそのまま残っていたりすることが少なくありません。

また、この研究を行ったグループも、がん予防効果があるスルフォラファンがブロッコリースプラウトで効率的に摂れることを例示していました。

ごぼうの種は漢方薬の牛蒡子

出産経験のある女性の場合、乳腺炎の治療や予防に使われる漢方薬・民間薬の「牛蒡子」を飲まれたことのある人も少なくないでしょう。あれがごぼうの種です、苦いですよね。

でも、ごぼうの種はアルクチゲニンがブドウ糖と結びついた配糖体である「アルクチン」が非常に高濃度で含まれています。この配糖体は腸内細菌の働きでアグリコン(非糖部分)のアルクチゲニンに代謝されます。

もちろんごぼうの根っこにも、ごぼうの葉っぱにもアルクチゲニンは含まれていますが、葉っぱに含まれる量はかなり少ないようですので、スプラウトを食べるか普通の根っこの部分を多めに食べるのが良いでしょう。

お勧めしたいのは普通のごぼうの部分を日常の食事でうまく利用すること

何か健康に寄与してくれる成分が紹介されると、ついついそれをたくさん摂りたいと思ってしまうのが人情です。しかし、特定成分だけを大量に取るなら医薬品やサプリで、化学合成したものを摂った方が効率的です。

でも、日常生活の中でそんなものを大量に使いたくないですよね。そこで、その成分を含む食物には、他にどんなメリット・デメリットがあるのかを確認してから生活に取り入れるのがお勧めです。

例えばこのごぼう、保存性が高く価格が安定していて、一年中買い求めることができるというのは家計にとっても買い物の手間の部分でも大きなメリットですね。もちろん新ごぼうが出回る季節にはそれをおいしく食べるのも楽しみです。

栄養の面で見てみると、ごぼうと言えばまず食物繊維がたっぷりです。でも、根っこだから不溶性ばかりで水溶性食物繊維が足りないんじゃないかと言うイメージがありますが、実はそんなことないんですよ。

ごぼうは81.7%が水分です。そして、不溶性食物繊維が3.4%、水溶性食物繊維が2.3%、消化性炭水化物が9.7%となっていて、残りの2.9%はたんぱく質や微量の脂質とミネラルです。

さて、ここで食物繊維について、健康に資する水溶性食物繊維をたっぷり含むことで話題になったりんごと比較してみましょう。アップルペクチンは今でも人気の食物繊維です。

ごぼうりんご比較図

ごぼうの方が4倍近くの食物繊維を含んでいますね。しかも、水溶性の比率が高いようにも見えます。水溶性:不溶性の比率でも比べてみましょう。

ごぼうりんご比較図2
ごぼうは筋張っていると言うイメージとは裏腹に、みずみずしいフルーツのりんごに比べても、それどころか理想値に比べても水溶性食物繊維が多い、大変優秀な食物繊維源であると言えそうですね。

ビタミンやミネラルは少なめだがクロロゲン酸と言うメリットがある

ごぼうにはそれほど多くのビタミンやミネラルがあるわけではありません。葉酸(ビタミンB9)とカリウムが少し多めである程度でしょう。ですので、ビタミンやミネラルは他の食物から摂ることを考えて下さい。

一方ごぼうには、ポリフェノールのレスベラトロールやビフィズス菌のエサになるフラクトオリゴ糖がたっぷりです。そしてさらに、糖尿病やメタボに効果のクロロゲン酸もたくさん含まれているんですよ。

詳しくはこちら記事をご覧下さい。
コーヒーよりクロロゲン酸の含有量が多いゴボウで糖尿病予防

レンギョウと言う植物にはたくさん含まれている

レンギョウ

桜の季節に黄色い花をたくさんつけるレンギョウと言う植物があります。ピンクの桜、白のユキヤナギと並んで春をを彩る花ですね。実はこのレンギョウにたくさんのアルクチゲニンが含まれていることがわかっています。

とは言え、レンギョウはマメ科ですが食用ではありません。そこで、選定で出る枝などを利用してアルクチゲニン製剤の原料にするという考え方もあるようです。

しかし、そこに目を付けた自治体があります。レンギョウを地区の花にしている新潟県新発田市紫雲寺地区は、レンギョウの葉っぱを健康茶にすることに成功したということです。

まだ、一般的に販売されているという情報は見つかりませんでしたが、もし手に入ったらお試しになるのもいいかもしれませんね。

小胞体ストレスと言う原因を軽減して生活習慣病予防にも効果が

ここからはちょっと難しい話になります。大筋だけ言いますと、ごぼうは生活習慣病や、場合によってはアルツハイマー病やパーキンソン病、躁鬱病の発症要因を取り除ける可能性があるというお話です。

小胞体ストレスとはいったいどんなものなのか

人間の細胞の中には小胞体と言う器官が二種類存在しています。それはそれぞれたんぱく質を脂肪を作り出す働きを持っています。

このうち、たんぱく質を合成する粗面小胞体では、たんぱく質を次々に作り出して次の細胞内器官であるゴルジ体に送り出しているのですが、負荷が大きくなると不良品を作り出すことが多くなります。

この不良品はゴルジ体に引き渡されることなく小胞体にたまってゆきます。このたまった不良品が小胞体に与える悪影響を小胞体ストレスと言い、その水準が高くなりすぎると様々な病気の原因になることがわかっています。

この悪影響が膵臓で起こると糖尿病になりますし、神経細胞で起こると様々な神経疾患や精神疾患の原因になるのです。

体内でエネルギーを作り出す働きと抗がん効果

身体の中では常にエネルギーを作り出す働きや栄養素の合成が行われています。この二つは相反する働きなので、エネルギーをたくさん作りだしているときには、たんぱく質や糖、脂肪の合成は抑制されます。

逆にエネルギーの産生を抑えるとたんぱく質や糖、脂肪の合成が増えるのです。がん細胞は大量のエネルギーを消費することが知られていますが、逆にがん細胞の中ではエネルギー産生が非常に抑制されているのです。

これは、おそらくがん細胞がどんどん増殖することと関係しているのでしょう。このエネルギー不足の際にエネルギー産生を高める物質にAMPKと言うものがあります。

がん細胞はこのAMPKの働きを抑えることで増殖に必要な栄養素を作り出していると考えられています。

ここで、アルクチゲニンです。これはAMPKを活性化する働きがあるのです。AMPKが活性化されるとエネルギーの産生が活性化するとともに、がんの増殖に必要なたんぱく質などの合成を抑制します。

その結果がんの抑制に効果があるということになるんですね。

たんぱく質の合成が抑えられると小胞体ストレスが減る

小胞体で作られてしまった不良品のたんぱく質は、トランスロコンと言う生体膜にあいた穴を通って廃棄処分になります。でも、数が多すぎると処理が追い付かなくなって細胞自体が死んでしまうんですね。

そこで、AMPKが活性化されるとたんぱく質の合成が抑制され、小胞体にかかる負荷が少なくなります。その結果、不良品率が下がり、廃棄処分も追いついてくるという訳です。

こうした働きで、身体の様々な部位の細胞に起こる小胞体ストレスによる細胞死やそれに起因する様々な病気を予防できるということなのです。

ちょっと難しい話になっちゃいましたが、アルクチゲニンやその配糖体であるアルクチン、そしてそれを含むごぼうには今後特に注目する値打ちがあると言えるでしょう。

良い食べ物を選んで、健康な毎日を送ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る