TOP > > げっぷが多いのは病気?よくある原因・意外な原因について

げっぷが多いのは病気?よくある原因・意外な原因について

げっぷの正体

「げっぷ」というのは胃に溜まった気体が口から出ることです。誰でも1日に数回はげっぷを出しているのではないでしょうか。

胃の中には常に空気やガスが入っています。通常は胃の位置口の括約筋が閉じて気体が逆流することはないのですが、気体が増えたり括約筋がゆるんだりすると食道から口へ気体が出て行ってしまうのです。これがげっぷの正体です。

げっぷの原因~問題ない場合~

げっぷは誰にでもよくある生理現象です。一般には口から飲み込んだ空気がげっぷになって出ていくものです。食後には誰でもげっぷが出やすくなるのは食べ物と一緒に多少の空気を飲み込んでいるからで、これは問題ありません。

また、炭酸飲料を飲んだ後にげっぷがたくさん出ることも多くの人が経験していると思いますが、これは炭酸飲料に含まれる炭酸ガスが胃に充満して逆流するために起こるもので問題ありません。ただし少々下品になります。水泳の息継ぎの時にも空気を飲み込みやすく、後でげっぷが出ることがあります。

げっぷの原因~病気が考えられる場合~

中には病気が原因で起こるげっぷもあります。

腸の調子が悪い

腸内の悪玉菌が多くなると食べ物のカス(食物繊維)の腐敗が進み、胃腸にガスが発生してげっぷやおならが増えやすくなります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎というのは胃の入り口の括約筋がゆるむために胃酸が食道に逆流しやすくなる病気です。原因は胃酸過多か括約筋の機能低下です。胃酸が逆流して食道に炎症を起こすほか、胃に溜まったガスも逆流するのでげっぷが多くなります。

意外な病気でげっぷが出る

意外に思われるかもしれませんが、ストレスによってもげっぷが増えることがあります。これを空気嚥下(えんげ)症といいます。

空気嚥下症は、無意識に空気を飲み込む癖があるために胃に空気が溜まってげっぷがたくさん出てしまう病気です。緊張やストレスから唾液と一緒に空気を飲み込みやすくなるために起こるとされています。

無意識に空気を飲んでしまっているのでその癖を治すのは難しいかもしれません。ストレスの原因を見つけて解決するように努めたり、受診して抗不安薬を処方してもらうことが症状の解消につながります。

げっぷは治せる?

人前でげっぷをすることはマナー違反とされているので、思わずげっぷが出そうになっても我慢しなければなりません。げっぷがたくさん出る時は辛いものですね。

残念ながらげっぷの特効薬というのはありません。げっぷの原因を取り除くことが対策になります。あまりげっぷを気にし過ぎるとかえってストレスから空気を飲み込みやすくなってしまうので、考え過ぎないようにした方がよいでしょう。また日頃から胃腸の調子を整えておくことも大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る