TOP > > 朝のコーヒーに効果なし?カフェインの過剰摂取に繋がる危険性も・・・

朝のコーヒーに効果なし?カフェインの過剰摂取に繋がる危険性も・・・

モーニングコーヒーという言葉がある程、朝の目覚め薬としてはかかせない「コーヒー」。しかしその常識を覆すが如く、医学的な観点から健康に悪影響を与える「悪い習慣」である事が危惧されています。実は朝のコーヒーには眠気覚まし効果などなく、逆にカフェインに依存する体質を作り上げてしまうと言うから、驚きです。

出勤中に飲むコーヒーはただの水?カフェインが効きにくい時間帯があった!

コーヒーに含まれるカフェインが眠気覚ましの効果を発揮するには、血中に含まれるコルチゾールという成分の濃度が低くなっていなければなりません。実はコルチゾールは朝の8時から9時にかけて最も濃度が高くなり、この時間帯にカフェインを摂取しても、全く効果がないという事実が囁かれています。

この発表は海外の研究グループによるもので、それによると、カフェインが効きにくい時間帯に摂取してしまう事でカフェインに耐性を持ってしまい、結果コーヒーを多く飲むなどしてカフェインの摂取量を増加させてしまう事が問題とされています。

カフェインは様々な健康効果をもたらす事で有名ですが、摂りすぎると心臓病のリスクを増大させるなど、命にかかわる危険性が増す事が知られています。また、目覚めて直ぐの身体にカフェインが入ると、血糖値を急激に上昇させてしまい、糖尿病になる危険性があると言われています。

コルチゾールが高くなる時間帯は他にも12~13時、5時半~6時半とされています。逆に、最もカフェインが効きやすい時間帯は9時半~11時半。出来れば、仕事をはじめる前の一服として、一日のはじめのコーヒーを口にしたい所です。

朝食にはカフェオレが一番!空腹時のブラックは胃酸過多の原因に

朝食に添えられたコーヒーの優雅な香りには抗い難いものがあります。食欲が無いからと言ってコーヒーだけで食事を済ませる方もいますが、からっぽの胃に刺激の強いブラックコーヒーを流し込む事は、胃酸過多の原因になり内臓を痛める為、お勧め出来ません。

出来ればミルクを加えたカフェオレにする事で刺激がマイルドになり、胃の粘膜を保護する事が出来ます。朝に暖かい飲み物を身体に入れるというのは健康面においても、内臓をあたため機能を活性化させるため推奨されています。

また、貧血気味だったり、生理中の方がコーヒーを飲むのは基本的に避けた方が賢明です。コーヒーに含まれるクロロゲン酸が鉄分と結合してしまい、鉄分の吸収を阻害してしまいます。めまいや立ちくらみの原因にもなる為、カフェインを摂りたい場合には刺激の少ない紅茶を選択する様にしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る