TOP > 食生活

食生活で毎日健康へ

人は、食べ物で出来ていると言っても過言ではないと言えるくらい、「食べる」という行為は、生きていく上で、とても重要です。特に女性は、食べることで、ストレスを解消することも出来ます。ただ、好きなものばかり食べたり、カロリーの過剰摂取をしたり、食べ方、食べ合わせに気を付けないと、「食生活」は乱れ、「食」によって、病気が引き起こされることにもなりかねません。
それだけ、「食生活」と「健康」は、結びついているものなのですね。
このカテゴリでは、「食生活」にスポットを当て、健康に過ごすためのヒントをご紹介しています。

食で脅かされる健康

食べることは、楽しいことですし、おいしいことは、嬉しいこと。けれど、簡単便利な「食」に頼ってばかりいると、あなたの「健康」は、知らない間に脅かされ、気づかないうちに病気に浸食されているかもしれません。あなたの「食生活」は大丈夫ですか?

・食生活を見直そう
食の危険を見直そう!砂糖・牛乳・コンビニごはんはヤバいかも?
インスタント食品が危険だと言われる本当の理由とは?
本当に大丈夫?いつも食べている食品添加物の危険性について

食べないことがダイエットであり、痩せること。と、誤ったダイエットを続けていませんか?誤ったダイエットは、恐ろしい病気を引き起こす原因になることもあります。正しい知識で、「健康」なダイエットを目指しましょう。

糖尿病・心臓発作】朝食を抜く事で高まる恐ろしい病気のリスク】
摂り過ぎも摂らないのもNG!ダイエット中ヘルシーにオイルを摂る方法

食の偏りが病気を招く

人は、味の好みが違い、自分が好きな味付け、食べ物ばかり食べてしまう傾向があります。でも、その偏りは、危険なサイン。また、おいしいからといって、際限なく食べることも、体の不調をきたす原因になります。食の偏りも、食べ過ぎも、それが習慣となれば、立派な生活習慣病に。分かっていながら、ついつい・・・という方も多いはず。気を付けましょう。

・生活習慣病への危険性
好きなものばかり食べていてはダメ!偏食は体を不健康にする?
食べ過ぎが病気の原因ってご存知?生活習慣病は腹八分目で予防する!

食生活で体改善

食の偏り、食べ過ぎが、病気の原因になるのなら、それを逆手に取って、「食」で健康になる方法を試してみましょう。口から体へ入る食べ物を調整することによって、自分の体を守ることも出来るのです。

肝臓を守る食事 豆腐、納豆、みそ等大豆食品の賢い取り方
血液サラサラ!白色野菜をきちんと摂取することが大切な4つの理由
毎食にたまねぎを加えて血液さらさらに!簡単たまねぎ活用術

・症状に合わせた食べ物摂取
食べ物の中には、その食べ物を摂取することで、体調を改善することが出来るものがあります。体の不調を改善できる食べ物を知っておくことは、手軽に自分の体を改善できるチャンス!だるい疲労感や、辛い風邪、なかなか治りにくい喘息も、体の中から直していくことが出来るのです。

だる~い疲労感を改善するための、主食の工夫とは?
あなどるな!!「レンコン」を食べれば治る!風邪!咳!喘息!

水分補給も大事な食生活

固形の食べ物だけでなく、水分を適度に摂取することも、「健康」であるためには必要なことです。でも、ただがぶ飲みすればいいというわけではありません。糖分もカロリーもない「水」は、理想的な飲料ですが、人が摂取するのに理想的な量は2ℓ。実際飲むには、相当の量ですよね。けれど、習慣として取り入れることが出来れば、体の中に浸透し、余分なものを排出する手助けをしてくれます。

・水を飲もう
水を飲めば健康で美しくいられるって本当?理想的な水の飲み方を紹介

朝の一杯の水が整腸作用に!水があなたの体を変える

日本人には馴染み深いお茶は、体にいいと言われていますが、カフェインを含んでいるお茶もあり、過剰摂取は、健康に害を与えることにも。
また、お茶の種類によって、飲むことがベストになる時期、悪い時期というものがあります。それらを知った上で、摂取するタイミングを計り、健康な食生活に役立てるといいですね。

・お茶の正しい飲み方とカフェインについて
健康に良いお茶の種類や飲み方、健康に悪い飲み方

カフェインは身体に良いの?悪いの?

和食は世界が認める健康食

ユネスコが、無形世界遺産として認めた「和食」は、一汁三菜を基本とした、日本の昔ながらの食生活。素材の旨味を生かし、油を多用せず、四季の移ろいを感じさせる、目で愛でることをも尊重された「食文化」です。また、季節行事の折に食べる、旬の食材、行事食は、「家族」で食べることにより、心も満たされます。

・和食を「食」に取り入れよう
どんな薬よりも効く和食の凄さ!甘いものをやめて日本食をとろう!
理想的な長寿のための理想的な日本食とは?

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る