TOP > > 痩せるホルモンglp-1を増やして肥満予防に役立てよう!

痩せるホルモンglp-1を増やして肥満予防に役立てよう!

ダイエットをする理由は、人によっていろいろだと思います。でも急にダイエットを思いついても、それまで続けてきた生活習慣や食生活は、そう簡単に変えられるものではありませんね。

体を動かし脂肪を燃焼させるのもダイエットには大切な事ですが、普段からあまり運動をしない人が急に運動をしても、辛くて長続きしなかったり、無理をして怪我をするなどデメリットになる事もあります。

無理のないダイエットについて

ダイエットをする目的が何であろうと、一度やると決めたら頑張ってみたいものですね。見た目を気にするというのもダイエットを決意させる理由のひとつですが、無理をして途中で挫折してしまい、結局リバウンドしてしまうようでは意味がありません。

リバウンドを繰り返していると、肥満になるリスクも高くなるので、デメリットも増えてしまいます。

痩せるホルモンGlp-1とは?

Glp-1というホルモンは、痩せるホルモンと言われています。一時期テレビ番組でも取り上げられ注目を集めたので、ご存知の方も多いと思います。このGlp-1というのは、中性脂肪を吸収しにくくする作用があるホルモンです。

小腸で分泌されるのですが、ダイエット効果が期待できる事から、痩せるホルモンとして注目を集めているのです。今までいろんなダイエットを試しても、なかなか成功せずリバウンドを繰り返してきた人も、このGlp-1というホルモンを利用すれば、無理なくダイエットできるかもしれません。

Glp-1をダイエットに役立てるには?

痩せるホルモンという別名を持つGlp-1は、小腸で分泌されています。中性脂肪の吸収を抑えてくれるという嬉しい作用を、どのように活用すればいいかを考えてみましょう。

Glp-1の分泌を増やす事ができれば、無茶な食事制限をしなくても済むので、普通に栄養バランスを考えた食事を規則正しく食べていれば、ストレスを感じることなく食欲を満たせます。Glp-1の分泌を増やすには、小腸を刺激する事が必要です。

とはいっても、外部から刺激を与えるのは不可能ですから、ここは小腸を刺激する食べ物を積極に取り入れるのが一番です。これには食物繊維が役立ちます。食物繊維は腸内環境を整えるのにも役立ちますので、ダイエットには欠かせない物ですね。

食物繊維を含む食材もいくつかありますが、主に野菜に多く含まれているので、Glp-1を増やすためにも野菜をたくさん取り入れていきましょう。野菜にはビタミンやミネラルなど、ダイエット時に不足しがちな栄養素も含まれています。

つまりダイエットを成功させるには、野菜をたくさん食べればいいのです。もちろんダイエットにも必要な栄養素はあるので、野菜ばかり食べるのではなく、肉や魚もバランスを考えて取り入れるようにします。

Glp-1豊富な食材

ここで、Glp-1を効率よく分泌させる効果が期待できる食べ物をいくつか紹介しておきます。食物繊維といえばやはり野菜は欠かせませんので、繊維質の多い野菜をたくさん食べましょう。

野菜では、キャベツ・かぼちゃ・サツマイモ・ごぼう・アボカドなどがおすすめです。きのこ類も食物繊維が豊富です。果物ではバナナ・いちじく・プルーン・柿などもありますが、ドライフルーツは特に食物繊維が豊富なので、おやつ代わりにつまんでもいいでしょう。

海藻には食物繊維だけでなく、海のミネラルも豊富に含まれています。ひじきやもずくは水溶性の食物繊維を豊富に含むので、積極的に取り入れたい食材です。寒天はカロリーもゼロですし、食物繊維も豊富です。ダイエット中に甘いものが欲しくなった時には、寒天を使ったデザートもいいですね。

Glp-1をサポートする意外な物

青魚に含まれるEPAには、Glp-1の分泌を促進させるという意外な作用があります。ただし青魚を毎日食べるのも難しいところがあります。目安としては週に1回~3回程度でいいと言われているので、青魚もできるだけ取り入れたいところです。

意外という意味ではもう一つ、ウコンもGlp-1をサポートする作用があると言われています。ウコンはそのまま食べるのは難しいので、スパイスやサプリメントなどで取り入れるのもいいですね。ダイエットをする場合は多少の食事制限も必要ですが、無茶な食事制限をするとストレスばかりたまってしまい、かえって失敗やリバウンドの原因となります。

食べるものを選べば、ストレスや空腹と闘わずとも、適度に食べて健康的にダイエットする事も可能です。もちろん適度な運動も腸を刺激しますし、脂肪燃焼にも役立つので、食事管理と運動もバランスよく取り入れていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る