TOP > > 40代以上の人必見!生活習慣病予防のためのダイエット

40代以上の人必見!生活習慣病予防のためのダイエット

40代にもなると世間一般では、中高年と言われる世代です。自分はまだまだ若いつもりでも体の中では気づかないうちに様々な変化が起きています。

なぜ40代以降太はりやすくなるのか?

中年太りという言葉があるように、40代を境に痩せにくくなったとか、食事には気を使っているはずなのに太ったと感じる人が増え始めます。これはどうしてなのでしょうか?答えはズバリ!基礎代謝の低下です。

これは老化現象の一つなので誰にも起こりうるものですから、ある意味避けては通れないものです。つまり今までのような食事制限をするダイエット法ではなく、『基礎代謝を上げ脂肪を燃焼しやすい体作りをする』これこそが、40代以降のダイエットを成功させる秘訣なのです。

何もしなくても基礎代謝が低下すれば太るのも無理ありませんね。太っても別にいいやと思う人もいるかもしれませんが、肥満は生活習慣病の原因としても有名です。

痩せるとか細くなることを目的とするのではなく、生活習慣病の予防をすることで健康でいることを目標とすれば40代以降のダイエットも取り組みやすくなるでしょう。

代謝を上げ脂肪燃焼しやすい食事を意識する

40代以降にダイエットをする場合は、若い頃のような無茶なダイエット方法は通用しません。例え体重を減らすことができたとしても、体にかかる負担も大きいのでリバウンドの原因になったり、痩せたというよりもやつれた印象に見えてしまうので、実年齢よりも老けて見えることもあります。

健康維持には欠かせない三大栄養素はもちろんですが、他にも栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。しかしただ食べているだけではダイエットにはなりません。そこでおすすめなのが脂肪燃焼をサポートする成分を食事に取り入れる方法です。

例えばL-カルチニンは脂肪をエネルギーに変える作用があるので、代謝アップには欠かせないものです。ビタミンCとの相性も抜群なので、一緒に摂取することで基礎代謝もアップしやすくなります。

L-カルチニンを含む身近な食材といえば、お米や牛肉です。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれるのでご飯+お肉+付け合せのサラダやフルーツというようなごく普通のメニューでも十分なのです。

ただし食べすぎてしまうとカロリーオーバーになるので、食べる量はほどほどにしておきましょう。足りない分はサプリメントでも補うことは可能なので、サプリメントを取り入れるといいかもしれません。

ベース作りをしたら運動も取り入れよう

食事内容を考えるのも代謝アップには欠かせないステップですが、これはあくまでも年齢とともに低下しやすい基礎代謝を低下しないようにするためのものです。

しかし食事などに気を使うことで、脂肪を燃焼しやすい体のベース作りは可能です。ここからは多少体を動かす=運動することで脂肪を燃焼させることも必要になります。

運動といっても激しいトレーニングは必要ありません。運動好きな人でも必要以上に頑張ってしまうと、お腹がすきますね。こうなると必要以上に食べてしまうので今度はカロリーオーバーになってしまいます。

このカロリーと運動のコントロールが上手に出来ている人は、年齢に関係なく太ることとはほとんど無縁でしょう。コントロールができていないから、中年太りという現象が起こるのです。食事の内容とカロリーを意識しておくと食べすぎを抑えるこ戸ができます。

運動はその場でできるストレッチや体操程度でも十分です。この程度でも代謝に必要な筋力は維持できます。
栄養バランスや成分を意識した食事をし、適度に体を動かすことで中年太りも解消でき、それが生活習慣病予防にもつながっていくのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る