TOP > > 理想の体型を妨げ、肥満の原因を作る意外な環境要因とは?

理想の体型を妨げ、肥満の原因を作る意外な環境要因とは?

薄着になる夏だけでなくとも、ダイエットは女性の永遠のテーマです。なぜ永遠のテーマなのでしょうか?それは、いつまでも美しくありたいという気持ちもあるでしょうが、どれだけダイエットを実施しても、思っているような結果を得られていないことも、永遠という点に繋がっているのではないでしょうか?

今回は、厳しい食事制限や倒れてしまうくらいキツイトレーニングを積み重ねているにも関わらず、理想の体型に届かず、肥満が続いている人が盲点となっている外部環境要因をご紹介します。

食事でもトレーニングでもなかった心の問題

ダイエットに限った話ではありませんが、なんでも完璧にこなそうとする人がいます。もちろん、計画した減量計画に則り、毎日完璧な行動が出来れば良いですが、すべてを完璧にこなせる人はそう多くはありません。

その点を認識せず、完璧を求めてダイエットを始めてしまうと、1日でも目標をクリアできない日が出てしまうと、心の挫折が大きくなり、ダイエット自体を止めてしまう人がたくさんいるのです。

もちろん、全く目標を定めずに適当にダイエットを敢行しても、何も成果は生まれないかもしれませんが、自分に対してもう少し寛大な気持ちを持ちましょう。目標を達成できない日が出てきてしまうかもしれないが、それはそれで仕方がない。

切り替えてまた頑張れば良い。そうやって自分を許してあげる心の余裕も必要になるのです。逆に急に自分に負荷をかけ過ぎると、それが心的ストレスになり、過食などで太ってしまう原因になるかもしれません。そういう意味では、小さな目標設定から積み重ねていけば良いのです。

瞬発系トレーニングは危険

ダイエットをすることの目的は、スリムな体になる、体重を軽くする、健康になる、など、色々な理由があるかと思います。決して、太い筋肉を付けることが目的な人はいないはずです。

しかし、ダイエットを行おうと、縄跳びや短距離ダッシュなど瞬発力を鍛える系のトレーニングを大量にこなしてしまうと、かえって太い筋肉を生みだしてしまうのです。もちろん、筋肉が付く事は全く問題ないのですが、女性のダイエットの目的からすると外れてしまいますよね?

張り切り過ぎによる厳しい食事メニュー

ダイエットに取り組み始める前は、モチベーションも高く、ダイエット後の自分を想像し、必要以上に厳しい食事制限を自分に設定してしまいがちです。しかしながら、女性は特に体調の波が生じるので、厳しい制限を作ってしまうと、高すぎるハードルに失敗してしまうことが良く起こります。

そういう意味では、ダイエットの成功者にアドバイスをもらったり、インストラクターにアドバイスを求めたり、自分自身だけで行いたいということであれば、あまり調子が良くない時をベースにメニューを組み立てた方が、結果的に良い方向に転ぶでしょう。

女性特有の生理を考慮しよう

男性には理解してもらいにくい点ですが、生理前後は身体的にもメンタル的にも不安定になることが多いです。そのような時に、食事を必要以上に節制したり、厳しいトレーニングを行ってしまうと、体調を崩す事になったり、精神的な苛立ちを募らせ、マイナス方向に働いてしまう可能性があります。

生理の前後は、無理のないダイエットで理想の体型を作りましょう。ということで、理想の体型を妨げる脂肪ですが、厳しいトレーニングや必要以上の食事制限を儲けても、逆効果であることが多いです。自分の体調に合わせた無理のない健康管理を実施して、理想とする体型を手に入れましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る