TOP > > 食べる事を想像するだけのダイエット?脳とダイエットの意外な関係

食べる事を想像するだけのダイエット?脳とダイエットの意外な関係

ダイエットというのはいろいろな方法があり、目的も様々です。見た目を気にして常にスリムでありたいと思う人もいれば、太りすぎから健康に影響が出てしまいダイエットを余儀なくされる人もいます。

特に暴飲暴食をしているわけでもなく、むしろ食事には気を使っているのに太ってしまうこともあります。これは主に加齢のため基礎代謝が低下してしまう老化現象が原因となっています。

しかし原因が分からずに、無茶な食事制限などをすると体にも影響が出てしまうので、ダイエットをする場合は自分がなぜ太ってしまったのか、その原因をしっかりと確認しておきましょう。ダイエットをするにも状態によって方法は異なるからです。

そもそもダイエットとはどういうもの?

まずダイエットという言葉から何を連想するか考えてみましょう。人によって多少の違いはあるものの「食事制限と運動をすることで体重を減らす」これが一般的なイメージですね。もちろんこれも正解と言えます。

ただし食事制限がきつすぎてしまったり、普段運動をしない人が急に体を動かそうとして筋などを痛めてしまうこともあります。どうしてもダイエットをすると決心したとき、どこか義務感のようなものが生まれるので、無茶をしてしまう人が多いのも否めません。

ダイエットというのは「適度な食事制限と適度な運動を取り入れることで、健康的に体重=余分な脂肪を落とす」これが本来のダイエットです。

どうしても食べたいのを我慢できない!

太ってしまう原因もいろいろあると言いましたが、ほとんどは食べ過ぎによるものです。たくさん食べてもその分運動をしてカロリーを消費すれば太ることはありませんが、大抵の場合食べる量が消費量を上回るのでカロリーオーバーとなり太ってしまうのです。

だったら食べる量を制限すればいいのですが、これが言葉で言うのとは違いかなり難しいことになります。食べたいという欲求を何かで紛らわすことができればいいのですが、強い欲求となってしまう場合は、つい自分に負けて食べてしまうことも多いですね。

もしくは我慢していてもそれが極度のストレスとなり、逆にリバウンドの原因となってしまうこともあります 。

食べるところを想像するダイエット法

そこでおすすめしたいのが、食事の前に自分の好きなメニューや目の前にあるものを食べるところを想像する方法です。このときできるだけリアルに食べるところを想像してみましょう。香りがあるとよりイメージしやすいので、目の前に食事やお菓子などを置いて実践するのもオススメです。

口にいれ噛み砕き飲み込む、これを何度か繰り返し完食するまで想像します。食事の前でもいいし、間食をしたくなったときにも効果的です。実際に食べているのと同じように口を動かすのもいいですね。想像する時は必ず完食するまで続けることもポイントです。

これにどんな効果があるかについてですが、想像するだけでも満腹中枢を刺激することができるので、実際は食べていないのに満腹感が得られるのです。簡単に言えば脳を錯覚させる方法です。実際にこの実験をしたところ、食べる前に食べるところを想像した人の方が食べる量が少ないということが確認されています。

想像することでいつもはなんとなく行っている「食べる」という動作に集中できますね。この時香りがすることでよりリアルに食べているところを想像できます。しかし実際は食べていないので、この感覚に慣れるまでは時間がかかることもあります。

しかし好きなものを食べることができますし、満腹感が得られるのでストレスも感じません。私も実際に挑戦していますが、食べるところを想像してから食べるといつもより早くお腹いっぱいになるので、自然と食べる量が減っていきます。

脳の錯覚を利用する方法ですが、香りがすることで満腹中枢は満たされるので辛い空腹感などもありません。慣れるまで多少個人差もあると思いますが、無理なく健康的に行えるダイエット方法なので試してみる価値はあると思います。

食べることに集中することで更に効果もアップするので、食事中はテレビを見ながらではなく、静かな環境で食べることに集中するのも効果的です。ダイエットに想像力を働かせてみるのもおもしろいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る