TOP > > ジョギングよりホラー映画!?「恐怖」で健康になるダイエット

ジョギングよりホラー映画!?「恐怖」で健康になるダイエット

ホラー映画は健康に良いという、驚くべき結果がイギリスの大学から発表されました。人は過度のストレスや恐怖を感じると、アドレナリンというホルモンが大量に体内に放出されます。アドレナリンには心拍数や血圧を高め、基礎代謝率(エネルギー消費率)を上げるはたらきがあります。

ホラー映画を観て感じた恐怖であっても同様にアドレナリンが放出されます。登場人物に感情移入したり、恐ろしい場面を視覚で感じる事によって、脳にはそれを実体験したのとほぼ同じストレスがかかります。ストレスや恐怖を感じる事は身体の免疫力を強化し、白血球のはたらきを活発にして病気への耐性を高める効果もあります。

座ってヤセる?走ってヤセる?ホラー映画を観るだけでカロリーが燃焼する!

一般に、ジョギングの消費カロリーは体重(kg)×距離(km)で求める事が出来ます。仮に1.5kmの距離を50kgの人が走ったとすると、消費カロリーは150kcalという事になります。ジョギングをする事で筋肉や体力は鍛えられますが、案外消費するカロリーは少ない事をご存知でしたか?

約90分間のホラー映画を観た場合、ストレスや恐怖を感じた身体は、何をしなくてもカロリーを100~180kcal程度消費している事がわかっています。これは大量に放出されたアドレナリンによって基礎代謝量が上昇した為であり、クルマに例えるならば、超高燃費状態という所でしょうか。

スリリングな場面で手のひらや背中が汗ばむ、所謂「冷や汗」もアドレナリンによるものです。また、血糖値を上昇させるはたらきにより、空腹感を感じにくくする効果があります。過剰な食欲を抑えたり、間食の防止に役立つほか、頭の回転を早めて学習能力の向上がねらえます。

人は齢を重ねるごとに基礎代謝量が低下し、カロリーを消費しにくい身体になってゆきます。手軽にアドレナリンを放出でき、老若男女問わず行えるホラー映画鑑賞はダイエットの一貫として行ってみる事をおすすめします。勿論、怖ければ怖い程、消費カロリーはアップしますよ。

ホラー映画好きは風邪をひかない!?驚きの免疫強化術

別の研究によると、ホラー映画を観る前の採血結果と観た後の採血結果では、白血球の数に違いがある事が明らかになっています。観た後では白血球数が明らかに増加する結果となっており、これは恐怖に対して身体が生存本能を高めた結果によるものと推測できるそうです。

白血球は体内に侵入して来たウィルスや菌を死滅させるはたらきを持つ、いわば身体のバリア的存在。数が増えるという事は、身体の免疫力が高まっている証拠でもあるのです。日頃からホラー映画を観ている人は頻繁に白血球が増加し、風邪をひきにくい身体になっている事でしょう。

病は気から、と言いますが、ホラー映画を観終わった時には、自分の今生きている環境がいかに幸せな環境だったかを再確認する事が出来ます。生きたいと思う「欲」が、実際に身体を中から健康にしているというのは、科学的に見ても本当の話の様です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る