TOP > > 市販の下剤を使用したダイエットがネットで話題に・・・本当に大丈夫?

市販の下剤を使用したダイエットがネットで話題に・・・本当に大丈夫?

皆さんはダイエットに興味がありますか?相変わらずネット上ではダイエットの特集が人気のようです。「ダイエット」でネット検索すると、様々な種類のダイエット方法やダイエット商品が沢山ヒットして、どれが良いのかも分かりません。

ダイエットには様々な方法があるようですが、やはり人気なのはお手軽ダイエットではないでしょうか。

本来のダイエットは食事制限と運動によるカロリーコントロールが基本であり、健康的に体重減少させることを目的としています。しかし、最近流行しているダイエットを見てみると、簡単で辛い思いをしない「お手軽ダイエット」が多いように思えます。

人間の身体は簡単には痩せられないようになっているはずなのですが、ネット上には「一日で○○kg減少」とか「速攻効果あり」などの魅力的な言葉も溢れているようですね。

そのような状況の中で、ちょっと気になるダイエット方法を見つけました。それは下剤ダイエットと言うらしく、下剤を使用したお手軽ダイエットだと言うのです。

そもそも下剤とは何でしょう?

ご存知だと思いますが、下剤は便秘を改善するために使用される薬です。下剤には様々な種類がありますが、大きく分けて「腸の刺激性下剤」「機械性下剤」に分類して良いと思います。

刺激性の下剤は腸を刺激して排泄を促す仕組みで、大腸や小腸を刺激することでぜん動運動を活性化させます。機械式下剤は便に含まれる水分を増すことで大きくして、腸を刺激して排便を促す仕組みになります。

下剤は過度の便秘などにより病院で処方されることもありますが、一般的には市販薬として薬局で購入して使用することが多いと思います。実際のところ、下剤は便秘における対症療法であり、便秘自体を治療する薬ではないのが事実であり、使用には危険性も伴うのです。

ダイエットで使用されている下剤は主に刺激性下剤ですが、下剤の安易な使用は大きなトラブルを招く結果になるかも知れません。

それでも続けますか?下剤ダイエット

下剤ダイエットの人気の秘密はその即効性にあるようですが、実際にダイエットとは単に体重の減少ではなく、体脂肪の減少を目的としています。下剤で腸を空っぽにすることで体重は減りますが、脂肪が減少したことにはなりません。下剤では脂肪を減らす即効性はないのです。

また慢性的に下剤を使用することで腸による栄養の吸収を阻害し、ダイエット効果をもたらすことも人気の理由ですが、実はこれが一番危険な行為だったのです。

たしかに下剤を慢性的に使用することで、腸に溜まっている排泄物がなくなり一時は体重の減少にも繋がるでしょう。しかし、排便時に常に下剤を使用していると腸の神経が麻痺してしまい、下剤がないと便意を感じないようになってしまうのです。

さらに悪化すると下剤を使用しても排便することが出来なくなり、腸閉塞の危険性さえもあるのです。この状況では命の危険性も考えられる重篤な症状と言えます。

最近の研究では腸は「第二の脳」とも言われており、腸が人間の免疫システムの一部をコントロールしているとも考えられています。そのような重要な臓器である腸の神経を麻痺させる行為は、自らの健康を阻害している行為にしかなりません。

現在、下剤ダイエットを長期に実践している人は、病院でお医者さんに相談されることをオススメします。健康を害してからでは遅いのですから。後の祭りにならないように十分に注意して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る