TOP > > 賛否意見をふまえて検証!朝食抜きで行う8時間ダイエットの効果は?

賛否意見をふまえて検証!朝食抜きで行う8時間ダイエットの効果は?

食事と時計と女性

「8時間ダイエット」をご存知でしょうか。詳細は後ほどご紹介いたしますが、朝食をとらないダイエット方法が基本になります。

この8時間ダイエットで多くの方が減量に成功したという報告がある一方で、朝食抜きは健康に良くないという情報も耳にします。

ダイエット関連の情報や商品が巷に溢れていることからもやせることは多くの人の関心事だと思います。でも、どんなにやせられたとしても健康を害してしまうようなやせかたは避けたいものです。

8時間ダイエット、やせること、朝食抜きの賛否について検証していきます。

8時間ダイエットとは?その方法を詳しくみてみよう

8時間ダイエットとは、一日のうち8時間以内だけ食事をする、というダイエット方法です。

通常、1日3食を食べている場合と、8時間ダイエットの場合を例にあげてみてみましょう。

【通常(1日3食)】

朝7時に朝食を食べて、12時に昼食、20時に夕食終了とします。この食事パターンですと13時間の中で食事をしていることになります(7時~20時)。

そして夜20時から翌朝の7時まで食事をしていない時間は11時間です。

【8時間ダイエット(朝食抜き、3食の場合も)】

12時にお昼を食べて夜の20時には食事を終了する、というのが8時間ダイエットです。文字通り8時間以内での食事となります。

8時間ダイエットの方法タイムスケジュール1

朝の9時に朝食をとって正午に昼食、夕方の17時に晩ご飯…これも8時間以内に食事をすませていますね。

8時間ダイエットの方法タイムスケジュール2

この場合ですと夜間食事をしていない時間が16時間になります。この16時間が重要なのです。

8時間ダイエットで重要なのは代謝酵素を活性化させること

私たちの体内には大きく分けて2つの酵素があります。1つは消化酵素、もう1つは代謝酵素です。

食べ物が体内に入っている状態では消化酵素が優先されます。しかし、ダイエットのために脂肪を燃焼させるには代謝酵素に働いてもらう必要があります。

ダイエットに重要な代謝酵素に働いてもらうには、空腹である時間が充分に必要なのです。

8時間ダイエットで食べていいもの

8時間ダイエットではどんなものでも食べて大丈夫です。でももちろん食べ過ぎるとダイエット効果は得られません。

通常、8時間ダイエットでは朝食を抜きます。代謝酵素の働きも期待されますが、8時間ダイエットでは1食少なくなるので、1日の摂取カロリーの低下が期待できるのです。

人間はなぜ太るのでしょうか。率直に言って食べ過ぎるからです。消費するエネルギーに比べて、摂取するエネルギーが多いから太るのです。

1食分食べる量を減らせばやせる、わかりやすいですよね。

8時間ダイエットを実践してみての感想

私は8時間ダイエットを緩やかにやっています。詳細は後ほどご紹介いたしますが、朝食を抜くということについて考えてみたいと思います。

読者の皆様は子供のころに朝ご飯をちゃっと食べるように教育されなかったでしょうか。「朝ご飯をちゃんと食べないと頭がキチンと働きませんよ」等と言われたものです。

理屈を抜きにしても母が毎朝朝食を用意してくれていたので、朝はごはんを食べるものだと疑いもなく成長してきました。

でも、みなさん毎朝朝ご飯を食べたいと思って食べていますか。早起きをして朝体を動かした後の朝ご飯は美味しいですよね。

でも日常生活の中では、「うっ、もう朝か…仕事があるから起きねば」と思いつつも布団の中でぐずぐずして、出勤時間に間に合うギリギリに起きて、身支度をして、時間が十分でない中、朝ご飯を敢えて食べたいと思うでしょうか。

食欲も時間もない中義務感で朝食を食べていることはないでしょうか。それが朝食を食べなくてもよい、食べないほうが健康に良いとしたら、少し気持ち気的にも時間的にも自由になるような気がします。

食べたくないなら無理して食べない。現代人はカロリー摂取過剰です。

朝食を抜いて、時間的に余裕を得て、胃腸も休ませることが出来、さらにやせることが出来るのであれば、これは良い習慣ではないでしょうか。

朝ご飯を食べないとお昼前にお腹が空いてしまう時は飴をなめています。血中の糖分が低下すると空腹を感じるので、黒糖飴などと口に入れると空腹感を抑えられるのです。

ちょっと試してみたくなってきましたか?

8時間ダイエットは健康的か、そうでないか

やせること=適正体重を維持すること、これは健康面でも良いことです。しかし、どのようにやせるのか、それは大切な問題だと思います。

「断食は健康に良い」と最近では盛んに言われていますが、やはり一般的には素人が専門家の指導のない状態で何日も、何十日も断食をしてやせるのは健康的ではありません。

運動をしてやせるのが健康的だからと言って、普段運動をしていない人がいきなり100kmも走ったらきっと体を壊してしまうでしょう。

それほど極端ではないにしても、 やせるということは多かれ少なかれ体に影響を与える行為ですので、健康面に注意をしながらダイエットしたいものです。

今回のテーマ、8時間ダイエットは果たして健康上問題ないのでしょうか。

8時間ダイエットは危険!とする説

厳密に言うと「8時間ダイエットは危険!」というのとは微妙に違うかも知れませんが、朝食を抜くことの危険性を示唆した調査結果があります。

大阪大学医学部大学院 磯博康教授らによって2016年に発表されたデータが朝食を抜くことの危険性を示唆しています。

磯先生らの研究が発表になる前は、朝食を抜くことのアジア人の脳血管疾患に与える影響というのは明らからにされていませんでした。

この研究には45歳から74歳の82,772人の日本人が参加しました。内訳は男性38,676人、女性44096人で、参加条件は心臓病や癌の既往の無いことでした。研究は1995年から2010年にかけて行われました。

その結論として、毎日朝食を食べることは脳卒中の予防につながるかもしれない、ということが示されています。
(朝食の摂取と脳出血リスクの関係 – Strokeより)

現代人は食べ過ぎ!とする説

朝食を抜くのは危険だ、とする説がある一方で、朝食抜きは健康に良いと薦める医師もいます。

朝食抜きを薦める説をご紹介したいと思いますが、まずその前に現代人は食べ過ぎている、とする説をご紹介しましょう。

現代人の食生活は、歴史上かつてない「飽食の時代」に突入しました。「いつでも、好きなだけ食べられる!」といった習慣は、腸内環境を汚し体内には様々な毒素(有害物質)を蓄積し、美肌や健康の大敵となってしまっています。

日本酵素・水素医療美容学会は、現役の医師が多数在籍し、健康寿命を延ばすことと医療・美容業界の発展に寄与することを目的としている学会です。

長い人類の歴史の大部分は飢餓との戦いでした。血糖値を上げるホルモンはグルカゴン、エピネフリン(アドレナリン)、糖質コルチコイド、成長ホルモン、甲状腺ホルモンと複数のホルモンがあります。

しかし、血糖値を下げるホルモンはインスリン1つしかないのです。

かつてない飽食の時代に人間の体が対応出来なくなった結果、糖尿病などの生活習慣病患者が増加しているということがいえるでしょう。

少食、朝食抜きは健康に良い!とする説

まずは、食べすぎを諌める(いさめる)医師のコメントをご紹介します。

あらゆる動物で食事の量を増やしたり減らしたりしてみたところ、四〇パーセント減らしたときが一番長生きで、平均1.5倍寿命が延びることがわかりました。もちろんこれは、人間にも当てはまります。

中略。

昔から宗教では様々な形で断食が行われ、意図的に飢餓状態になることがすすめられてきましたが、これは断食が不老長寿につながると経験的にわかっていたからでしょう。

一般的には「腹八分目」といわれていますが、先ほどお話ししたように、延命遺伝子を働かせるためにはそれでも多過ぎです。

できれば「腹六分目」を目指してください。食べ過ぎを極力減らしていくことであなたの延命遺伝子にスイッチが入り、細胞から若返っていくことができるのです。

引用…『「50歳を超えても30代に見える生き方」 南雲吉則 講談社+α新書』

次に朝食抜きをすすめる医師のコメントをご紹介します。

各人の生活スタイルによって、一日の、どの食事を抜くかは、各人が決める必要がある。しかし、、一般的には「朝食抜き」が一番やりやすいし、理にかなっている。

日の入りと共に就寝し、日の出と共に起床して「朝飯前」の一仕事(筋肉運動)をした後に食べる昔の人の「朝食」は意味があったろう。

しかし、サラリーマンやOLの方々、自営業の人々は、夜遅くまで仕事をし、それからアルコールを飲み、夕食を食べる人が少なくない。また、宴会の後は、夜食のラーメンを食べて帰る人もいる。

その後、深夜に就寝して、5~6時間の睡眠の後、早朝に起床して「1日3食食べないと健康に悪い」「とくに朝食は大切だ」などという一般論に呪縛され、食べたくもない朝食を無理に食べている人々が少なくない。

その結果、「高」脂血症、「高」血糖、「高」血圧、「高」体重=肥満という「高」のつく「食べすぎ病」=「メタボリック症候群」が、日本に溢れているのだから笑止千万である。

そもそも朝は、吐く息が臭い、目ヤニや鼻糞がたまっている、尿の色が濃い等々、排泄が旺盛な時間帯である。なぜなら、夜、眠っている時は、誰しも断食(fast)しているのだから。

体内、血液内の老廃物、有害物を排泄して、血液をキレイにして病気を防ごう、としている時間帯が朝なのである。

その状態で朝食を食べると、「吸収は排泄を阻害する」の生理が働いて、排泄が止まり、せっかくの体内・血液の浄化反応がストップし、血液が汚れ、万病のモトを作ることになる。

引用…『「空腹療法」 石原結實 KKロングセラーズ』

朝食抜きは健康に悪いという疫学データがある一方で、朝食抜きを自信をもって薦める医師がいます。

どちらが正しいのでしょうか。私たち素人にはなかなか判断しづらいところです。対極する情報がある場合、どちらを選択するかはあなた次第となるのです。

対極する情報がある場合の対処の仕方のいち例

世の中にはいろいろな情報が溢れていて判断に困ることがあります。ダイエットや食事に関する情報もそうですね。

後ほどご紹介しますが、やせているほうが良いという情報もあれば、やや太り気味のほうが良い、という情報もあります。

そもそも太っている、とされていた基準が変動して、従来、肥満とされていた人が、ある日から突然普通の人になることもあります。

朝食は食べないと体に毒という情報もあれば、朝食は食べないほうが健康に良いという意見もあります。

こうした場合、どうすればよいのでしょうか。何を信じればよいのでしょうか。

ご参考までに筆者である私の場合を紹介させていただきます。

私は、石原結實先生の朝食を抜くことの説明が説得力があると思っています。朝食を抜くことは脳卒中のリスクを高める、という疫学データがありますが、これはそれほどパワーがあるとは考えていません。あくまでも個人の見解ですが。

疫学データというのは、何かの原因を探る上で有用な手段ですが、色々な要素が混ざりすぎるので、それで断定するのは難しいように思います。

統計的に結論を出すのであれば、予め、朝食を抜く群と朝食を食べる群に分けて、脳卒中の発症率を検討する必要があります。

ただ、これは人道的に問題があるので、このような試験は実際には行えないと思います。つまり、はっきりとした答えは出ないままになります。

もし、仮に統計的に答えが出たとしても、あくまで確率の問題であり、個人のレベルでは絶対に将来そうなるということではもちろんありません。

幕末の英雄坂本龍馬は姉に宛てた手紙の中で次のように書いています。

「うんのわるいものハふろよりいでんとして、きんたまをつめわりて死ぬるものもあり」

運の悪い人はお風呂から出ようとして、風呂桶をまたぐときにき〇たまをぶつけて死んでしまう人もいる、という意味です。

毎日まじめに朝食を食べたとしても、将来のことはわかりません。明日、交通事故にあってしまうこともあるかもしれません。

そこで、何を選択するかは自分次第となります。自分の納得のいくことをして、後悔しないようにするのが良いのではないでしょうか。

ある先生のお考えが素晴らしい、と思っても、お一人だけが言っているのでは心細いので、私の場合は、他に同じようなことを言っている人がいないか探しました。

すると以下のような本に出会いました。

まず、朝ごはんから抜く。これはファスティングの常識です。一日三食しっかり食べていた人が、いきなり一食にするのはむずかしい。

おなかが減って当然です。だから、まず朝食抜きの一日二食から始めましょう。午前中、おかながすいて我慢できなくなったらお茶や水を飲みます。コーヒーや紅茶は佐藤、ミルク抜きで。糖分が多すぎる缶コーヒーはNGです。

前日の夕食から、翌日の昼食まで18時間以上あいていることが大事です。これは胃が完全に空になる時間を作って、休ませるためです。前日の夕食が19時だったら、翌日の昼食は13時ということになります。

引用…『「できる男は超少食」船瀬俊介 主婦の友社』

船瀬さんは食品等の問題に取り組むジャーナリストです。ご自身が少食の習慣を獲得しており、数々の著書でその効果を紹介しています。

船瀬さんは少食抜きに留まらず1日1食を提唱されています。

その他には次のような方もいます。

飢餓状態とも言われた約70年前と比べて、現代の日本は「飽食の時代」と言われます。飽食が行きついた末、日本は健康長寿の国から病気大国に成り下がってしまいました。厚生労働省の調査では、次のような結果が出ています。

「糖尿病とその予備軍が合わせて2050万人」
「男性の3人に1人、女性の5人に1人が肥満」

では、昔と今では何が変わったのでしょうか。それは食習慣や食事内容です。もっとシンプルにいえば、食べすぎです。

中略

よく「野菜、肉、魚をバランスよく、1日3食を食べて栄養をつけましょう!」と教えられます。確かに排泄がうまく働いている人にとっては大切なことでしょう。

しかし、飽食の時代、食べすぎの現代人には、食べることより排泄に意識を置くことが最も大事なのです。

引用…『「3日で人生が変わる究極の断食力」 田中裕規 株式会社 経済界』

田中裕規さんは1級断食指導者の方です。

この方も、現代人は食べ過ぎており、消化管を休ませるために食べない時間を設けることを提唱しています。

自分の体の変化に注意をしながら、最も自分に会った方法を探しましょう

私は一時期朝食抜きを厳密に行っていた時期がありました。それが軌道に乗ると今度は朝昼を抜いて一日一食にしました。体重は4カ月で最大8キロ減りました。

それでも標準体重まで4キロ多かったのでさらなる減量を目指しましたが、ある時から体重が減らなくなりました。

食べていないのに減らない…不思議な感覚でした。きっと節約遺伝子が発動していたのだと思います。

基礎代謝が落ちているのと並行して、なんとなく元気もなくなっているように思いました。そしてもしかしたら筋肉が落ちてしまっているのかもしれない、と思うようになりました。

先ほどご紹介した本の著者船瀬さんは一日一食にしても筋肉は落ちない、とその著書の中で書いていますが、私の実感としては筋肉が落ちているように感じたのです。

その結果、ジムに通うことにしました。実際、食事量を減らし始める前と後で筋肉量を測っていないため本当に筋肉が落ちていたのかはわかりません。

色々な人が色々なことを言います。

省略しましたが、8時間ダイエットでは食事をとらない16時間に水を2リットル飲むように薦めています。

一方、空腹療法の石原結實先生は水を飲むと体が冷えるから飲まないように薦めています。

どちらも空腹時間を設けることを提唱する点では一致していますが、細かいところでは違いもあります。

どの方法が自分に一番適しているのか自分の体を観察しながら探していくのが良いのではないでしょうか。

ダイエットは一時期のイベントではなくライフ・スタイルだと言います。ご自身にあった方法に出会えると良いですね。

やせることは正しいのか?健康面から見た痩身の賛否

やせ過ぎは困りますが、全体的に先進国の人間は標準体重を超過している傾向があるため、健康上やせることが推奨されています。

その代表的な例がメタボ撲滅運動です。

内臓脂肪型肥満は言わずもがな健康に良くない

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の溜まり過ぎが原因で複数の病気が併発し、動脈硬化が急速に進行しやすくなっている状態です。

ぽっこりお腹の「内臓脂肪型肥満」を解消すれば動脈硬化性疾患を予防出来ると言います。やっぱりやせたほうが良いのですね。

少しくらいぽっちゃりしていたほうが長生きする?

生活習慣病の予防のためやせることが正しい、という風潮が広まっていますが、一方で「メタボ対策はやり過ぎると危険」と警鐘をならす医師がいます。

40歳以上の調査対象者5万人を、BMI(体重と身長の関係から算出される体格指数)をもとに「やせ」「ふつう」「太り気味」「肥満」の4グループに分け、それぞれの40歳時点での平均余命を調査したデータが、2009年に厚生労働省から発表されました。

その結果、平均余命がもっとも長かったのは「太り気味」の人たちでした。逆にもっとも平均余命が短かったのは「やせ」の人たちで、両者の平均余命いは実に7年もの差があったのです。

引用…『「人生の9割は40代で決まる」和田秀樹 中経出版』

メタボも統計に基づき出された対策です。一方で、太り気味がもっとも長生きであるという統計データも存在します。

肥満の定義は「永久不変」ではない

2014年には人間ドッグ学会が身体検査の基準値を変更して話題になりました。従来BMI25以上を肥満としていましたが、新基準では男性27.7以上、女性は26.1以上が肥満とゆるくなったのです。

従来肥満と言われていた人が、一夜にして「標準体重の人」になることもあるのです。

基準値は時代によって変化するものですので、その時の基準が絶対ではないわけです。

このように、どの結果が正しいとは言えないと思いますが、統計データは日本人全体の保健衛生を考える立場にある国や各医学会の方針を決める際にとても有用な情報と思います。

ただ、確率の問題であり、個人のレベルに当てはめると必ずしもその結果が自分の将来に訪れるものでもありません。

対立する二つの情報が存在する場合、どちらを信じて自分の生活に応用するのか、それはあなた次第、ということではないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る