TOP > > 冬太りは言い訳かも?実はダイエットは代謝が上がる冬がオススメ

冬太りは言い訳かも?実はダイエットは代謝が上がる冬がオススメ

貴女の冬の悩み事って何がありますか?「お肌の乾燥」「寒さに弱い」「風邪をひきやすい」「運動不足」などがあるようですが、「冬太り」も悩み事の一つにあると思います。

冬太りって何?って言う人もいると思いますが、これは冬に体重が増加する現象で、原因として考えられるのが運動不足や食べすぎになります。

冬は寒いし場所によっては雪も降ることから、外出の機会も減り運動不足になると言うのです。さらに家にいることが多くなることは、お菓子などの間食を食べるきっかけになり、冬太りが完成してしまいます。

本当に冬は太りやすい季節なのでしょうか?・・・実は冬こそダイエットが効果的に行える季節だったのです。

冬が夏より痩せやすいって本当?

夏は一日中汗をかいていて、じっとしているだけで体力を使っているイメージがあります。「夏痩せ」という言葉があるように、多くの人にとって夏はエネルギーの消費が多く、痩せやすい季節だと考えているでしょう。

しかし、夏痩せの原因は身体が痩せやすいのではなく、夏の暑さの影響で食欲が低下して痩せることが原因になります。特に夏場が痩せやすいということではなかったのですね。

それでは冬場はどうかと言いますと、驚くことに「冬場は身体が痩せやすい季節」だったのです。

冬場に痩せやすい理由として考えられるのは、人間の持つ体温を維持させる働きが大きく関係しています。人間には無意識下で働く代謝作用と呼ばれるものがあり、呼吸や生命維持にかかせない体温調節などを行っています。

その中でも体温の調節は重要であり、その人の平均体温を維持するために、エネルギーを消費して発熱させています。暖かい夏ではエネルギーの消費は少ないのですが、寒い冬には多くのエネルギーが必要になり代謝も上がるという訳です。

ここで言っているエネルギーとはカロリーであり、足りないカロリーは脂肪を燃焼することで供給されることになるのです。

気温が一桁になると体温を維持するために代謝が上がり、カロリーの消費も加速されてきます。気温が低いほど代謝も上がるので、ダイエット効果も向上し痩せやすい環境とも言って良いのではないでしょうか。

寒い国の人は高カロリー食が常識だった

テレビなどでアラスカのエスキモーの人々の食事内容を観たことがあります。今は違うと思いますが、当時はクジラやオットセイなどの海獣の脂を好んで食べており、これは凄い高カロリー食だったと思います。

しかし、厳しい極寒の環境において体温を維持するために高カロリーが必要だったのですね。彼らの食事を日本でしたら、すぐに生活習慣病になってしまいます。(笑)それくらい体温維持にカロリーが必要なのです。

寒い冬こそダイエットしようよ!

もうお分かりの通り、効果的な脂肪の燃焼が期待できる冬にダイエットはもってこいの季節と言えるでしょう。冬太りなんて迷信なのですから、簡単にダイエットできる絶好のチャンスですからぜひ挑戦してみましょう。

冬のダイエットのキーポイントは「発熱」です。寒い環境で身体全体を発熱させることが、最も効果的な方法と言えます。例えば冬場のウォーキングは特にオススメで、肩甲骨を意識しながら手を振って歩くと身体全体が温かくなり脂肪燃焼も促進されるでしょう。

ウォーキングの開始時にはジャケットなど防寒着を着て行いますが、身体が温まってきたら必要に応じて脱いでいきます。このようにすることで身体の発熱を促進させ、寒さを凌いでいることになります。結果としてカロリー消費が大きくなるのです。

運動のポイントはズバリ「始め厚着で、温まってきたら薄着へ」です。これで効率の良いダイエットができるでしょう。

さあ、家にじっとしていないで外へ出てダイエットに挑戦してみましょう。夏に失敗しても冬なら成功するかも知れませんよ。でも薄着しすぎて風邪をひかないように注意して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る