TOP > > 馬肥ゆる秋というけど・・・実は秋が痩せやすい時期である理由とは

馬肥ゆる秋というけど・・・実は秋が痩せやすい時期である理由とは

過ごしやすい秋

秋は芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋と言われるように、暑い夏が過ぎ去って過ごしやすい気候のため、色々なことに挑戦するのにピッタリな季節ですね。

忘れてはいけないのが、よく耳にする「食欲の秋」という言葉です。秋は食欲の増す時期とされています。夏バテで食欲減退していた人も秋になると食欲全開、そして食べ過ぎて太ってしまった!ということも・・・。

なぜ「食欲の秋」と言われるの?

なぜ食欲の秋と言うのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

収穫の秋

天高く馬肥ゆる秋という好時節があります。この言葉は現代では「秋というのは晴れて青空が高く見え、馬は収穫された作物をたくさん食べて肥える」という意味で用いられています。

秋は田畑の農作物が豊かに実る時期であり、馬の食糧だけでなく私達の食卓にも秋の味覚がたくさん登場します。そのため、秋は食が進みついついたくさん食べてしまいがちです。

涼しくなって食欲が復活

夏は暑さのせいで消化器の機能が低下し食欲が落ちることがあります。秋になると気温が下がって再び食欲が正常に戻ります。そのため食欲が増したように感じるのです。

夏よりもエネルギー量が必要になる

私達の体は寒い時には体温を上げ、暑い時には体温が上がらないようにして常に体温を一定に維持するはたらきを持っています。秋から冬というのは気温が下がるので熱を多く作る必要があります。そのために熱い時よりもエネルギー量が多く必要になります。

体の熱というのは食事から摂るエネルギー源(炭水化物、たんぱく質、脂質)から作られています。気温が下がると体がエネルギー源を求めるために食欲が自然と増すのです。

日照時間とセロトニン分泌量の関係

秋から冬にかけては日が短くなり、年間の中でも日照時間が少ない時期となります。日照時間が少ないとセロトニンの分泌量が低下します。セロトニンというのは精神を安定させる作用を持つ物質で、日光を浴びることで分泌されます。

私達の体はセロトニンが不足してくると分泌を促すために食欲が亢進したり睡眠時間が増えるようになります。そのために秋から冬にかけては自然と食欲が増えることが多いのです。

秋は太りやすい?

食欲が湧くからと体が求めるままに食べ続けると当然、肥満を招きます。自然と食欲が増す秋は太っても仕方がない時期とあきらめるしかないのでしょうか?

実はそうではありません。秋はダイエットにピッタリな季節とも言えるのです。確かに食べ過ぎては太ってしまいますが、ひと工夫すればむしろ効率良く痩せられる季節なのです。

秋は、太る人とスリムな体型を維持できる人の2パターンに分かれやすい時期なのかもしれません。

こうして秋のダイエットを成功させよう

秋のダイエットが効率良いのは以下の理由があげられます。

秋の味覚は太りにくい食材が多い

秋の味覚には太りにくく健康に良い食材が多いのが特徴です。

きのこ類・・・低カロリーでダイエット食材の定番。食物繊維も豊富で便秘を解消。
さつまいも・・・食物繊維・ビタミン類が豊富。甘みがあって満足感が得られる。
さといも・・・いも類の中でもカロリーが低い。便通を整える作用がある。
栗・・・ナッツ類なので栄養豊富なのに脂質は少ないヘルシー食材。食物繊維が豊富。
さんま・・・カロリーは高いが良質の脂肪酸を含むのでダイエット中でも食べたい食材。
鮭・・・ビタミンB2は脂肪燃焼効果を高める。
りんご・・・カリウム、ビタミン類が豊富。便通を整える作用がある。

秋に旬を迎える食材は、栄養価が高く素材だけで食べても味わいの深い物が多いので、油や調味料の使用を控えてもおいしく食べることができて、調理法を工夫すればさらにカロリーを抑えることができます。(食べ過ぎには注意です。)

運動の秋

秋の天気のいい日には外で体を動かすと気持ちが良いです。ダイエットには適度な運動が必要ですが、秋は過ごしやすい気候で運動をするのが億劫になりにくい季節でもあります。どんどん体を動かしましょう。ウォーキング、ジョギング、サイクリングがおすすめです。

基礎代謝アップ

気温が下がることで夏よりも基礎代謝がアップしています。基礎代謝がアップした時こそ脂肪燃焼の効率が高まっているので、ダイエットのチャンスです。ウォーキング、ジョギング、サイクリングは脂肪を燃焼する有酸素運動です。どんどん脂肪を燃焼させましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る