TOP > > ヤバいと思ったら自分で押そう!ストレス性の下痢はツボ指圧で対処

ヤバいと思ったら自分で押そう!ストレス性の下痢はツボ指圧で対処

トイレに行けない時の急な便意・・・!ツボで回避を

下痢はストレスからも起こりやすいので、何かプレッシャーがかかると出先で急に下痢になることも。例えば通勤電車の中、デート中、試験前・・・もしトイレに行けない状況で激しい便意におそわれたらピンチですね。

こんな時には落ち着いて、つぼを指圧することで下痢をしずめましょう。トイレにたどり着くまで持ちこたえるぐらいの効果は即効で期待できます。

ストレス性の下痢に効く手のツボ

ストレス性の下痢に効果のあるつぼを覚えておきましょう。手にあるつぼは、どこでも自分で簡単に指圧できるのが嬉しいですね。

下痢点(げりてん)

名前からしていかにも下痢に効きそうなつぼです。手の甲の中指と薬指の骨が合流している位置に下痢点があります。

もう片方の手の指でぐりぐりと強めに押し込んで揉んでください。大腸の調子が悪い人ほど押すと痛みが強いです。腸の調子が悪い人は激しい便意が来るまでに予防として指圧しておくのもおすすめです。

魚際(ぎょさい)

手のひらの親指の付け根のふくらんだ所にあります。押すと強い痛みを感じることがあります。

もう片方の手の指で揉みほぐすように指圧します。もう片方の手の親指か人差し指を曲げて関節で押すと指圧しやすいです。

商陽(しょうよう)

人さし指の爪の付け根で親指側にあります。もう片方の手の指でつまんで強めにぎゅっぎゅっと押します。爪先で押して刺激するのも効果的です。

ストレス性の下痢に効くつぼ・手以外の場所

手以外にもストレス性の下痢に効果の高いつぼがいくつかあります。「来そうだな」と思ったら予防のために手のツボとあわせて指圧すると効果的です。

大椎(だいつい)

首の後ろの付け根にあるつぼです。首を前に曲げると大椎の位置がよく分かります。首を曲げた時に背骨にできる一番盛り上がった突起の下にあるくぼみです。

手を当ててよく揉みこむように指圧します。カイロやドライヤーの温風などで大椎を温めるのも効果があります。

三陰交(さんいんこう)

足首の内側のくるぶしから指の幅4本分上がった所にあるつぼです。押すと痛みを感じる場所です。

指の腹を三陰交に当てて押したり、親指の腹で強く押したりします。冷えから来る下痢にもおすすめです。妊娠初期の女性はこのつぼを指圧するのは控えてください。

裏内底(うらないてい)

足の裏の人差し指の付け根から足の裏の中央に少し寄った所にあります。腸の不調や食中毒による下痢にも効果があるとされています。

下痢を繰り返す人は治療を

ストレス性の下痢を繰り返しやすい人は過敏性腸症候群に多いです。受診して治療を受けたり、日常生活で腸の調子を整える対策をとることをおすすめします。

また下痢のよっては細菌やウイルスによる胃腸炎や、腸の疾患が原因になる場合もあります。この場合にはつぼの指圧や市販の下痢止めでは治りませんので受診して専門の治療を受けるようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る