TOP > > こまめな水分補給で下痢に!原因は水筒で繁殖した雑菌だった

こまめな水分補給で下痢に!原因は水筒で繁殖した雑菌だった

夏場になると下痢になる。いつもお腹がゴロゴロする。そんな症状に悩んでいませんか?こまめに水分補給をしている健康意識の高い人ほど、夏場の慢性的な下痢に陥りがちなんです。

水分補給はぬる~い常温で

熱中症を避けるために、こまめな水分補給は必要です。最近はお洒落な魔法瓶が売られている事もあって、キンキンに冷えた飲み物を、手軽に持ち歩けるようになりました。

常温の水よりも冷たい水の方が、腸からの吸収は良くなります。だから激しい運動をするアスリートなら、冷たい水を摂る必要があるかも知れませんね。でも普通の生活を送る一般人には、冷水は胃腸へ負担をかけるデメリットの方が大きいのです。

冷えた飲み物は、内臓を冷やして冷え性の元にもなります。理想的な水分補給は、常温の水をチビチビ飲むことです。一度に飲む水の量は、コップ一杯程度がベスト。最大でも500ml以内にしておきましょう。

人間の適温は雑菌にも適温

常温の飲み物を持ち歩くのなら、マイ水筒は必ずしも魔法瓶である必要はありません。朝に作った熱々のお茶を普通の水筒に入れて、自然に冷めるのを待てばいいのです。

でもここで問題になるのが、雑菌の問題です。雑菌は低い温度では大人しいのですが、常温の20度前後の中では、どんどん繁殖してしまいます。胃腸があまり丈夫でない人なら、下痢や腹痛に襲われる可能性があります。

水出し茶は雑菌天国

最近は煮出さずに、水で作る水出し茶も多く販売されていますよね。手軽に作れて忙しい朝には大助かりなのですが、これが実は雑菌の元なのです。熱湯でグラグラ煮出したお茶を水筒に注いだ場合は、それだけで簡易な熱水消毒になります。

でも水出し茶の場合は、茶葉に元々付着していた雑菌と、洗っても取れない水筒内部の雑菌がダブルで繁殖してしまうのです。どうしても水出し茶を持ち歩きたい時は、味は少々悪くなりますが、水道水をそのまま使った方が安全です。

水道水には微量の塩素が入っていて、これが雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。湯冷ましやミネラルウォーターで作った水出し茶は、雑菌の温床になってしまうので要注意。水出し茶は手軽に作れますが、長時間の保存には向かないお茶なのです。

持ち歩くならコップ付きの水筒がベスト

水筒内部を清潔に保っていても、後から雑菌が混入すれば元も子もありません。特に人間の唾液が混入してしまった水筒の中では、数時間でも雑菌が大繁殖してしまいます。

雑菌は倍々で増えていくのが怖いところ。だから水筒に限らずペットボトルでも、直接口を付けて飲んだ場合は、そのまま飲み切ってしまった方がベターです。

最近は一部の小学校でも、ストロータイプや直飲みタイプの水筒が禁止されているようです。理由としては、衛生面で不安があるからだとか。蓋がコップになる昔ながらの水筒が、やっぱり一番安全なのかも知れませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る