TOP > > 抗菌薬関連下痢症には乳酸菌は効果なし?

抗菌薬関連下痢症には乳酸菌は効果なし?

抗菌薬関連下痢症やクロストリジウム・ディフィシル感染症ってなんだろう?

抗菌薬関連下痢症とは抗生物質などのお薬を飲んだ後に下痢を起こす症状で、普通はその抗生物質を摂取するのをやめると下痢も止まります。クロストリジウム・ディフィシル感染症はクロストリジウム・ディフィシルという菌が腸内で増殖することによって下痢症状、炎症症状をおこします。単にディフィシル菌ともいいます。

原因はこの菌をもっている方からの感染、医療機関で入院していたなどでそこから感染するということがあります。こちらは炎症をおこしてしまうと大変重篤になってしまい命にも危険性を及ぼします。

今回の試験ではこの両者の下痢症状にプロバイオテクスといって乳酸菌やビフィズス菌を摂取することは効果があるのかという試験でした。結果は効果が見られなかったという残念な結果になりました。

プロバイオティクスについて。

プロバイオティクスは皆さんも聞いたことがあるのではないのでしょうか。よくテレビなどで「生きたまま腸に届く乳酸菌」と呼ばれながらヨーグルトのCMがされていますが、まさにそのとおりで人の強力な胃酸にも丈夫で腸内細菌の状態を良好に保ってくれたり、腸内の異常も修正してくれる生きたまま腸に到達してくれる微生物です。

またそれを含む食品のことを言います。食品で代表的なものはヨーグルト、乳酸菌飲料、これらは乳からつくられるで動物性です。しかし同じように植物性のプロバイオティクスもあります。それは納豆、漬物(ぬか漬け)、味噌が代表的なものです。

腸内細菌について。

腸内細菌もよく耳にすることばですね。腸にいる細菌のことでどれくらいの種類が人の腸にいるかご存知ですか?その種類はなんと400種類もいます。それが沢山集まっていて腸内には100兆個の腸内細菌がいるといわれています。

腸内細菌は大きく3つに分類されます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類です。善玉菌、悪玉菌はご存知でしょう。善玉菌は腸内環境を整えてくれて免疫力アップにも貢献してくれています。

悪玉菌はその逆で増えると困る厄介な菌です。腸内をアルカリ性にしてしまったりして腸を弱くしてしまいます。また発がん性物質を発生させたりします。

日和見菌はあまり聞きなれないでしょうか。日和見ということばからもわかるように腸内の状態が良いときには良い菌と同じ役目を果たし、腸内が悪い状態のときは逆に悪い菌と同じように悪さをします。人の腸内はこの日和見菌が一番多いのです。

だからプロバイオティクスを沢山摂取して腸内環境をよくして、日和見菌までも味方にして健康な腸内を維持することがとても大切です。普通、健康な方の腸の状態は善玉菌が頑張ってくれています。しかしストレスや不規則な生活習慣で便秘や下痢を起こしたりすると、たちまち腸内環境は悪くなります。

そんなときプロバイオティクスを摂取すると腸内環境が整い健康的な腸でいることができます。プロバイオティクスは腸内に長時間いることができません。また直ぐに増殖しませんので毎日摂取することが一番大事です。

そしてプロバイオティクスは様々な種類が沢山あります。これはその人それぞれの腸によって効果が高いプロバイオティクスが異なります。

ヨーグルトをみても中に入っているプロバイオティクスの名前は違いますよね。ですからどれを食べても良いわけではありません。いろいろなプロバイオティクスを試してみてご自身の腸の調子が良くなるプロバイオティクスを選んで続けて摂取しましょう。

また摂取量ですがヨーグルトは300gくらいを摂取すると良いそうです。ちなみに筆者の腸にあったプロバイオティクスは筆者なりに色々食べてわかりました。毎日摂取しているので腸の調子がとても良い状態です。

またプロバイオティクスと同時に摂取することで善玉菌を増やしてくれるプレバイオティクスというのがあります。プレバイオティクスはプロバイオティクスの餌です。これはオリゴ糖、良質な食物繊維がプレバイオティクスとよばれるものです。

人間の身体の病気は腸の健康が鍵となります。皆さんも毎日、プロバイオティクス食品とプレバイオティクス食品を摂取して健康的な腸を維持させてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る