TOP > > 下痢の原因は日常生活にある!?原因と考えられる4つの事

下痢の原因は日常生活にある!?原因と考えられる4つの事

頻繁に下痢になるという方、いらっしゃいませんか?ストレスが原因だから、「しょうがない」と思っている人も、多いかもしれませんね。でも、下痢の原因は、ストレスばかりではないのですよ。そこで今回は、下痢の原因となり得る4つの生活習慣についてご紹介します!

暴飲暴食が下痢の原因になる!?

まず1つ目の下痢の原因となる生活習慣は、暴飲暴食です。ストレスなどで、ついつい暴飲暴食に走ったりしていませんか?暴飲暴食をすると、どうしても胃や腸に負担がかかります。そしてその結果、消化機能が弱ってしまい下痢になるのです。

実は、下痢の原因のほとんどが「食べ過ぎ」から来ていると言われています。それほど、暴飲暴食をすると、下痢になるリスクが高いと言う訳です。なるべく腹八分目までに抑え、下痢にならないようにしましょう!

お腹を冷やしたことが原因で下痢になる!?

2つ目の下痢の原因となる生活習慣は、お腹を冷やすことです。例えば冷たいものをたくさん食べたり、寒い所に長時間いると下痢のリスクがアップします。でも、どうしてお腹を冷やすと下痢になりやすいのでしょうか?

それは、お腹を冷やすことで腸の血行が悪くなるかです。血行が悪くなると腸の機能が弱まってしまい下痢になりやすいのです。ですから、なるべくお腹を冷やさないようにしましょう!

賞味期限切れの物には要注意!

3つ目の下痢の原因となる生活習慣は、賞味期限切れの食品を食べる事です。賞味期限が切れたらすぐに食品が腐ると言う訳ではありません。ただ、腹痛にならない保証もないのです。見た目は大丈夫だったとしても、腐敗が進んでいる事ってありますよね。

腐敗した食品を食べると、食あたりになり下痢を伴う症状がでます。ですから、特に梅雨~夏の暑い時期は賞味期限に十分注意してください!

アルコールが下痢の原因!?

4つ目の下痢の原因となる生活習慣は、飲酒です。アルコールは、美味しいですから日常的に飲んでいる人も多いです。でも、飲みすぎてしまうと下痢の原因となりますよ。

では、どうしてアルコールが下痢の原因になるのでしょうか?それは、アルコールの刺激により胃粘膜を傷つけてしまうからです。胃の粘膜が傷つけられると、下痢になるリスクが急激にアップします。ですから、お酒の飲み過ぎには注意してください。

このように、日常生活のちょっとした習慣が原因となって、下痢になる事も多いのです。下痢にならないためには、暴飲暴食、お腹を冷やす、賞味期限、アルコールの飲み過ぎなどに注意しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る