TOP > > 薬が下痢を悪化させる場合も?市販の下痢止めを使う時の注意

薬が下痢を悪化させる場合も?市販の下痢止めを使う時の注意

下痢止めがあると安心ですが・・・

急な発熱や頭痛、腹痛などのために市販の薬を常備しておくと安心です。特に下痢というのは一刻も早く止めたい症状のために「下痢止め(止瀉薬)」は常備薬に欠かせない薬のひとつです。

しかし下痢にはさまざまな種類があり、どの下痢でも同じ薬で解決できるというものではありません。使い方を間違えると効果がないどころか、かえって悪化させてしまい危険なので注意する必要があります。

下痢止めにも色々あります

下痢が激しい時やほかの症状を伴う時、下痢が長引く場合にはすぐに受診することが必要ですが、家庭の常備薬として使う場合には下痢止めのタイプによって選ぶようにします。パッケージの成分表示や説明、薬剤師の説明に従ってタイプをチェックしてください。

「整腸剤」腸内環境を整える

乳酸菌が配合されており、腸内環境を整えて下痢や便秘を改善します。ストレスや食生活の乱れによって腸内の悪玉菌が増えていることが原因の下痢の改善におすすめです。

ビフィズス菌、ラクトミンなどの成分が配合されている薬になります。

「鎮痛鎮痙薬」急な下痢、腹痛を伴う場合に

異常に活発になった腸のぜん動をしずめて下痢を和らげ、痛みを抑える薬です。下痢に伴い胃腸に痛みがある場合に適しています。

例えばロートエキス、シャクヤクエキスなどの成分が配合されている薬があげられます。

「収斂剤」食べ過ぎ・飲み過ぎに

腸粘膜のたんぱく質に付着して傷んだ腸粘膜を修復し、腸の炎症やぜん動を抑える作用があります。食べ過ぎ・飲み過ぎ、刺激の強い食べ物によって腸粘膜が傷んで起こる下痢に適しています。

タンニン(タンニン酸ベルベリン、タンニン酸アルブミン)、ゲンノショウコなどの成分が配合されている薬になります。

「抗菌剤」食あたりに

細菌やウイルスに対する抗菌作用があり、腸内で繁殖した有害な細菌やウイルスに対する抗菌作用があり、下痢の症状や腸内ガスの発酵を和らげます。

塩化ベルベリン、タンニン酸ベルベリン、アクリノールなどの成分が配合されている薬になります。

ただし、感染性食中毒の原因となる病原菌には効きません。もし感染性食中毒が疑われる場合に市販の下痢止めを病院に行く代用としないで、必ず受診してください。

無理に下痢を止めない方が治る場合も

食あたりなど細菌が原因で起こる下痢の場合は、腸内の細菌を排出するために下痢が起こっているので、薬で排便を強制的にとめてしまうとかえって下痢が長引くことになります。

どうしてもやむを得ない場合に下痢止めを飲むことは一時的に症状をとめるので便利です。ただし、下痢自体を治すものではないので市販の下痢止めに長期間頼ることは控えましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る