TOP > > 腸を気にせずに飲みたい!この対策でアルコールによる下痢を防ぐ

腸を気にせずに飲みたい!この対策でアルコールによる下痢を防ぐ

お酒を飲んだ後に下痢することがあるのはなぜだろう、と思ったことはありませんか。下痢が起こるということは飲酒によって体に何らかの負担をかけてしまっている、ということになります。

飲酒で下痢が起こる理由はいくつかありますが、そのメカニズムを知って対策を行いながら飲酒をすれば下痢も怖くありません。

飲み過ぎによる下痢

お酒を飲み過ぎると下痢しやすくなるのは、お酒に限らず水分の摂り過ぎが原因になる場合があります。特に冷たいビールをがぶがぶ飲むとお腹が冷えてしまうので下痢しやすくなります。

対策・・・喉が渇いている時によく冷えたビールを飲むのは爽快ですが、下痢しやすい人は控えめにしましょう。

アルコールの刺激

アルコールは胃粘膜に刺激を与えて胃酸の分泌を促進させます。そのため胃に炎症が起こり消化機能が低下して消化不良を起こしやすくなってしまいます。

また、アルコールは小腸のぜん動を促進させます。そのため胃から送られた内容物が小腸を通過するのが早くなってしまい、消化不良から下痢便になってしまいます。

対策・・・アルコール度数の高いお酒は胃や小腸に強い刺激を与えるので、アルコー度数の低いお酒をゆっくり飲むようにします。また、胃粘膜を保護するためにおつまみを食べるようにします。

おつまみが原因になる下痢

お酒と一緒に食べるおつまみも下痢の原因になりがちです。アルコールの作用で食欲が増し、おつまみをついたくさん食べてしまいがちですが、アルコールでダメージを受けている胃にたくさん食べ物が送り込まれると消化不良が起こりやすくなります。

特に居酒屋で人気メニューになっている唐揚げなどの揚げ物は油が多く、胃に大きな負担を与えてしまいます。スパイシーなおつまみもお酒にはよく合いますが、刺激物なのでこれも胃に良くありません。

対策・・・消化が良くあっさりしたおつまみを選ぶようにします。枝豆、豆腐、野菜、乳製品、刺身などがおすすめ。お酒を飲むと肉や油っこいものが食べたくなりますが、胃腸のために控えましょう。

楽しい雰囲気に流されて暴飲暴食をしてしまいがちですが、少量ずつよく噛んで食べることも心がけ、消化不良を防ぐようにしてください。

こんな人は注意

飲酒のたびに頻繁に下痢するという人は、内臓の問題も疑われます。長期間の飲酒を続けると小腸の消化酵素のはたらきが低下してくるので、下痢を起こしやすくなってしまいます。

また、慢性膵炎の場合、膵臓の消化酵素の分泌が低下するために、アルコールや脂肪分を摂取すると腹痛や下痢が起こりやすくなります。

慢性膵炎は飲酒(喫煙も)が原因で起こりやすい病気なので、日頃から飲酒することの多い人は、下痢の原因は胃腸だけでなく膵臓にあるかもしれないと疑い、念のために受診することをおすすめします。

アルコールは適量なら健康のために良いとされるので、上手に付き合っていきたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る