TOP > > 手遅れになる前に!糖尿病網膜症を早期発見して失明を防ごう

手遅れになる前に!糖尿病網膜症を早期発見して失明を防ごう

糖尿病の合併症のひとつに糖尿病網膜症があります。糖尿病患者の約40%が合併している病気で、糖尿病になってから数年~10年くらいで発症するとされています。進行してしまうと失明の危険もあり、なんと毎年3000人もの人が新たに失明しているそうなのです。

気づかないうちに進行しています

糖尿病網膜症は糖尿病の治療をしないで放っておいたときや、糖尿病と診断された後も眼科での検査を受けないままにしていたときなどに発症してしまいます。中には糖尿病が発見された時点ですでに網膜症が進行していることもあります。

網膜症の怖いところは、発症していても初期には何の自覚症状も出ないことです。そのため眼科の検査を受けるように言われていても、ついつい放置してしまうこともあるようです。しかし自覚症状は出ていなくても、残念なことに網膜症の症状は進行しているのです。

網膜症を放っておいても、症状がかなり進行してしまうまで自覚症状は現れません。(例外的に、網膜の中心の黄斑部に症状が出た場合には気がつくこともあります。)初期の段階で発見できていれば改善させることもできますが、検査をしないままではそのチャンスを失ってしまいます。

そして視力が落ちてハッキリ見えない、視野の中に蚊が飛んでいるように見えるなどというような自覚症状が現れたときにはもう手遅れとなってしまっていることも珍しくありません。

糖尿病と言われたら、眼科も受診しましょう

このように網膜症は気づかないうちに進行してしまう病気です。ある日突然視力が落ちてから慌てても遅いのです。視力が失われてしまうとあなただけでなく、あなたの家族の人生も一変してしまうでしょう。

そうならないようにするには、医師の指示に従って定期的に眼科での検査も受けることです。忙しい中で糖尿病の治療のために内科へ通わなくてはならず、それに加えて眼科も受診しなくてはいけないというのは、なかなか大変だと感じられてしまうかもしれません。

しかし早期に網膜症を発見し、すぐ治療を始めて悪化させないようにするには定期的な検査はかかせません。また内科には検査のための器械などが揃っていないため、眼科へ行く必要があります。

眼科での検査を受けるタイミングですが、まず糖尿病と診断をされたらすぐに眼科へも受診してください。3ヶ月、6ヶ月後にも検査をしてください。

特に網膜症がないようでしたら、その後は半年~1年に1回くらいずつ検査を続けていってください。もしも網膜症を発症してしまったときには、その進行度によって3~6ヶ月に1回、もしくは1~2ヶ月に1回くらいで検査をしていく必要があります。

ただし血糖値が高い、安定していないなどというようなことがあれば、もう少し頻繁に検査をしていったほうがよいでしょう。詳しいことは医師の指示に従ってください。

会社の検診などでも眼底検査は行なわれていますが、この検査では視力に最も関係のある部分についての検査だけで、網膜全体は診てくれていません。網膜症の進行を診るためには網膜全体の検査が必要ですので、眼科へきちんと検査に行くようにしてください。

一番の基本は血糖コントロールです

糖尿病網膜症を進行させないためには定期的な検査をして早期発見していくことが大切です。しかし、合併症を防ぐために一番基本となるのは良好な血糖コントロールです。

網膜症だけでなくその他の合併症についても、全ては高血糖な状態が血管にダメージを与えて現れる病気です。つまり血糖コントロールが良好であれば、合併症を起こすことなく過ごせるのです。

いつまでも変わらない毎日を送るためにも、このことを心に留めておいてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る