TOP > > 糖尿病だと白内障や緑内障にもなりやすい!悪化の前に予防しよう

糖尿病だと白内障や緑内障にもなりやすい!悪化の前に予防しよう

糖尿病で高血糖な状態が続いていると、様々な合併症を引き起こしやすくなります。網膜の血管が障害を受けると、糖尿病網膜症という眼の病気にかかりやすくなります。他にも糖尿病が原因で白内障や緑内障にもなりやすくなっています。

糖尿病だと白内障が急に進む

白内障は眼の水晶体という部分が濁ってくる病気です。歳をとるにつれて誰でもなってしまう老化現象とも言える症状ですが、糖尿病患者では年齢に関係なくなりやすくなっています。

糖尿病はブドウ糖が過剰に存在する状態です。このブドウ糖から生まれたものが蓄積されていくことで、白内障が進行しやすくなっていると思われます。また過剰なブドウ糖は活性酸素を増加させるため、それによる酸化ストレスも原因のひとつと考えられます。

ただし、詳しいことについてはまだはっきりわかっていません。糖尿病になってから長く、網膜症も発症している人のほうが白内障になりやすいようです。また高齢者ほどなりやすくなります。

そして一般的な白内障と糖尿病による白内障には少し違いがあります。老人性の一般的な白内障は水晶体の周囲から濁りが発生するため、視力低下までは時間がかかります。しかし若年者に多い、高血糖が原因の白内障の場合は水晶体の中央部から濁りが発生し、急に視力が低下してしまうのです。

糖尿病の高齢者の場合には老人性の白内障と糖尿病による白内障を合併しています。このタイプの白内障のほうが患者数は多くなっていて、進行はゆっくりです。

白内障の発症や進行を抑えるためには血糖コントロールを良好に保つことが大切です。ただし、一度水晶体が濁り始めてしまうと進行を抑えることは難しくなります。

糖尿病患者の白内障も老人性の白内障と同様に、手術をすることで視力を取り戻すことができます。しかし血糖コントロールが悪い状態ではすぐに手術ができなかったり、手術後も網膜症を発症させてしまうことがあります。手術を受けて視力が回復しても油断は禁物なのです。

糖尿病だと緑内障の症状に気づかない

眼球には、血液の変わりに栄養を届ける役割をする房水という液体が流れています。この房水の出口がふさがれ流れが滞り、眼圧が上がってしまったのが緑内障です。緑内障になると視力が落ちたり、視野が狭くなってしまいます。

糖尿病患者では「血管新生緑内障」という緑内障になりやすくなります。糖尿病で網膜症が進行すると網膜の血管は詰まりやすくなり、もっと血管を作ろうとして正常なら存在しないはずの「新生血管」を作ります。

しかしこの「新生血管」は弱くてもろく、房水の出口をふさぎやすいのです。そうなると眼圧が高くなり、「血管新生緑内障」になってしまいます。

通常は眼圧が上昇すると、眼の痛みが出たり頭痛や吐き気といった症状が出たりします。しかし困った事に糖尿病による神経障害が起きてしまっていると、これら眼圧上昇によって出る症状を感じられないのです。そのため自分が緑内障になっていても気づけなくなってしまいます。

糖尿病による緑内障を予防するには、まずは糖尿病網膜症を発症させないようにすることです。網膜症は初期にはほとんど自覚症状が出ず、自覚症状が出た段階では手遅れになっていることも多くなります。

そのためこれを予防するには、糖尿病と診断された時点で眼科での検査も行なっていくことです。気になる症状が特になく、一度の検査で異常なしと言われていたとしても、定期的に検査をしていくことが大切です。

そして糖尿病による網膜症も白内障も緑内障も、全ては血糖コントロールを良好に保つことでリスクが減らせることを忘れないでください。糖尿病患者にとって血糖コントロールが一番大事なことであり、それが守られていれば健康な人と変わらない生活を送ることができるのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る