TOP > > 糖尿病と脳卒中の危険な関係とその予防・対策法

糖尿病と脳卒中の危険な関係とその予防・対策法

日本の国民病とも呼ばれている「糖尿病」は我々の生活の中に入り込んでいる成人病の一つです。患者数は700万人を超えており、潜在的な軽度の糖尿病を入れると飛躍的に増加しているのが現状ではないでしょうか。

よく耳にする糖尿病ですが、糖尿病で死亡したと言う話は稀で、あまり聞いたことはありません。「糖尿病になったからって死ぬことはないよ」なんて言葉もよく耳にしますが、本当にそうでしょうか?

実は糖尿病自体よりも糖尿病により発症する合併症が危険なのです。合併症の中でも突然襲ってくる脳卒中と糖尿病の関係を紹介します。

糖尿病とはどのような病気ですか

糖尿病とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度(血糖)が一定の数値よりも高くなる病気です。私達は食事をすることで身体の各細胞に栄養をもたらします。口から食べた食物は胃で消化されて小腸、大腸へ運ばれ糖として吸収されます。

吸収された糖はブドウ糖として血液中に含まれ、膵臓から出される「インスリン」と呼ばれるホルモンの働きにより各細胞へ運ばれエネルギーとなります。膵臓に何らかの問題があり、インスリンが出にくい場合はブドウ糖の吸収も悪くなり、血液中の血糖が減らない状態が続くことになります。

この状態が続くことが高血糖であり糖尿病になります。糖尿病には自己免疫の疾患が原因である「1型糖尿病」と、生活習慣による悪影響でインスリンの出が悪くなる「2型糖尿病」の2種類があり、約9割の患者が2型糖尿病に該当します。

糖尿病による合併症とは

糖尿病を放置していることで、慢性的に血液中の糖の濃度(血糖)が高くなります。細胞へのエネルギーとして消費できない血糖は、中性脂肪になり蓄えられたり、肝臓でグリコーゲンに変化されます。中性脂肪の増加は高脂血症を招き様々な合併症を発症させる危険性があるのです。

中性脂肪が血液中に増加すると悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加し、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少します。この結果、悪玉コレステロールの過剰な働きにより、血管のしなやかさは失われ硬くボロボロの状態になってしまいます。

この様に血管内の血液に中性脂肪、悪玉コレステロールが多く存在し、血管の内側に蓄積して管を細くしたり、硬くしたりしている状態を「動脈硬化」と言います。

動脈硬化による脳卒中の発症

本来の血管はしなやかで弾力性が見られますが、動脈硬化の見られる血管はもろく、破裂しやすい状態です。実は糖尿病が要因の動脈硬化を発症している患者は、脳卒中を引き起こすリスクが高いことが判明しています。

脳卒中とは脳血管疾患の「脳梗塞」「脳出血」「クモ膜下出血」の総称であり、どれも突然発症して卒中(倒れる)することが名前の由来です。この中でも脳梗塞と脳出血は、糖尿病による動脈硬化と関連性が高いと推測できます。

糖尿病と脳梗塞の関係

脳梗塞は脳の血管を血栓が塞ぎ、脳細胞に酸素や栄養を運べなくなる病気であり、その種類は大きく3つがあります。「脳の中の細い血管が詰まる」「脳の比較的太い血管が血栓により詰まる」「心臓にできた血栓が脳の血管で詰まる」これらをそれぞれ「ラクナ梗塞」「アテロ―ム性脳梗塞」「塞栓性脳梗塞」と呼びます。

どの種類の脳梗塞も中性脂肪やLDLコレステロールが引き起こす動脈硬化に起因した症状であり、糖尿病が引き起こす合併症と思われます。

糖尿病と脳出血の関係

脳卒中の一つである脳出血は、脳の血管が破れて出血してしまう危険な病気で、早急な治療を行わない場合は命に関わります。脳出血は脳の深部の細い動脈血管で発症することが多いのが特徴です。高血圧や動脈硬化により、脳内部の細い血管が膨らむことで動脈瑠を作り、それが破裂することで発症します。

動脈瑠は動脈硬化で弾力性を失った血管に作られやすく、高血圧の症状と重なることでより危険性を増します。脳出血の原因である動脈瑠も糖尿病の合併症の一つです。

糖尿病による脳卒中の予防・対策

糖尿病の人は正常な人と比較して3倍~4倍も脳卒中の発症が高いと言われています。しかし、日常からの予防によってはこれを低下させることは十分に可能だと思えます。日常生活に取り入れる工夫を行って、少しでも糖尿病のリスクを減らしてみましょう。

<高血圧を同時に予防する>

高血圧は糖尿病と共に脳卒中の原因因子となります。「糖尿病で動脈硬化が進み、高血圧で破裂する」と言う関係性もあり、高血圧への対策も重要な要素です。その為には血圧の管理も同時に行うようにして下さい。

<炭水化物の摂取に注意する>

炭水化物は人間の活動に不可欠は糖を作り出す重要な栄養です。しかし、一定以上の量の炭水化物を摂取すると、血液中の血糖が増え高血糖状態になります。炭水化物の取りすぎには注意しましょう。

<運動を積極的に行う>

運動することは、身体の代謝も上げることになり、血糖を下げて肥満の解消にもつながります。また脂肪を消費しやすい身体を作ることにより、動脈硬化の改善にも効果が期待できます。ゆっくりとした有酸素運動(ウォーキング、水泳)などが理想的な運動です。

<ストレスを軽減する>

糖尿病の発症と私達が受けているストレスとの関連性が指摘されています。ストレスを感じている人に糖尿病の発症が多いことも判明しており、睡眠障害や休息不足においても同様となります。これはストレスにより交感神経が刺激された場合、インスリンの分泌が抑制されるために起こると考えられています。

<禁煙を行う>

煙草はニコチンやタール、一酸化炭素の成分により、様々な影響を身体に与えます。ニコチンは血管を急激に収縮する作用があり、動脈硬化を進めます。一酸化炭素による赤血球の増加により血液がドロドロになることもあり、糖尿病の症状を急激に促進する効果もありますので注意が必要です。

糖尿病はそれ自体は自覚や不快感もなく放置しがちな病気ですが、身体の中では静かに悪化してやがて牙を向いて来るのです。最大の予防は定期的に自分の血糖値に注意して、数値が高い場合は早急な対策を行うことです。日常的に出来る対策法こそが、貴方を脳卒中から守るでですから。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る