TOP > > 早く気づいて!糖尿病が悪化する前にミネラル補給が大切なワケ

早く気づいて!糖尿病が悪化する前にミネラル補給が大切なワケ

糖尿病とは、代謝異常による血中の糖濃度が異常に高くなり、体内で処理しきれず、尿として排出されるという症状の病気です。この糖尿病の厄介なところは、ジワジワと体を蝕んでいくのでなかなか自覚症状が伴わないということ。重篤な症状がすぐには出ないので、発症しても自らの生活を改善しないで安易に過ごしている人のなんと多いことでしょうか?

甘く考えて他の病気を発症してからでは遅いかも!?糖尿病ほど生活習慣を改めなければいけない病気は他にないのですが、これだけ軽く考えられてしまう病も珍しくありません。これに気づいたら、まずはすぐにでも不足しているミネラルとビタミンを摂ることが急務です。

あなたの身近にも糖尿病で苦しんでいる人がいませんか?

実は、私の家系は父方、母方ともに糖尿病なので、この病気の恐ろしさをもっと自覚して欲しいと願ってやみません。父もこの病気での合併症で亡くしていますし、母も脳梗塞、緑内障で、歩くのもやっとの状態です。

また、兄が数年前に“狭心症”で倒れたときにはさすがにビビリました。正にTV番組ドラマさながら、若手の敏腕の先生に執刀してもらったおかげで助かりましたが、手術後の先生曰く「“糖尿病”で血管がボロボロの状態でしたが、何とかつなぐ(心臓に大腿部から取り出した血管をつなぐ手術)ことができました」とのこと。

肋骨を外し心臓を露出させ、血管をつなぎ合わせたあとに、また肋骨をはめ直してワイヤーでぐるぐる巻きにしたそうです。よく助かったものだと今も感謝に絶えません。

TVでは、倒れるときには、心臓が!みたいな感じですが、実際は心臓の動脈のどこかが詰まると肺に水が溜まってくるので息ができなくなる=海や川で溺れている状態とほぼ同じらしいです。

兄は、数ヶ月後に社会復帰しましたが、最初の数ヶ月の胸の痛みは相当なもので、見ていても痛々しくありました。こんな大手術を経験した兄でさえ、今でも投薬とカロリー制限、インスリン注射だけで済ませているのです。

これがいわゆる合併症を誘発する糖尿病の恐ろしさなのですが、この病の本当の怖さは、気づかないうちに病が進行し、気づいたらもう遅いといわれかねない大病を発症する、ジワジワと病が進行するので、自ら直そうとする意欲が湧かないということなのです。

糖尿病が引き起こす症状とその他の病気

前述以外にも糖尿病は実にさまざまな症状を呈します。感染症にかかりやすくなったり、低血糖でいきなり倒れたり、高脂血症(脂質対代謝異常症)、動脈硬化(狭心症、心筋梗塞、脳卒中)、虚血性心疾患、腎症・腎不全ともなれば人工透析のお世話になるかもしれませんし、足裏の感覚が鈍感になり、熱さを感じず低温やけど(ひどい場合は、細胞が再生せず壊死します)になります。

この他、網膜剥離、はては失明といった結果にもつながりかねません。

喫煙者はより注意が必要!糖尿病と診断されたら即刻タバコはやめましょう!

実は、糖尿病を発症していると、喫煙などで活性酸素を必要以上に体内に取り込むと毛細血管や神経を傷つけ、さまざまな合併症を引き起こします。こうなってくるともう手がつけられません。

上記でも触れたさまざまな命に関わる重篤な病気を発症しますから、タバコを吸うのは、“自殺行為”と言わざるを得ません。又、この活性酸素は喫煙者でなくても呼吸をするだけでも体内に取り込まれます。最近では、これを中和する働きの“活性水素”やポリフェノールを多く含んだ食べ物も注目されています。

この病気は自ら招いた?先祖から引き継いだ特徴?

実はこの糖尿病という病は、遺伝的要素が強いと言われています。医学の分野では、日本人は飢餓にとても強い遺伝子を持っていらっしゃる人が非常に多いという研究データがあるそうです。これは言い換えると食べ過ぎやカロリーオーバーに対しての処理能力が非常に劣っていることを意味します。

なので糖尿病を甘く見てはいけません。アナタの親のどちらかが糖尿病を発症していたり、自身の健康診断で耐糖能異常や尿に糖が出ているなどと言われた段階で、すぐさま生活習慣を改めるべきです。

もうすでに発症してしまったという人は今からでも諦めずに頑張りましょう。まずは、体内の細胞が傷ついているので、細胞を修復する亜鉛の他、さまざまなマルチミネラルとマルチビタミンは必ず毎日摂るようにしてください。麺類、パン、揚げ物は控えましょう。

何度も言いますが、これほど自己責任のある病気は他にないのかもしれません。厳しいかもしれませんが、知識不足で気づかなかったのもアナタ、治そうと考えなかったのもアナタなのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る