TOP > > 糖尿病は様々な感染のリスク大!かかる前に予防を心がけよう

糖尿病は様々な感染のリスク大!かかる前に予防を心がけよう

糖尿病の人は、普段から血糖値を上げないような生活を送らなくてはいけません。そして忘れてはいけないのが、感染症予防も心がけていくことです。

糖尿病と感染症は何の繋がりもないように感じられるかもしれません。しかし実は糖尿病になると免疫力が落ちて、感染症にかかりやすく治りにくくなるのです。なぜそうなってしまうのでしょうか?

糖尿病患者はなぜ感染症にかかりやすい?

健康な状態のときには、細菌やウイルスが侵入してくるとすぐに白血球が飛んできてそれらと戦い、食い尽くしてやっつけてくれました。そして病原体に対して抗体を作り、次にその病原体が侵入してきたときにはすぐ反応して、侵入を防いでくれました。

ところが糖尿病になると、これらの免疫反応が低下してしまいます。白血球の働きは悪くなり抗体を作る力も弱くなり、病原体の侵入を食い止められず感染症にかかりやすくなってしまうのです。

また高血糖状態が続くと血流が悪くなります。血流が悪いと酸素や栄養素をきちんと行き渡らせることができなくなります。そして病原体が侵入してきても白血球がすぐに飛んで行くことができなくなり、侵入を許してしまいます。

血流が悪いと、抗生剤などの薬の効きも悪くなります。薬が感染した部位になかなかたどり着けなくなるために、せっかく飲んでも効果が出にくくなるのです。

そして糖尿病が悪化すると神経障害も起こります。感覚が低下し痛みを感じにくくなるために傷や感染に気がつかなくなり、知らないうちに悪化させてしまいます。

さらに体調が崩れるとインスリンの働きを悪くする物質も作られます。つまり感染するとインスリンの効きが悪くなってしまうのです。血糖値はもっと上がりやすくなって、それにより感染の状態はさらに悪化して、悪循環に陥ってしまいます。

感染する前に予防しよう

糖尿病の人が感染症にかかってしまうと、思いがけずに重症化してしまうことも多くなります。そうならないためには予防をしていくことが大切でしょう。

ちょっとした風邪もこじれると肺炎などになって入院しなくてはいけなくなることがあります。風邪予防には手洗いやうがいをすることが大切です。そしてたかが風邪だからと甘くみないで、治りが悪いと思ったら早めに病院へいくようにしましょう。インフルエンザの季節には予防接種を受けておくことも大切です。

膀胱炎や腎盂炎にもなりやすくなります。尿意は我慢しないようにし、水分をしっかりとってまめにトイレに行くようにしましょう。糖尿病が悪化して神経障害が出てくると尿意を感じにくくなるため、時間を決めてトイレに行くようにするとよいでしょう。

胆石がある人は胆のう炎になりやすくなります。胆石の原因となるような、脂肪分の多い食事や食べ過ぎをしないようにしましょう。

足の水虫や靴ずれから壊疽を起こしてしまうこともあります。神経障害があると痛みを感じにくくなっていますので、いつでも足を清潔にして小さな傷も見逃さないようにチェックしておきましょう。

糖尿病があると歯周病にもなりやすくなります。また歯周病が原因で糖尿病が悪化してしまうとも言われます。歯ブラシをしっかりし、定期的に歯科医にも見てもらうようにしましょう。

そして一番大切なことは血糖値をきちんとコントロールしておくことです。高血糖な状態が続くことで感染しやすくなりますが、血糖値が安定していればその心配はありません。必要以上に怖がることはないのです。感染予防は大切ですが、それと同じくらい良好な血糖コントロールも続けていくようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る