TOP > > 糖尿病の方のアルコールは要注意!なんと低血糖を起こす危険あり

糖尿病の方のアルコールは要注意!なんと低血糖を起こす危険あり

アルコールは適量ならば健康面で良い効果もあるとされていますが、飲み過ぎはもちろんよくありません。そして糖尿病患者にとっても、飲酒はいろいろと問題があります。

アルコールが低血糖を引き起こす

実は空腹のままアルコールを飲むと、低血糖を引き起こすことがあります。通常、肝臓では糖新生と呼ばれる、糖質以外の物からブドウ糖を作り出すような経路が働いています。糖新生が適度に行われることで血糖値はうまくコントロールされています。

しかし空腹でアルコールを飲むと糖新生が抑制されてブドウ糖は減少し、低血糖になります。糖尿病患者にとって血糖値が下がることは良いことのように感じられるかもしれませんが、この場合は下がり過ぎて危険な状態にまでなってしまうのです。

糖尿病の飲み薬やインスリンを使っていない人でも、空腹でアルコールを飲むと血糖値が下がりやすくなります。それらを使っている人では、それ以上に低血糖を起こしやすくなるのです。

また普段から血糖値が高めな人の場合、急激に血糖値が下がると健康な人なら問題ないくらいの血糖値であっても低血糖症状が出てしまうことがあります。健康な人なら低血糖にはならないくらいの血糖値であっても、糖尿病の人にとっては問題になることがあるのです。

そしてアルコールを飲んだ次の日の朝は高血糖になる傾向があります。

アルコールは血糖コントロールを乱す

アルコールは低血糖を引き起こしますが、高血糖になることもあります。このように血糖コントロールを乱しやすいのです。血糖コントロールが乱れると糖尿病合併症を起こしやすくなります。アルコールをよく飲む人は、糖尿病性末梢神経障害を早い時期から起こしやすいとされます。

血糖コントロールが乱れる原因はアルコールだけではなく、つまみにもあります。飲むとつい食べ過ぎる人もいるでしょう。これでは高血糖の状態が長時間続いてしまいます。言うまでもないことですが、食べ過ぎは肥満や脂質異常症ももたらします。

軽く一杯のつもりが飲み始めると止められなくなって、つい飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。飲み過ぎはアルコール性肝障害を起こす原因となります。

基本的には禁酒がよいけれど・・・

糖尿病患者は基本的には禁酒したほうがよいでしょう。とは言っても、完全に禁酒というのではストレスが溜まってしまいます。そのため、医師と相談の上で適量なら飲んでもよいと許可されることもあります。

許可の条件はいくつかありますが、まずは血糖コントロールが長期間安定して良好であることです。血糖コントロールが安定していない人は、アルコールによって余計に乱れてしまう恐れがあるため、飲まないほうがよいでしょう。

そして糖尿病の合併症がない、もしくはあっても軽度なことです。肝臓やすい臓の機能に問題がないことも大切です。その他にも肥満や脂質異常症、高血圧、動脈硬化などがない、もしくはあっても軽い人はよいとされます。

そのうえで、飲んでも適量で止められるような自制心があることも大切です。飲み始めるとつい止められなくて飲み過ぎるという人は、最初から止めておいたほうがよいかもしれません。

適量とはビール400ml、日本酒140ml、ウイスキー60ml、ワイン200mlくらいの量とされます。適量以下の飲酒でも、週2日くらいは休肝日にしましょう。また一気に飲むのではなく、ゆっくりしたペースで飲んでください。

これから先もずっとアルコールを楽しみたいと思うのなら、ハメを外してむちゃな飲み方をするのではなく、自制しながら適量の範囲内で我慢しておきましょう。その方が、結果的には長い間アルコールを楽しめます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る