TOP > > 孫に遺伝すると言いますが・・・糖尿病が遺伝する確率はやはり高い?

孫に遺伝すると言いますが・・・糖尿病が遺伝する確率はやはり高い?

糖尿病は遺伝する

糖尿病は遺伝するとよく言われます。時に「祖父母が糖尿病だと孫もかかりやすくなる」という説を耳にすることがあります。

糖尿病の家系にある人は「将来自分も糖尿病になるの?」と不安になってしまうこともあるでしょう。実際に糖尿病というのは、先天性のⅠ型も生活習慣が原因で起こるⅡ型のどちらも遺伝が関係しています。

糖尿病を発症させる複数の遺伝子

私達は親、その親・・・と先祖から複数の遺伝子を受け継いでいます。遺伝子の中には、がんなどさまざまな病気の発症に関係するものもたくさんあります。

糖尿病にもまた発症に関係する遺伝子が何種類か存在します。先祖が糖尿病の発症に関係する遺伝子を持っていた場合には、子孫も同じ遺伝子を受け継ぐ確率が高くなります。

ですから糖尿病が祖父母から孫へ遺伝するというのはある程度本当ですが、そのほかに親から子へ、またはその他の先祖から子孫へと遺伝する確率も高くなっています。

糖尿病には環境も影響する

ただし糖尿病の発症に関係する遺伝子を持っていても、必ずしも糖尿病を発症するとは限りません。糖尿病は遺伝だけで起こるのではなく、さまざまな環境要因が複雑に絡み合って初めて発症に至るものです。

特にⅡ型は不規則な生活習慣が原因になって起こる糖尿病で、現代人に激増していることからも遺伝子以外に現代社会の環境が影響していることが分かります。

糖尿病には食生活や生活スタイルが大きく影響します。ですから例えば、同じ屋根の下で同じ習慣を取る家族同士では糖尿病のかかりやすさも似てきます。

例えば「お母さんが作る食事はいつも高カロリー」とか「共通して運動嫌い」とか「お酒が好きな家系」・・・といった似かよった行動パターンを取っていれば、家族で肥満や糖尿病が増えても不思議ではなくなりますよね。

発症率を下げることはできる

発症に至るメカニズムは複雑なので断定はできませんが、生活習慣を改善して健康を維持すれば、糖尿病の家系でも発症率を下げることは十分可能といえます。家族に肥満や糖尿病の人が多い場合は、食事の好みや生活スタイルを見直してみることもおすすめします。

それから日本人の糖尿病は、先祖から受け継ぐ遺伝以外に人種的な要素も関係しています。実は日本人は欧米人に比べて糖尿病を発症しやすい遺伝子を持っている人種で、欧米人のような高カロリー食を食べると糖尿病にかかりやすい体質なのだそうです。

ですから日本人で糖尿病の家系の人は、そうでない人に比べて糖尿病にかかりやすいため、食事のカロリーは控えたほうが良いのでしょう。

質素な和食を食べていた昔の日本人には現代より糖尿病患者が少なかったのです。できれば現代の日本人もカロリー控えめな和食をもっと食べたほうが体質には合っているのではないでしょうか。

そしてもし家系的に糖尿病が気になるという人は、定期検診をきちんと受けて健康状態を把握すると安心でしょう。血糖値が上がらないように食事に気をつければ糖尿病に無縁の人生を送ることも十分に可能でしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る